2017年09月26日

立ち飲み屋のラーメン

/麺処あす花@新橋にてらーめん/立ち呑み処三文の徳@新橋にて塩/魚がし日本一エキュート品川サウス店にてねぎとろこぼれ/

クリックすると拡大します

 麺処あす花@新橋(港区新橋)、お気に入りと言いながら、今月2回しか伺えていません。
 例えば職場から徒歩一分の場所にあって、毎日通うかと問われたら、どう答えるだろうか。
 新橋勤務のお客さんは、まさにそれを問われ、それに答えているのだろう。

クリックすると拡大します

 前回(初訪)は夏季限定メニューを頂きました。
 2回目の今日は秋季限定メニューを探しましたが見当たらなかったので、レギュラーメニューにしました。
 レギュラーは3種類なので、残るは赤いらーめん、塩らーめん。早めに食べておきたいな。

クリックすると拡大します

 程なくしてらーめん750円、無料サービスの炊き込みご飯は、ラーメンを提供してから確認が入ります。
 ラーメンとは何かを基本から見つめて、煮干しや昆布などの魚介出汁で作り上げたスープ、美味しいですねぇ。
 薄めに仕立てているので「濃いめ、要パンチ」を好む人には「味がしない」のではないでしょうか。

クリックすると拡大します

 細麺は品川区二葉にあるあさひや製麺所製、この細麺と相まって、和風だし好きにはど真ん中の味わいです。
 トッピングは豚バラチャーシュー、茹でほうれん草、穂先メンマ、板海苔一枚。
 炊き込みご飯は、麺を食べているウチはご飯だけを味わい、麺を食べ終わった後は残ったスープを掛けて味わいます。
 ラーメンに限らず、食べ物の味は丼の中だけで決まりません。

クリックすると拡大します

 この店は、店主さんの愛想もさることながら、開け放たれた入口と、飾らない店内を私は気に入っていて。
 いつの日か、夜の居酒屋にお邪魔したい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 新橋駅東側に寄り添う様に建つ新橋駅前ビル1号館、その1階のチケット売り場跡地に2016/9/16オープンした立ち呑み処三文の徳@新橋(港区新橋2)
 宮崎おでんを提供する立ち飲み屋ですが、6月頃よりラーメンの提供を始めました。
 店員さんに聞いた限りでは昼営業のみとの話しでしたが、フェイスブックに訪問記事を書くと、夜もやっているよとの情報が寄せられました。

クリックすると拡大します

 店先には大きく「今日のスープ」と張り出されていて(日替わりに見えますが、実際は週替わり程度)、今日は鶏豚白湯とのこと。
 レパートリーとして塩、醤油、辛味噌、カレーなどが揃っていて、冷し中華もあるようです(メニューに書かれていたけど、やっていないかも)。
 トッピングは一切なく、昼間は一応飲めないみたいです。

クリックすると拡大します

 店内は20人も入れるかどうかの広さ、完全立ち飲みではなく、簡易椅子も用意されています。
 口頭注文後会計、卓上には白胡麻、醤油、ブラックペッパー、白胡椒。 
 麺茹は一玉づつ、丁寧と言うより茹で湯の鍋が小さくて、な感じ。

クリックすると拡大します

 程なくして塩600円
 豚骨スープから宮崎ラーメンの片鱗は感じられないけれども、煮出したての濃厚でいて後味を引かない美味しいスープ。
 食べる前は、どうせ買ってきたスープを温め直しているだけだと思っていたので、かなりの衝撃。

クリックすると拡大します

 細麺は何故か1.5玉、ラーメン専門店であれば「茹で湯の温度が低い」と言いたいところですが、そこはそれ、子供じゃ無いから。
 トッピングは鳥肉チャーシューが3枚、キクラゲ、分けネギ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 食べ終わってしばらく店内を眺め、夜はどんな雰囲気で飲めるのかなぁと思いを馳せます。
 お客さんが途切れたところで店員さんにお声掛けさせて頂きました。
 さて、いつ飲みに来るか、と。

クリックすると拡大します

 仕事が遅くなったので、夜11時まで営業している魚がし日本一エキュート品川サウス店ホームページ)で夕飯でも。
 すぐに食べられるかと思って入りましたが、自分はすぐに食べられたけど、満席の最後の席だったからで、私より後の人は店内待ち。
 一人で食べに来ている人も、友達や恋人と連れだって食べに来ている人もいます。
 1人客は男性だけでは無く女性も多く、男性がどうの、女性がどうの、と言う時代ではありませんね。

クリックすると拡大します

 日替わり店長お薦め4貫セット(黒むつ、ずわいがに、きびなご、煮ほたて)650円。
 まだまだお寿司は勉強中ですので、この四つを別々に味わうのが精一杯で、味の繋がり、味の伸び、までは感じることができません。
 煮ほたては初めて食べたかも知れません、煮詰たタレが引かれていて、とても美味しかったです。

クリックすると拡大します

 とり貝200円。
 まだまだお寿司は勉強中ですので、うおがし日本一で貝の扱いが少ない理由が分からず、大好きな赤貝を一日も早く用意して欲しいと懇願しています。
 赤貝の次に好きなトリ貝、美味しいですねえ。 

クリックすると拡大します

 ねぎとろこぼれ200円
 「うおがし日本一名物」とありますが、食べるのは初めて、シャリに乗っていない部分の食べ方が分かりません。
 周りに食べている人がいなかったので、ガリサワーと共に山葵醤油に付けて、美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 生げそ75円。

 一貫75円のお寿司が最低価格のお寿司で、安いから美味しくないと言うことではなく、げそはげその味わいを楽しめると言うこと。
 薬味に山葵か生姜を選べますので、生姜でお願いしました。
 これにて食べ終わり、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
> 麺を食べ終わった後は残ったスープを掛けて味わいます。
> ラーメンに限らず、食べ物の味は丼の中だけで決まりません。

ふわらさんの言葉には重みがありますね。

私は頭が固く柔軟な発想ができないので、ごはんにスープをかけるなんて思いつきませんでした。
ラーメン屋さんでごはんにスープをかけて食べている人も見たことないですしね。
ましてや炊き込みご飯に…。

> 煮切りが引かれていて、とても美味しかったです。

それは貴重な体験をされましたね。
私も煮切りが引かれた煮ほたてを食べてみたいですね。
Posted by tomoco at 2017年09月30日 20:49
tomocoさん

> ラーメン屋さんでごはんにスープをかけて食べている人も見たことないですしね。

 三枚目のメニューの写真をクリックして、右上のごはんサービスと書かれた部分を、ご確認ください。

> 私も煮切りが引かれた煮ほたてを食べてみたいですね。

 直しておきました。
Posted by ふらわ at 2017年10月01日 23:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181130273
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック