2017年10月04日

大森海岸とか

/ゆで太郎高輪店にて朝そば(玉子)、海老天/麺屋水@大森海岸にて竹岡式らーめん(乾麺)/麺屋Hiro@大森海岸にて中華そば/中華そばかみ山@経堂にてサンマーメン/

クリックすると拡大します

 朝はゆで太郎高輪店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとして、どちらも繁盛されています。
 この辺りには美味しいお蕎麦屋が見当たりませんが、ゆで太郎があればそれで満足。

クリックすると拡大します

 BGMが鳴り響く閑散とした店内で食べ始めましたが、次から次へとお客さんが入ってきます。日本の原動力の原動力は朝そばから。
 朝そば(玉子)330円、ネギ多め、クーポン海老天
 かき揚げ、海老天、揚げたてはホクホクしていて美味しですね。思わず塩で頂きました。
 食べ終わったらもり汁に生卵を割り入れて、美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 山形冷やしラーメンを提供するお店として、2017/6/25にオープンした麺屋水@大森海岸(品川区南大井)
 その水ラーメンは先月で終了し、今月からしばらくは竹岡式ラーメンを提供すると知り、居ても立っても居られなくて訪問しました。
 ちなみに三軒茶屋の竹岡式ラーメン提供店は未食です。

クリックすると拡大します

 昼営業のみのラーメン屋さんで、店先の券売機で食券を購入します。
 メニューは乾麺と生麺(同額)のみで、トッピングや飲み物類は一切ありません。
 店内は手前が4人掛けテーブルが3卓、奥に2人掛け、左手側に厨房があり、厨房の手前にはお冷の整水機と無料サービスのライスが用意されています。

クリックすると拡大します

 一人で伺ったので、4人掛けテーブルにエキストラシートを用意して頂いてのお誕生日席、ありがとうございます。
 卓上には香り七味、メニューが1種類でも生麺と乾麺で半々のオーダー、オーダーが入ってから麺を茹でているので回転は良くありません。
 10分ほどして竹岡式らーめん(乾麺)680円、麺相は間違いなく竹岡式です。
 竹岡式はチャーシューの煮汁を薄めてスープにしていて、肉の甘みと旨味を感じられるのが特徴の一つですが、ちょっと違う感じです。

クリックすると拡大します

 まあ、この店に竹岡式ラーメンを食べたことのある人が訪問することは非常に少ないでしょうし、食べたことがあるのであれば、その点はとやかく言わないでしょう(私も「とやかく」は言わない)。
 生麺はストレート中細麺の形状ですが、乾麺は強縮れ中細麺であり、麺と麺が絡まっているほど縮れています。
 いずれも菅野製麺所ですけれど、茹で時間が短いのか、多加水なのかイマイチハッキリしませんが、スープとの絡みはあまりよくありません。
 チャーシューは箸で切れるほど柔らかく、メンマは業務用、板海苔一枚。

クリックすると拡大します

 地ラーメンを地以外で再現する場合、再現性を高めれば高めるほど、つまり美味しくしよう改善すればするほど、地との違いが大きくなってしまいます。
 しかしして都内のお客さんにウケるように美味しく仕上がってはいます。

クリックすると拡大します

 先代から自身の代へ、次世代へと味を繋いでいくことこそが地ラーメンです。インスパイアは集客前提ですので長くても数年、早ければ半年で味を変えていきます。
 スタンス、ポリシーの全く異なる料理ですので、比べることに何の意味もありません。相対的にではなく絶対的に評価しなければならないことと、頭では分かってはいるんですけどね。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 2016/11/24にオープンした麺屋Hiro@大森海岸(品川区南大井)、未確認ながら店主さんは独学とのこと。
 今時では滅多に見かけないフルオープンの広い間口、お客さんや店員さんが写ってしまうので、店先の撮影に気を使います。
 店先にメニューが掲げられているので、どれどれと眺めていたら、何人かのお客さんに先を越されてしまいました。

クリックすると拡大します

 メニューは中華そば、最近始まった辛まぜそば、辛みそ中華そば。
 トッピングだけがメニューに書かれていますが、店内には夜営業向けのつまみ料理が掛かれた別紙が貼り出されていました。
 食べるメニューを決めて暖簾をくぐると満席、、、「(店内右奥を指さして)こちらにお願いします」と案内されました。

クリックすると拡大します

 真っすぐのカウンター8席と袖に2席、卓上には黒胡椒、カレー粉、岩塩、ホワイトペッパー。
 店主さんにオーダーを告げると「大盛りが同額ですが?」と聞かれましたが、自粛しました。
 カウンター台には灰皿が用意され、食べ終わったお客さんが一服されています。なのでフルオープンなのかも。
 どちらかと言えば狭く、どちらかと言えば不衛生な店内、そんなことは意に介さない女性客などで賑わっています。

クリックすると拡大します

 少し待って中華そば650円
 豚骨としてゲンコツ、豚バラ、魚介として鰹節、煮干し、スープは今時珍しい(失礼!?)豚骨魚介のダブルスープ。
 醤油ダレが良く馴染んでいて、思わず出身店を聞きたくなるほど美味しいです。

クリックすると拡大します

 丸山製麺の平打細麺は気持ち硬めで、これがまたスープによく合いますし、気持ち短尺で食べやすいです。
 丼の半分ほどを覆う大きさのチャーシュー、多めの業務用メンマ、大きめの板海苔一枚。
 後会計の時に話しかけようとして思いましたが時計を見るとそうも言ってられない、後でネット検索してみよう(知りたいことは全く見つけられず)。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 昨日、材料切れ早じまいで振られたので、早めにリベンジ、、、できて良かったよ。
 中華そばかみ山@経堂(世田谷区経堂)、2017/9/13オープン、開店直後は昼営業のみでしたが、1週間ほどして(食材切れ終了ながら)夜営業が始まっています。
 店内に入ってみると、カウンター5席と2席がほぼ埋まっていて、さっと見回しても券売機が無いので、「済みません、済みません」と声を掛けて空いていた席に座ります。

クリックすると拡大します

 営業時間は11:30-15:00
17:00-終了までとなっていて、この「終了」が19時頃なのか22時頃なのかの目安くらいが書いてあると嬉しいです。
 基本的に日曜日が定休日ですが、連休があると変則的になり、店内に今月の定休日が貼り出されていました。
 月の下旬になったら来月のお休みを提示されてくれると、嬉しいです。

クリックすると拡大します

 メニューはタンメン、サンマーメン、肉ニラスタミナメン、ネギ盛り塩やきそば、肉あんかけチャーハン(梁山泊の同名メニューのオマージュ)など。
 屋号の「中華そば」は店主さんが思い入れのある店舗の屋号とのことで、メニューの事ではありません。
 聞けばお店の方向性として町中華を目指しているので、今後も中華そばを出すつもりは無いそうです。

クリックすると拡大します

 口頭注文して、目の前の壁を見ると「浅草開化楼特製麺」の木札と、日清製粉製の六厘舎TOKYO専用小麦粉「傾奇者」のPV袋が飾られています。
 とくれば、六厘舎か松富士の関係者、メニューからしてトナリ出身だろうと想像してしまいますね。
 実際には全く関係ありません。カラスさんも人が悪い、「自家製麺なのか」と勘違いする人がいるかも知れないじゃないですか。

クリックすると拡大します

 「近くの大学生が多く来店するだろう」とデフォで麺量を多めにしたそうですが、開店してみたらそうでも無く、麺少なめは50円引きとしています。
 卓上には酢、白胡麻、辣油。
 店内奥の厨房からカンカンと中華鍋で調理する音が消えたかと思うと、しばらくして提供されました。

クリックすると拡大します

 先ずはかみ山イチオシのサンマーメン750円、、この麺相でこの値段は何かが間違っていませんか。
 サンマーメンは熱々のモヤシ餡掛けを想像する人も多いかと思いますが、サンマーメン発祥の横浜に行けば、実に様々なサンマーメンがあります。
 そもそも、サンマーメン発祥店のひとつと言われている玉泉亭のサンマーメンは、モヤシ餡掛けでは無いし。

クリックすると拡大します

 こちらサンマーメンは、薄めにトロミを纏わせた野菜餡掛けラーメン。かなり熱々ですが火傷するほどではなく、美味しく頂けます。
 スープは丸鶏を中心に豚ガラ出汁も合わせた醤油味、激しく修業店が気になりますが、聞き損ないました(泣)
 みっちりした平打中太麺は間違いなく傾奇者、身震いするほど美味しい、「ひょっとした水道橋の?」と感じましたが、まさか、ねぇ。

クリックすると拡大します

 食べ終わった頃にはお客さんが掃けたので、しばしラーメン談義。
 疑問は半分くらい解消しましたが、それはつまり、半分くらいは解消していないということ。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181220456
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック