2017年09月23日

大井町と小田原

/ラーメン春@足柄上郡大井町金子にてネギラーメン/ラーメンUMAMI@小田原市小八幡にて味噌ラーメン(並)/

クリックすると拡大します

 ゆっくり起きて、スマホの通知を一通りチェックして、ベットを出ます。
 さて、写真の整理を簡単に済ませたら、出掛けることにしますか。
 今年は群生している彼岸花を撮りに行くことも無く、あっという間に彼岸花が枯れていきます。

クリックすると拡大します

 バイクを飛ばして向かったのは、255号線沿いのかつや、の先を左に入ったラーメン春@足柄上郡大井町金子
 2015/10/16オープン、オープン日直後に店の近くを通っていますが、その時は時間が無くてスルーしてしまい、その後、すっかり忘れていました。
 店先に立つと、ラーショの空気がプンプン匂いますが、調べた限りではそんな事前情報は見つけられませんでした。

クリックすると拡大します

 ガラッと引き戸を引いて店内へ、赤い丸椅子と卓上のラージャンの空気感で、間違えるはずも無いラーショ、何でみんなそう書かないのかな、書いてはいけないのかな、書いてみようかな。
 厨房を囲むカウンター6席と7席の13席、店内角に設置された券売機に向かいます。
 メニューはラーメン、つけめんのみ。タレは醤油のみ。餃子、ご飯もの、ビール。

クリックすると拡大します

 ラーショならば食べるメニューは1択、食券を買ってカウンター台に置きます。
 卓上にはおろしニンニク、ラージャン、ラーメン醤油、醤油、酢、辣油、ブラックペッパー。
 セルフでお冷やを汲んできて、お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待ってネギラーメン680円、ここのはねぎと細切りチャーシューを和えるゴマ油が多め。
 この冷たいねぎをトッピングするとスープの温度が下がりますが、猫舌の私にとって願ったり叶ったり、とてもスープが飲みやすくなります。
 豚ガラ、鶏ガラにネギや玉ねぎをまとめて炊き出したスープ、安定の味わいですな。

クリックすると拡大します

 肩ひじ張らない、背伸びしない、普通に出回っている食材を丁寧に調理した美味しさ。
 製麺所不明ながらスープによく合う細麺、早く提供できるし、食べやすいし、これぞラーショの麺。
 板海苔は二枚なのか、、そういう時代なんですな。

クリックすると拡大します

 途中でラージャンとおろしニンニクで味変、辛さと旨さで全体が蘇ってきます。
 場所柄、飲みに来ることは殆ど無理ですけど、金曜日に350円ラーメンは食べに来られるかな。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 次の店は国府津駅近くなので、グーグルマップで経路を確認し、バイクを走らせます。
 この辺りにはなんだかんだで結構来ているので、大抵の道は通ったことがありますが、途中から初めて通る道。
 車だとカーナビを見ながら運転もできるけど、バイクなので、時々停まって経路を確認して、と。

クリックすると拡大します

 巡礼街道の洋食屋35跡地に2017/09/01オープンした、ラーメンUMAMI@小田原市小八幡
 オープン日は知っていましたが、この一軒だけのために国府津まで行くのは辛い。
 店内に入ると、左手に厨房、厨房に向いたスタイリッシュなハイチェアカウンター6席、奥には壁向きスタイリッシュなハイチェアカウンター3席、右手には4人掛けテーブルが2卓。

クリックすると拡大します

 土曜日の夜、「新しくラーメン屋ができたんだって」と友達や仲間、家族を連れだって来店されるお客さん多数。
 今後もそういった客層が見込めそうですし、10年、20年営業することを考えたら、全席テーブルでも良い様な気がしますが。
 事前情報ではご夫婦で切り盛りとの事でしたが、兄弟っぽい男性店員二人。

クリックすると拡大します

 左手に用意されている券売機で食券を購入、メニューは味噌、味噌ミルクバター、味噌冷麺、醤油。つけ麺、まぜそばなどは無し。
 味噌冷麺を食べたかったのですが売り切れ。開店日から類推すると夏季限定と言うことは無さそうですが。
 空いていたカウンター席に座り、食券を渡してお冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。
 卓上には醤油、辣油、酢、白胡麻。

クリックすると拡大します

 少し待って味噌ラーメン(並)750円、丈がある逆円錐の丼。
 スープは人数分だけ雪平鍋で温め直され、大きな中華鍋ではひき肉とモヤシを炒めてトッピングしています。
 つまり、味噌一@平塚、小林屋などの関連店出身でないかと推測されますが、うっかり尋ね忘れて未確認。

クリックすると拡大します

 豚骨を丁寧に炊き出したスープ、白味噌を合わせて全体的に甘い方向性、炒めたモヤシとひき肉が相まって、とても美味しいです。
 開店一ヶ月以内でこの味とは凄い、ラーメン作りのセンスを感じます。接客は私には合いませんでしたけど。
 麺は自家製の角太麺、茹でる前に手揉みはしていませんがスープによく合い、とても美味しいです。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 チャーシュー、メンマ、味玉などはいずれも有料トッピングなので、ラヲタの好む「デフォ」の麺相は寂しいけれども、(2回目からは)トッピングを付ければいいだけなので、問題にならないと思います。
 冷麺が販売していることが分かれば食べに来たいけれども、ちょっと厳しいかな。

クリックすると拡大します

 帰宅への道筋もグーグルマップに聞いてみたら、一度も通ったことの無いルートを示すし。
 外灯も無い真っ暗な道を走ると、ここでエンジンが止まってしまったらどうしようと思ったりします。
 ま、止まったら止まったで、、、何ともならいか。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181093680
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック