2017年09月27日

家系ラーメンと自家製麺

/家系ラーメン品川家三田店@三田にて濃真鯛家系ラーメン/北の大地三田店@三田にて味噌ラーメン/横浜家系ラーメン大岡家向ヶ丘遊園店にてラーメン/

クリックすると拡大します

 田町駅から徒歩5分くらいの家系ラーメン品川家三田店@三田(港区芝)ホームページ)、2015/5/13オープン。
 品川家とありますが品川には存在せず、三田店と八重洲店の2店舗、壱角家のアナザーブランド(基本メニューは全く同じ)。
 ※壱角屋のブランドは、壱角家、壱角家RED、品川家、横浜道、茅ヶ崎家。

クリックすると拡大します

 店先のタッチパネル式の券売機(店内にもう一台あります)で食券を買います。
 メニューは横浜家系ラーメン(醤油・塩)、赤辛家系ラーメン、黒家系ラーメン、油そば、とんこつらぁ麺、ベジタブル家系。最近追加された濃真鯛家系ラーメン、激にぼ家系ラーメン。
 トッピング、ご飯もの、サイドメニューは多数、ライスはオープンから18時まで無料サービス&お代わり自由。
 店内は奥に厨房、手前左手が向かい合わせの5人掛けカウンター、右手が4人掛けテーブルが2卓。

クリックすると拡大します

 卓上には黒胡椒、白胡麻、お酢、らー油、しょうゆ、豆板醤、にんにく、一味唐辛子。刻み生姜、たまねぎ、ふりかけ。
 店員さんに食券を渡すときにお好みを伝えます。
 女性一人客も当たり前に食べていて、ランチタイムは常時満席をキープしています。
 ホール担当の女性はフリーター風の若い女性ではなく、パート風の年配女性、個人的にはぐっと気持が楽になります。

クリックすると拡大します

 少し待って濃真鯛家系ラーメン800円、お好みは柔らかめで。
 ステンレスの受け皿に乗った白い逆円錐形の丼、丼の上部は斜めに切り取られていて、手前から見晴らしが良いです。
 どのくらい鯛出汁が入っているのかとスープを飲んでみたら、壱角家オリジナル家系ラーメンスープにブラインドでは分からないほど。
 これは(可能性の高い順に)「私の味覚では感じ取れない」「そもそもが薄味である」「タレ入れ忘れの調理ミス」などが考えられます。

クリックすると拡大します

 四之宮商店の短尺平内中太麺、柔らかめ指定なのでスープによく馴染みます。
 トッピングはチャーシューの代わりに生ハム、刻み玉ねぎ、うずら、茹でほうれんそう、板海苔三枚。
 麺を半分ほど食べたところで、刻み生姜で味変を楽しみました。

クリックすると拡大します

 豆板醤を小さじひとサジ分、ご飯に乗せて、スープを吸わせた板海苔でライスを巻いて食べてみました。
 予想通り美味しい、美味しいけど食べる時間がどうしても長くなって、外待ちされているお客さんが気になります。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 田町駅から徒歩10分くらいの北の大地三田店@三田(港区芝)、新宿店の2号店として2015/1オープン。
 飲食店の多店舗展開には多くの経営形態がありますが、2店出店していたらチェーン店なのかな。2店では違うなら何店からなのか。そもそも数ではなくて、違う要素で区別するのかな。
 ランチタイムは外待ちが絶えないので、少し待ってから入店しました。

クリックすると拡大します

 店先の券売機で食券を買います。
 メニューは味噌、塩、醤油。味噌にだけ冷やしざる、つけめん、チーズときのこの味噌らーめん、とんかつ味噌らーめんが用意されています。
 平日の15:30までは半ライスが無料サービスですが、店員さんから案内が無いからなのか誰も頼んでおらず、もちろん私も頼み損ないました。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むカウンター9席、窓側に並べられた2人席、窓側を向いた3人席。
 卓上には一味唐辛子、にんにく、しょうが、黒胡椒、酢。
 店員さんは全部で4人もいて、これ以上は出来ないほどの早さで回転させていました。

クリックすると拡大します

 少し待って味噌ラーメン750円
 「札幌白味噌」ダレを使った豚ガラ鶏ガラスープ、モヤシと共に煮立ててあるのでスープが美味しいし、モヤシも美味しい。
 パッとお店は思い浮かばないけど食べ慣れた味わい。そう、何でもかんでも差別化なんて計らなくても、誰かに真似されても、ちゃんとやればちゃんとお客さんは付いてくるのだろうな。

クリックすると拡大します

 縮れ中細麺は羽田製麺、この味噌スープによく合ってはいるけど、味噌以外ではどうなのだろうか。
 トッピングは肩ロースチャーシュー、業務用メンマ、ネギは九条ネギなんだけど、スープの甘さとねぎの甘さが合ってしまって、薬味になっていません。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 新宿駅で小田急線に乗り込んだら、タイミング良くすぐに座れてしまい、座ったらぐっすり寝てしまい。
 はっと起きたら向ヶ丘遊園駅、既に向ヶ丘遊園は閉園してしまいましたが、駅名はそのまま。
 お店に向かっている途中で、駅周辺の新店は一軒では無いことを思いだし、それでも1日4杯も5杯もラーメンを食べるのはどうなのよと自問自答し、一軒だけにしました。

クリックすると拡大します

 横浜家系ラーメン大岡家向ヶ丘遊園店@向ヶ丘遊園(川崎市多摩区)ホームページ)、鴨居本店、鶴川店に続く3店舗目として2017/9/20オープン。
 大岡家は町田商店出身であり、いわゆるチェーン店系の家系ラーメン店なので、後回しでいいかと思ってました。
 しかしして、一応場所だけでも、実際の開店だけでも確認しておくかと。

クリックすると拡大します

 仕事帰りの夕食時とは言え常時外待ち数人、オープン記念で低価格メニューを販売しているのかと思いきや、1円も安くしていないし、味玉一つサービスしていません。
 それでも並ぶのか、この辺りにはラーメン屋さんが数軒あるというのに。
 それじゃ並んでみますか。

クリックすると拡大します

 10分程で店内へ、先ずは店内奥の券売機で食券を買います。
 メニューは醤油、味噌、とんこつ魚介つけめん。麺やライスの無料サービスはありません。
 トッピングはのり、味玉、ほうれん草、もやきゃべ、白髪ねぎ、チャーシュー。あれっ、、、うずらが無い。
 ご飯ものに焼き餃子、ビール。

クリックすると拡大します

 買った食券を店員さんに渡すときにお好みを伝えます。
 店内は全てカウンター席で、厨房に面して7席、厨房を背にした窓側に5席。
 卓上には豆板醤、おろしニンニク、刻み生姜、白胡麻、胡椒、辣油、酢、醤油。

クリックすると拡大します

 程なくしてラーメン(並)680円
 生ガラを炊き込んだと思われる良い香りのするスープ、香りだけでは無く味も良くて、新規開店後一週間とは思えない滑らかさ。
 じっくりと登ってくる味わいがセントラルキッチンを否定しますが、鶴川店から運んできていると言われても驚きません。

クリックすると拡大します

 初々しいみっちりとした歯応えの平打太麺が実に美味しい、町田商店からの四之宮商店かと頭をよぎりますが、聞けば自家製麺。
 鴨居に独立してしばらくは大橋製麺でしたが、しばらくして製麺することにしたそうです。鴨居本店、鶴川店、両方とも。
 しかしして、ネット情報には「大橋製麺を使用」と「開店直後に訪問したラヲタのブログ」とそのコピペばかり。まあ、私もやりますから他人のことは言えないけど、フェイスブックの店舗ページには「自家製麺にしています」と記載されています。

クリックすると拡大します

 トッピングは豚モモ肉のレアチャーシュー(家系ラーメンでレアチャーシューは極めて珍しい)、茹でほうれん草、板海苔三枚。
 町田商店出身ですから(血は遠いけど)壱六系、それなのにウズラがトッピングされていません。
 麺を半分ほど食べたところで、おろしニンニク、豆板醤、刻み生姜で味変。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 たまたま店主さんの立ち位置の正面の席でしたので、上げ膳するタイミングでお声掛けさせて頂きました。
 味噌とつけ麺、食べに来ます。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
「ラーメンを食べる時ライスは食べません」と言ってたのはいつ止めたんですか?
Posted by tango at 2017年09月29日 11:58
> 豆板醤を小さじひとサジ分、ご飯に乗せて、スープを吸わせた板海苔でライスを巻いて食べてみました。

ひと匙は多すぎるような気がしますが、そのむかし私が勧めた豆板醤+海苔巻きを実践していただいてうれしいです。
http://likearamen.xii.jp/article/114972787.html#comment
Posted by tomoco at 2017年09月30日 21:05
tango さん

 コメントありがとうございます。

> 「ラーメンを食べる時ライスは食べません」と言ってたのはいつ止めたんですか?

 さあ、覚えていません。
Posted by ふらわ at 2017年10月01日 23:05
tomocoさん

 覚えてはいたのですが、いざ、ラーメンが来ると忘れてしまうという。
Posted by ふらわ at 2017年10月01日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181131282
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック