2017年05月18日

大口駅近郊

/らーめん紡麦@大口にてマーボーめん(大辛)/横浜家系らーめん夢家@子安にて辛ラーメン/大分とんこつ しらしん軒@大口にてラーメン/

クリックすると拡大します

 早朝、叩き起こされて若干寝不足ではあるが、そんなことでは会社を休めない。
 眠いながらも早く起きてしまったので、お弁当を詰めて、と。
 その日の最大の楽しみのお昼の献立が、既に朝、分かってしまうのは何とも寂しい。

クリックすると拡大します

 横浜線大口駅から徒歩数分でらーめん紡麦@大口(横浜市神奈川区大口通)、2017/5/3オープン。
 店主さんの出身である野毛八は随分前から麺メニューの提供を止めていますし、(野毛八から派出した)さざ波は今年に入って閉店しています。
 正確ではないけれど、さざ波閉店後、店名を変えて大口で復活、の表現がしっくりくるのではないでしょうか。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むL字カウンター7席に4人がテーブルが1卓、もう1卓くらい置けそうなスペースがありますが、ランチタイムにはサラダバーを提供しているので置けないそうです。
 食券を見るとらーめん、ワンタンめん、マーボーめん、つけめん。
 アルコール類は生ビール飲み、今後に期待。

クリックすると拡大します

 カウンター席に案内され、食券を渡すと辛さを小辛、中辛、大辛から選べるので、大辛でお願いしました。
 卓上には醤油、辣油、酢、胡椒、青唐辛子。
 お冷を飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待って提供されたマーボーめん(大辛)880円、おお、存在感あるなぁ。
 中華鍋を振って調理された麻婆豆腐を素ラーメンに掛けた料理、麻婆豆腐は、豆腐、挽肉、ニラを煮込んであり、山椒系は皆無、唐辛子だけで針刺すように辛い味わい。
 これがかなり旨い、一口一口、じっくりと味わいます。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の細麺(つけ麺だけは平打太麺)、ジャストの茹で加減でとても美味しくするすると食べられます。
 途中、味変をする必要性を感じず、一気に食べ切りました。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 子安駅から徒歩数分で横浜家系らーめん夢家@子安(横浜市神奈川区七島町)、戦極無双の跡地に2016/11/30オープンしました。
 店主さんの経歴は不明ですが、調理や接客を見ている限りでは相当年季が入っていて、噂では雷家、その前は銀家にいたそうです。
 店先にメニューが貼り出してありますので、先ずは心の中でメニューを決めます。

クリックすると拡大します

 店内は前店と変わっておらずL字カウンター12席、左手奥の券売機で食券を買います。
 メニューはラーメン、チャーシューメン、ネギラーメン、マウンテン、辛ラーメン、肉ラーメン。
 標準なトッピングと、標準的なサイドメニュー。

クリックすると拡大します

 店主さんに「柔らかめで」と添えて、食券を渡します。
 卓上には白胡麻、胡椒、おろしニンニク、豆板醤、おろし生姜、酢、醤油。
 お冷を飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待って辛ラーメン800円
 店内炊き豚骨スープに軽く鶏油の、さっぱりした枯れた味わい、個人的な好みぴったりです。
 辛めは色付け程度でほとんど辛さを感じず、こんなことならノーマルでも良かったかも知れませんが、頼んでみないと分かりませんし。

クリックすると拡大します

 丸山製麺の短尺平内麺、スープに良く馴染んで美味しくいただけます。
 トッピングはチャーシュー、茹でほうれん草、板海苔三枚、に加えて白髪ネギ数本。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 大口駅から徒歩5分くらいで大分とんこつ しらしん軒@大口(横浜市神奈川区神之木町)、麺や銀二跡地に2016/12/3オープン。
  店名は一生懸命を意味する「しらしんけん」という大分の方言からとのこと。
 九州のラーメンはほんのなでる程度しか食べておらず、久留米から始まる九州とんこつラーメン、博多、北九州、小倉などの違いがよく分かっていませんし、「大分とんこつ」となると更に分かりません。

クリックすると拡大します

 店内は以前の居抜きで、広々としたスペースにカウンター9席、4人掛けテーブルが1卓。
 メニューはラーメン、チャーシューメンのみ、サイドメニューにご飯大盛の昔話盛メンタイご飯があります。
 トッピングは標準的、飲み物はビールのみ。 

クリックすると拡大します

 麺の硬さはこなおとし、ハリガネ、バリカタ、かため、ふつう、やわめから選べます。
 卓上には秘伝のタレ、一味唐辛子、白胡椒、白胡麻、酢。紅生姜、おろしニンニク。
 お冷を飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくしてラーメン750円、茹で加減は硬め指定で30秒。
 とろみを感じるとんこつスープ、厨房設備が見えませんが、羽釜ではなくステンレスの寸胴で炊き出している印象です。
 羽釜で炊き出さないから大分とんこつでは無い、と言うことはないと思うけど、たまがったとは随分と違う味わいです。

クリックすると拡大します

 丸極細麺は大橋製麺多摩、いい感じで美味しくいただけます。
 トッピングはチャーシュー、板海苔三枚、青ネギ。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179787728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック