2017年09月20日

オダサガとザマ

/Sagamihara 欅(けやき)@小田急相模原にて特醤油/らーめん猿二(えんじ)@座間にてしょうゆらーめん/

クリックすると拡大します

 昨日振られたのでリベンジは早めにと、Sagamihara 欅(けやき)@小田急相模原ホームページ)へ。
 10年間営業された味。(あじまる)が7/25に閉店し、数日間のプレオープンを経て、昨日9/19リニューアルオープンされました。
 営業時間は11:00-15:00 19:00-24:00ですが、材料切れ早仕舞いとしていて、昨日は一歩届かず、今日は私の後5人で終了でした。
 つまり、19時に夜営業を始めて20時前に閉めてしまうと言うこと、中休みの4時間で何とかできないのだろうか。

クリックすると拡大します

 店内へ入ってすぐ左手に券売機、背中側には製麺機を眺められるカウンター席があるので、その席にお客さんが座っていると、メニューをゆっくりと選べません。
 立地からすると複数人客の割合が多いでしょうから、券売機の前であれこれ検討したいでしょうに。雨の日なら、店内に入ってから傘を仕舞いたいでしょうに。
 メニューは醤油、味噌、塩、つけ麺、生姜にんにく醤油。標準的なトッピング、ご飯もの、ビール、ラムネ。
 食券を買って店内を進み、案内された席に座って食券を出します。

クリックすると拡大します

 横一文字の白木のカウンター10席には屋号が印刷された敷き紙が用意され、割り箸が一膳、置かれています。
 ちょっと押すと滑る上質紙、、、ま、こんなところを気にする人は少ないかな。
 卓上にはブラックペッパーのみ、折りたたみのメニューを眺めながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして特醤油1,000円、開店祝いの気持ちを込めて、全部乗せにしてみました。
 味から食材を選んだのではなく、「豚骨に相模原産の香福豚」「白口浜真昆布」「国産100%の野菜」などと食材ありきで組み立てられたスープ、表現したい味、目指したい味が私には感じられません。
 もちろん私が感じられないだけですので、ご自身でご確認下さい。

クリックすると拡大します

 自家製の細麺は柔らかめ仕上げ、まあ、開店二日目ですからね、今後に期待と言うことでしょう。
 相模原市の花である「アジサイ」をイメージした盛り付け、香福豚のチャーシュー、柔らかいメンマ、薬味ネギの上にトッピングされているムラサキ玉ねぎ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 食べ終わって佐野全(アキラ)店主さんに話かけると、久し振りの接客に疲れているご様子、二ヶ月ぶりの営業ですから無理もありません。
 まだまだフルタイムの営業は難しそうですけど、定休日が不定休というのが気になります。
 来店する前に公式ツイッターのチェックは欠かせませんね。

クリックすると拡大します

 電車に乗って、相武台前の次の座間で降りました。
 小田急線沿いに50余年住んでいますが、座間駅で降りたのは初めて。それはつまり駅の近くにラーメン屋が無かったからです(見逃していた可能性もあります)。
 駅の周りの地理はクルマでは来たことがあるので大体分かりますが、それでもグーグルマップの助けを借りて、お店に向かいます。

クリックすると拡大します

 らーめん猿二(えんじ)@座間(座間市入谷)、居酒屋跡地をほぼ居抜きで、2017/5/2オープン。
 店内に入るとご夫婦で営業されていて、お冷やでも餃子でも全てお盆で運ばれています。
 残り15分で閉店なので先客ゼロですが、後客三人、先ずは券売機で食券の購入から。

クリックすると拡大します

 券売機のボタンは全て手書き、とり塩、しょうゆ、みそ、みそネギ、とんこつしょうゆ、とんこつみそ、野菜、坦々麺、冷やしごま豆乳、とんこつつけめん。
 サイドメニューは餃子、ライス。ご飯もの。チャーハンはフルサイズのみ。
 飲み物はスーパードライ、ハイボール、キリンゼロ、コカコーラ、リボンオレンジなど・

クリックすると拡大します

 カウンター5席、小上がりに4人掛けテーブルが2卓、ゆったりとした席間ですので、このままビールを飲んで長居したくなります。
 卓上には酢、醤油、辣油、七味とうからし、白胡椒。
 これでテレビでもあればなあ、と夢みたいな夢を思い浮かべながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 しょうゆらーめん750円、大きな厚手の陶器の丼が角盆に乗せられています。
 鶏ガラスープに魚介出汁を合わせ魚粉を浮かせてあり、ぼんやりと濁りのある味わい。
 グイッとした押しの強さも無く、柔らかく肩を組んでくる暖かさもありませんが、なんでもかんでもそうでなければならないわけでは無いし。

クリックすると拡大します

 菅野製麺所の細麺、スープがあっさり目なので麺の良し悪しがよく分かります。
 肩ロースチャーシュー二枚、業務用メンマ、板海苔、茹でほうれん草、なると。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 食べ終わって店主さんに屋号の由来を尋ねると、「主人と息子が同じ干支(猿)なので、いずれ親子でやりたいと思って」と相好を崩されました。
 取り立てて特徴があるラーメンではないし、特別な料理もないし、終了時間も遅くないけど、その全てを埋め合わせるご夫婦の愛想。
 ご夫婦の調理するラーメンをこの店でまた食べたい、飲食店として一番大切なことですね。

クリックすると拡大します

 座間駅に戻って、小田急マルシェに行ってみましたが、殆どのお店が閉まっていました。
 随分と早い時間に閉まるなぁと思いましたが、人通りも殆どありませんしね。
 さて、さっさと帰ろう。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
欅さんに対して随分と厳しいお言葉が並んでいますが、
リニューアルオープンされて間もないのですから大目に見てあげましょうよ。
進化・改善というものに期待して、数ヵ月後にまた訪問してみるのもいいかと思います。

あまりカリカリし過ぎると寿命が縮みますよ?
あと2年の寿命が1年半になってしまうと思いますのでご注意を。

Posted by にゃんこ at 2017年09月21日 02:29
にゃんこさん

> 欅さんに対して随分と厳しいお言葉が並んでいますが、
> リニューアルオープンされて間もないのですから大目に見てあげましょうよ。
> 進化・改善というものに期待して、数ヵ月後にまた訪問してみるのもいいかと思います。

 そうですね。
Posted by ふらわ at 2017年09月25日 01:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181056365
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック