2017年06月29日

満漢全席

/おにやんま五反田店にて冷「並盛」とり天ぶっかけ/横浜家系ラーメン壱角家品川港南口店にてラーメン(醤油)、サービスうずら/元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田にて仮)満漢全席/

クリックすると拡大します

 朝は久しぶりのおにやんま五反田店、ネギ増量が有料になって随分と足が遠のいてしまいました。
 店内の厨房には買った食券のレシートが出力される機械があって、自分が持っている食券とは関係なく、店員さんはお客さんに順番に提供していきます。
 完全立ち食いスタイルで食べるスペースも狭めですが、それも味のウチ、冷「並盛」とり天ぶっかけ420円

クリックすると拡大します

 うどんの量が少なくなったように感じましたが年寄りの私にはこのくらいがちょうどよく、程よいコシのうどんも美味しくいただけます。
 イリコ出汁のお汁が美味しいですなぁ、とり天もいい感じで揚がっていてとても美味しい。
 美味しくいただいて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は本日6/29オープンの横浜家系ラーメン壱角家品川港南口店ホームページ)。
 公式サイトの店舗情報で店舗数を数えてみると、東京23区内に48軒、23区外に8軒、神奈川に11軒、千葉に9軒、埼玉に11軒、群馬に1軒の88軒(品川家、品川製麺所を含む)。
 店先では開店記念としてトッピング無料券が付いたフライヤーを配布していますが、ホームページのクーポン券と同一で、ほうれん草、のり(五枚)、うずら(五個)、半熟味玉の何れか一つがサービスされます。

クリックすると拡大します

 店先には10人以上が並んでいたので最後尾に続き、5分もしないうちに店内へ、これだけチェーン展開されているのに券売機ではなく口頭注文後会計方式です。
 どんなやり方にもメリットデメリットはありますが、券売機方式の最大のデメリットは「券売機に不慣れたお客さんが(券売機の前に)並んでしまう」ことです。
 人手は掛かるけどお客さんに注文を取りに行く方式、あちこちで注文の声(と復唱の声)が飛び交うのはとても活気を感じられますね。

クリックすると拡大します

 店内中央に向かい合わせのカウンター18席、右手が2人掛けテーブルが6卓、左手が同5卓、店員さんは他店からのヘルプ(ヘルプというか、新店舗立ち上げ専門かも)で、淀みなく対応されています。
 メニューはいったん標準的なラーメンだけに絞っていて、壱角家では麺増量有料ですが大盛りの注文の声も聞こえてきます。
 ライスは100円で食べ放題、現時点では無料サービスはやっていません。
 テーブルの上には刻み生姜、刻み玉ねぎ、おろしニンニク、豆板醤、黒胡麻、白胡麻、一味、醤油、お酢、ラー油。

クリックすると拡大します

 注文と非同期で麺を茹でて思われるほど早く、ラーメン(醤油)690円(税込745円)、サービスうずら(五個)
 タレは醤油ですがセントラルキッチンの豚骨スープが白過ぎて、玉模様の脂は一体何の脂なのか、謎は深まるばかり。
 美味しいかどうかと聞かれたら美味しいスープ、このスープより美味しいスープも多いですが、美味しくないスープも沢山ありますし。

クリックすると拡大します

 四之宮商店の短尺平打中太麺は僅かに固め仕上げ、エコ箸ではなく割り箸ですので掴みやすいです。
 トッピングは板海苔三枚、チャーシュー一枚、茹でほうれん草一掴み、うずらはデフォで一個ですから合計6個。
 全体的に味は薄めですが、濃厚で分かりやすい味がウケるとは限りませんし、食べログスコアやラーメンランキングとお店の繁盛は無関係です。

クリックすると拡大します

 味変と言うよりも卓上の調味料(刻みタマネギや刻み生姜は『調味料』ではありませんが、便宜上)を確認します。
 午後から仕事なのでおろしニンニクは目視でのみ、豆板醤、刻みタマネギ、刻み生姜はいずれも味が薄くなっています。
 味変はしないけれど味変したつもりになれるのがトレンドなのだろう。

クリックすると拡大します

 食べ終わったら伝票を持ってレジでお会計。
 入り口をみるとお土産というかお弁当を扱っていて、品川駅港南口のランチ事情をしっかりとマーケティング済み。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が終わって、最近、行っていないけど夜営業が不安定なので二の足を踏んでいて、まあ、やっていなかったら違う店に行くかと蒲田へ。
 元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)(ホームページ)、聞けば今月二回目の夜営業とか。
 店先には6人ほど並んでいて、「麺切れなんです、済みません」が無いことだけを祈りながら外待ちの行列に並びます。

クリックすると拡大します

 程なくして席が空いて店内へ、私が座ったときには満席でしたが、その後、お客さんは続くこと無く、常時数席の空きがある混み具合です。
 すかさずビールを飲んでいると、「(限定メニューは売り切れたらしく)背脂、売れに売れましたよ」と背脂味噌らーめんの「スープとトッピング」を用意して下さいました。
 背脂は前職時代には提供していないはず、おお、こんなに美味しかったんだ。

クリックすると拡大します

 二杯目は焼酎、今日はアカキリ。
 いつも有るわけじゃ無くて無い日もありますし、銘柄はその日によって違いますし、何もかもがお楽しみです。
 付き出しはチャーシュー切り落とし、脂身が多い気がしますが、それはそれ、味が染みていてとても美味しい。

クリックすると拡大します

 ラーメン屋に来たので可能な限りラーメンを食べたいので、「何か作って」とお願いしました。
 仮)満漢全席(時価)、つけ麺の半玉に小鉢に盛り付けられた麻婆豆腐、味噌野菜、煮込み味玉、チャーシュー端っこ、限定メニュー(食べかけ)、などなど。
 色々な味が一度に楽しめて、ああ、私もこういう料理が好みになってきたんだなぁ、って。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 今日はスープまで飲んでしまったので、それぞれの小鉢を重ねてしまいました。
 また、食べに来ます。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180213135
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック