2017年06月02日

しめやかな金曜日

/立ちそばふじにてかき揚げそば(冷)/ゆで太郎高輪店にて夏野菜とゲソのかきあげそば、海老天/元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田にてつけ五目味噌タンメン、チャーシュー二枚/ホルモン焼き時代輪屋(ときわや)/家庭料理の店JJ/

クリックすると拡大します

 立ちそばふじ、立ち食いのお蕎麦とうどんのお店、夕方からは立ち飲みにも活用できます。
 店内は立席カウンターのみで、座れるテーブル席はありません。
 大きな券売機で食券を買い、厨房に渡すと数分でかき揚げそば(冷)430円、顔より大きいかと思うほどの大きな丼で提供されます。

クリックすると拡大します

 ゆったりと締められたお蕎麦に冷たい蕎麦つゆ、立ち食い蕎麦の基本があるとしたら、恐らくここには無い。
 殆どの立ち食い蕎麦屋のかき揚げと同じように揚げ置き、油が良く切れていて、蕎麦つゆをよく吸います。
 付け合わせはタクワンとカブのしば漬け(合っているのか??)、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 今月から夏メニューを一新したゆで太郎高輪店(ホームページ)、常に混み合っている印象で、女性1人客もいらっしゃいます。
 なんて言うか、今月になって急に気温が上がってきて、まさにそれを知っていたかのような販売開始です。
 夏メニューはかき揚げの野菜を夏野菜に変えて、もり、ぶっかけ、かけと揃えた料理と、大根おろしを鬼おろし(おろす粒度を荒くする)とした料理の数種類。

クリックすると拡大します

 個人的には暑くなったからといって食欲が落ちたり、冷たいものが欲しくなったりはしませんが、世の中がそうなら流れてみるのも悪くありません(基本、流されませんけど)。
 店内に入って食券を買い、店員さんに食券を渡しながら「冷たいの!」と伝えると、「ぶっかけ?」と愛想良く返されます。
 「お願いします」頭を下げる、自分の不徳をまだまだだなと反省します。

クリックすると拡大します

 夏野菜とゲソのかきあげそば520円、クーボン海老天
 お蕎麦、蕎麦つゆ、安定の美味しさ。まず、この美味しさが無ければ何も組み立て上がらない。
 三陸わかめの僅かな歯応えがいい感じ、かいわれも普通に乗せられるようになりました。

クリックすると拡大します

 注文してから揚げてくださった夏ゲソ揚げ、野菜はナス、ネギ、ニンジン、ソラマメ、でしょうか。特にネギが美味かったなあ。
 海老は塩で、ランチビールが用意されていたら人生を捨ててしまいそう。
 とても美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 ここ最近、諸般の事情(主に麺切れ)にて夜営業をお休みしている元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)(ホームページ)。
 ネットの情報を見ると「食材の在庫管理も出来ないのか」とか「そもそもやる気あるのか」と叩かれていますが、どのように営業するかはお店の自由ですし、お店を選ぶのも食べ手の自由ですよね。
 ま、言いたいことを言えば気が済む人の話をまともには聞いてられません。

クリックすると拡大します

 ラーメン食べ歩きの大先輩が、かつて「この店は私の中ではラーメンが美味しい店ではなく、美味しいラーメンが食べられる居酒屋である」と語ったことがある。
 ラーメン格言の中で、二番目を抜いて二番目の言葉、その言葉が少しずつ分かりつつあります(そんな気がするだけか)。
 暑くなってきたので(暑くない頃から)、今夜は蒲田で一人お疲れ様会。

クリックすると拡大します

 その後、「この店」の様に富乃宝山でもキープできればとは思いますが、夢は夢として大切にしておいて、今夜はつけ五目味噌タンメン1,000円、チャーシュー二枚200円
 ※店主さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なりますので、ご了承ください。
 店主さんの前職でも販売されていたような気がするつけ麺、先ずは煮込み野菜から頂きます。

クリックすると拡大します

 じっくりと煮込んだ野菜に唐辛子の衣をまとわせ、痛さを感じる手前の辛さ、旨さが最大限引き出されます。
 サッポロ製麺の中太麺が実に良くスープに合って美味しい、チャーシューも味が良く染みていて美味しい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 ホルモン焼き時代輪屋(ときわや)(ホームページ)、『いつの時も どんな時代(とき)も/大切な家族や仲間たちと笑顔で/輪(わ)を囲み/楽しいひと時を過ごしてほしい/そんな思いを込めて/時代輪屋(ときわや)は誕生しました』
 月一と言うことは無いけど、気が向いたらお邪魔していて、今日はカウンターがほぼ埋まっていて、ゆっくり出来そう。
 今夜はレモンサワースタート、お連れさんは連絡したけど、仕事が忙しくて返事すら無い。

クリックすると拡大します

 一品目は必ずナンコツ、二品目は牛タンにしたり、ナンコツをお代わりしたり、今日はレバーを。
 レバーの生食販売に過剰反応する正論信者、べき論信者、他人の言葉をなぞるだけの人の相手をする余裕はありません。
 今夜も美味しくレバー焼きを楽しみます、美味しく頂いて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お腹がいっぱいになったので、軽く飲みに行くかと、家庭料理の店JJへ。
 大抵は先客がいないのですが、今夜は二人いて、それならラーメン屋に行けば良かったと思いつつも、足は止まらない。
 とりあえずクロキリで乾杯、飲み終わってしまったので、ボトルを入れて。

クリックすると拡大します

 なぜか食べたくなった鶏の唐揚げ、日付が変わってから揚げ物を食べるのはどうかと思うけど、そもそも人生自体がどうかと思うし。
 とりとめの無い話が少し出来るようになったかな、ああ、まだまだでしたか。
 すっかり長居してしまい、千鳥足で帰宅。
posted by ふらわ at 11:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
タクワンは漢字で托椀と書きます。
博識なふらわさんならご存知ですよね。

それにしてもカレーアート。
公開されないのが残念です。

きっとセンス溢れる素晴らしい作品なんでしょうね?
Posted by 沢庵 at 2017年06月04日 16:03
> 顔より大きいかと思うほどの大きな丼で提供されます。

ふらわさんが顔より大きいと思うとはどれだけ大きな丼だったのか気になります。

> 付け合わせはタクワンとカブのしば漬け(合っているのか??)

正解はこちらに(笑)
http://likearamen.xii.jp/article/176758283.html
Posted by tomoco at 2017年06月04日 21:14
沢庵さん

 コメントありがとうございます。

> タクワンは漢字で托椀と書きます。
> 博識なふらわさんならご存知ですよね。

 知りませんでした。

> きっとセンス溢れる素晴らしい作品なんでしょうね?

 少し、お待ち下さい。
Posted by ふらわ at 2017年06月04日 22:44
tomocoさん

 丼、かなり大きかったです。

 カブのしば漬け、でよろしかったでしょうか(笑)
Posted by ふらわ at 2017年06月04日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179945198
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック