2017年09月09日

喜多見で二軒

/ぴより@喜多見にて麻辣担々めん/中華軽食 大勝軒@喜多見にてラーメン/

クリックすると拡大します

 起きられたら先週のリベンジを、、、そんな呪文が通じるほど若くなく。
 取り敢えず起きて、朝食を食べながらどうするかとスマホの宿題店リストを眺めてみると、小田急線沿いの未食店の昼営業、間に合いそうじゃないか。
 ブログを一本片付けてから、ラーメン屋に向かいます。

クリックすると拡大します

 中本製麺所。営業時間は平日11:00-15:00 17:30-26:00、土と連休中日11:00-26:00、日と連休最終日11:00-23:00。
 臨時休業なのか閉店なのかそれ以外なのかは不明ですが、取り敢えず今日は休業。
 泣いても笑ってもお店が開店することは無さそうですので、駅にとって戻り、二軒目に予定していたお店に向かいます。

クリックすると拡大します

 小田急線沿いに住んで50年を越えますが、喜多見駅で降りたのは初めてです。
 この駅は世田谷区、ほんの数分も南に歩けば狛江市になります。
 その狛江市に入って100メートルほどぴより@喜多見(狛江市岩戸北)、2004/7/19オープンしていたことをつい先週、知りました。
 小さいお子さんがいらっしゃるので臨時休業が多く、最近では昼間しか営業されていないようです。

クリックすると拡大します

 入口は開け放たれていて、店内は畳敷きの六人掛け長椅子と丸椅子が二脚、つまり八席です。
 丸椅子側が空いていたからいいようなものの、空いてなかったら常連さん達と長椅子に肩を並べて肩身の狭い思いをしながらラーメンを食べることになっていました。
 メニューは担々めん、冷し担々めん、煮干しラーメン、生姜ラーメンなど。ビール類、ご飯ものも揃っています。
 口頭注文後会計、卓上には辛味調味料、白胡麻、酢。

クリックすると拡大します

 程なくして麻辣担々めん850円、麦ごはんが無料サービスされます。
 確かに担々麺ではなくて「担々めん」と表記はされていますが、、、トッピングが茹でモヤシに針生姜のみとは。
 トッピングに驚きつつスープを味わってみると、多めに芝麻醤を合わせてドロドロの粘度、豚ガラや鶏ガラは感じず、煮干し、椎茸、昆布だけの美味しい味しかしません。
 色々なラーメンを食べているので大抵の事では驚かなくなっていますが、このトッピングとスープには驚きました。

クリックすると拡大します

 麺は自家製平打極太麺、麺同士がかなり絡んでいてとても食べにくいのですが、味はとても美味しいです。
 全体的に生姜の味が支配していて食べ進めやすいのですが、試しに辛味を合わせてみました。
 量が少なくて味に変化がありません。

クリックすると拡大します

 麦ごはんはそのまま食べても美味しいし、担々めんのスープを掛けて食べても美味しいです。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。
 はて、麻辣はどこだったのだろうか。

クリックすると拡大します

 駅舎内のコーヒーショップでコーヒーを一杯飲んでから向かったのは、中華軽食 大勝軒@喜多見(狛江市岩戸北)、いわゆる狛江大勝軒。
 丸長のれん会所属として1965/9オープン、つまり50年以上営業されています。
 店舗が50年以上無改装と言うことはないでしょうけど、それでも5年、10年という事は無さそう。

クリックすると拡大します

 店内に入ると厨房を囲むL字カウンター5席ずつの10席、5席と言っても全部に座ったら隣のお客さんと肩がぶつかる狭さです。
 口頭注文後会計、壁の短冊を見るとメニューはラーメンとつけそば、広東麺、五目そば。野菜炒め、肉野菜炒め、ライス、ビール。
 ラーメンかつけそばかを悩んで周りを見渡すと、半々の注文でさらに悩んでしまう。

クリックすると拡大します

 ということで、先ずはビール550円で、まだまだお昼ですが喜多見で一人お疲れ様会。
 卓上には酢、醤油、辣油、一味唐辛子、白胡椒。
 厨房では大きな中華鍋でお湯をグラグラと沸かし、ばさっと麺を入れて茹で上げ、湯切りはもちろん平ざる。

クリックすると拡大します

 ラーメン550円、丼から溢れるほどのスープ、麺量。
 スープは豚ガラ、鶏ガラ、人柄、そして日本のラーメンの歴史をたっぷりと煮出していて、深く、広く、複雑な味わい。
 なんて事のない醤油スープに思えて、50年もの間、食べ続けられた醤油スープ。

クリックすると拡大します

 太麺はかなり弾力があり、モチモチではなく餅そのものの力強さ。
 トッピングは厚手の肩ロースチャーシュー、メンマ、なると、板海苔。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 調理されているご夫婦が70歳過ぎならば、食べているお客さんの中にも70歳以上と思われる方がいます。
 私なんか今でもいっぱいいっぱい、70歳過ぎてこの麺量を食べ切れる自信は全くありません。
 ちなみに店内に貼られていた丸長グループ創立50周年記念のポスターを貼っておきます(クリックすると大きくなります)。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
この2軒はどちらも行ってみたいですね。店先に自転車も止められそうですし。
貴重な情報ありがとうございます。

> 麺同士がかなり絡んでいてとても食べにくいのですが、味はとても美味しいです。

美味しかったのならよかったじゃないですか。
青梗菜がないと担々麺じゃないとか狭い見識は捨てた方がいいですよ。

> 私なんか今でもいっぱいいっぱい、70歳過ぎてこの麺量を食べ切れる自信は全くありません。

またまたー(笑)
ふらわさんは連食じゃないですか。この製造機が
Posted by tomoco at 2017年09月10日 22:07
tomocoさん

 おお、喜多見まで自転車圏内とは、羨ましい。
Posted by ふらわ at 2017年09月11日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180947484
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック