2017年05月26日

横浜と歌舞伎町

/らーめん家せんだい横浜駅西口店@横浜にてらーめん(醤油)/東京味噌らーめん萬馬軒花橙歌舞伎町店@歌舞伎町一丁目にて味噌つけめん/

クリックすると拡大します

 余裕を持って待ち合わせ時間を決めたので、早めに着いた横浜駅から徒歩数分でらーめん家せんだい横浜駅西口店@横浜(横浜市西区北幸)ホームページ)。
 今年2/5オープン、オープンを記念して2/5と6は、並盛醤油とんこつを1杯500円で提供されたそうです。
 せんだいは出店した店舗が中々長続きせず(もちろん全てでは無い)、こちらは羽沢店から移転の扱いとのこと。

クリックすると拡大します

 メニューは他店と同じで、醤油、塩、辛味噌、味噌が同額、麺量は小600円、並700円、大800円。
 タッチパネル式の券売機ですから、食券を買う時点で麺の茹で加減、脂の量、タレの量を指定できます(します)。
 トッピングは野菜盛、キャベツ、きくらげ、もやし、味玉、チャーシュー、のり等ですが、全て別皿で提供されます。

クリックすると拡大します

 カウンター9席、テーブルは4人掛けが3卓に見えて1卓は柱に1席分を取られているので、4人掛けが2卓に3人掛けが1卓。
 卓上にはにんにく、自家製唐辛子、しょうが、お酢、トッピングのタレ。豆板醤の代わりに自家製唐辛子が用意されているのがせんだい流ですが、豆板醤の置かれていない家系ラーメン屋を私は知りません。

クリックすると拡大します

 店内の雰囲気は丼物中心の定食屋、定食屋ならば壁には料理名を書いた短冊が並ぶのですが、券売機制なので閑散としています。
 清潔感があると言えばその通りですけど、調理をする音や匂いを感じられなくて、全く心踊りません。
 オープンキッチンでなければダメということではないけど、家系ラーメンを標榜するなら、グラグラと煮立つ寸胴を見ながらラーメンを啜りたいと思うのは私だけではないはず。

クリックすると拡大します

 らーめん(醤油)700円、麺柔らかめ。
 隅々が整った綺麗な麺相、いい豚骨の香りも漂ってきます。
 ズッシリした豚骨スープにキビナゴの出汁を混ぜた醤油ダレを合わせ、一口、二口と飲んでしまう。

クリックすると拡大します

 丸山製麺の平打中太麺、柔らかめ指定でも狙っていた柔らかさに届いていませんけれども、とても美味しい。
 肩ロースチャーシュー、板海苔は残念ですが、茹でほうれん草は香りをしっかり残した美味しさ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は東京味噌らーめん萬馬軒花橙歌舞伎町店@歌舞伎町一丁目へ。
 月に一度は訪問したいと考えているのですが、仕事の都合とか、自身の怠慢とか、中々実現できていません。
 ガラス戸越しに店内を覗くと先客二人、まだまだ歌舞伎町の夜は始まったばかりか。

クリックすると拡大します

 券売機を見るとメニューは変わっておらず、安心してつけ麺のボタンを押して食券を買い、店内へ。
 今夜は(とは言え、朝方までの訪問なので「私が訪問した時間では」ですが)店主さんは不在で、何度か見かけたことのある店員さんのワンオペです。
 卓上のカスターセットにも変更はありません。

クリックすると拡大します

 味噌つけめん890円、チャーシュー(試作)。
 ※店主さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なりますので、ご了承ください。
 モヤシ、キャベツ、ニンジン、ニラなどを中華鍋を振って味噌スープと煮込んだつけ汁、味噌の味が強めにでていて美味しいですね。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の中太麺は何度食べても美味しい、麺を茹でてから冷水で締めてあり、きゅっとした口当たりも楽しい。
 大ぶりのチャーシューが4枚も入っていて、1枚はこれまでのチャーシューで3枚はちょっと作り方を変えたと言われましたが、どちらも美味しいことしか分からずにごめんなさい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
NG登録されてからコメントした事がありませんが、まだ書けないとしても一言言いたくてコメントします。

>せんだいは出店した店舗が中々長続きせず(もちろん全てでは無い)、こちらは羽沢店から移転の扱いとのこと。

羽沢店の閉店理由をご存知の上でこのような書き方をしているのでしょうか?知ってか知らずかわかりませんがただの悪評を流すだけの営業妨害としか思えません。

>家系ラーメンを標榜するなら、グラグラと煮立つ寸胴を見ながらラーメンを啜りたいと思うのは私だけではないはず。

いえ、あなただけでしょう。
豚の頭骨とか寸胴で煮て灰汁を取っているところを見ながら食事したい人は居ないと思いますよ。

>店内の雰囲気は丼物中心の定食屋、

具体的にどこがそう思いましたか?
私は特に感じませんでした。教えてください。

>定食屋ならば壁には料理名を書いた短冊が並ぶのですが、券売機制なので閑散としています。

定食屋さんじゃないし、券売機でチケット買ったあとで店内の短冊を見る必要ないし何に対してケチを付けたいのでしょう?

せんだいさんはラーメンも美味しく、店員さんも気さくに話しに応じてくれるし、何が気に入らなくてdisりまくっているのですか?

ちゃんと自分の言葉で説明をお願いします。
大好きな店を言われなきdisりをされたら誰でもちゃんと説明をして欲しいですよね?

よろしくお願いします。
Posted by kjoe at 2017年05月28日 18:55
kjoeさん

 コメントありがとうございます。

> 羽沢店の閉店理由をご存知の上でこのような書き方をしているのでしょうか?知ってか知らずかわかりませんがただの悪評を流すだけの営業妨害としか思えません。

 閉店理由は知りません。「長続きしない」と事実を書いただけで営業妨害と言われても、なんとも。

> 豚の頭骨とか寸胴で煮て灰汁を取っているところを見ながら食事したい人は居ないと思いますよ。

 ああ、そうですか。それは失礼しました。

> 私は特に感じませんでした。教えてください。

 ラーメン屋さんは、丼をカウンター内の厨房から直接配膳できるように、カウンター台が低い造りであることが多いです。もちろん、全てのラーメン屋さんのカウンター台が低いわけではありません。
 この店は、店舗の構造上、丼は奥の厨房から運んでくる前提ですので、カウンター台が高かったので、定食屋さんの店内構造に思えました。

> 定食屋さんじゃないし、券売機でチケット買ったあとで店内の短冊を見る必要ないし何に対してケチを付けたいのでしょう?

 ケチは付けていないので何とも。

> せんだいさんはラーメンも美味しく、店員さんも気さくに話しに応じてくれるし、何が気に入らなくてdisりまくっているのですか?

 disっていないので何とも。
 私もラーメンは美味しいと感じているし、本店には二回行っていますし、川崎店も食べに行っているし。
 店員さんとも短かったですけど少し話をさせていただけましたし。
Posted by ふらわ at 2017年05月28日 23:17
>閉店理由は知りません。「長続きしない」と事実を書いただけで営業妨害と言われても、なんとも。

うわぁ、理由も知らないのに得意げに書いたのですか。馬鹿みたいですね

>ああ、そうですか。それは失礼しました。

あととんこつは煮たたせないのは常識ですがとんこつをグツグツ煮立たせるのを見ながら食べるのが最近の流行りなのですか?気持ち悪いですね。

>ラーメン屋さんは、丼をカウンター内の厨房から直接配膳できるように、カウンター台が低い造りであることが多いです。もちろん、全てのラーメン屋さんのカウンター台が低いわけではありません。
 この店は、店舗の構造上、丼は奥の厨房から運んでくる前提ですので、カウンター台が高かったので、定食屋さんの店内構造に思えました。

定食屋さん=丼もの決めつけはなぜ?
家系はカウンター台から受け取ったら中腰で鶏脂をすするのがルールでしたっけ?
横浜に来てから初めて聞いてとまどいました。

>ケチは付けていないので何とも。

あれあれ、もう一回自分の糞ブログを読み返してくださいな。
それでもまだ言えますか?

>私もラーメンは美味しいと感じているし、本店には二回行っていますし、川崎店も食べに行っているし。

あちゃー、二回で知ったかですか。さすがキュレーター様ですね。
ラーメンはの「は」に対するラーメン以外の不満はなんなんでしょう?

ちゃんと説明をしていただきたいもんです。
Posted by kjoe at 2017年05月29日 08:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179878092
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック