2018年03月05日

練馬で二軒

/ゆで太郎高輪店にて海老2種のかきあげそば、生卵/中華そば ます田@練馬にて中華そば/博多水炊きらーめん うかんむり@練馬にて博多水炊きラーメン/

クリックすると拡大します

 お昼はゆで太郎高輪店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎システムのゆで太郎では、季節に合わせた野菜などのかき揚げを季節ごとに切り替えて販売されています。
 あまりにも提供したい野菜が多すぎて、三ヶ月おきに切り替える中で前半後半に分けて提供されます。

クリックすると拡大します

 前半は海老2種のかきあげそば520円、クーポン生卵
 お蕎麦は冷たいもりそばと、温かいかけそばから選べますが、高輪店などの一部の店舗ではぶっかけもできます。
 かき揚げには海老(小エビと桜海老?)、長ネギ、玉ねぎ、人参などが入ったかき揚げ、美味しいなぁ。

クリックすると拡大します

 もちろん、美味しいのはかき揚げだけじゃなくて、お蕎麦ももり汁も安定のクオリティです。
 そっと添えられていたカイワレ、名わき役ですな。
 美味しくいただいて、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 会社を出るときに雨が降っていたのですが、だからと言って立ち寄ろうと決めたお店を変えられるほど器用ではありません。
 都営大江戸線練馬駅A2出口近く、2018/3/3オープンの中華そば ます田@練馬(練馬区練馬1-2-2)
 店先でお客さんのお見送りされているのは、何とはやし田@新宿三丁目の店長さん。
 ます田の店主さんと10年以上も前からの友達で、応援に駆け付けたそうです。

クリックすると拡大します

 店主さんは笹塚にイタリアンを構えていて、ラーメン自体は独学だそうです。
 挨拶もそこそこに店内へ、すぐ右手の券売機を見ると中華そば、つけ麺、煮干しそば(近日発売)。
 トッピングはチャーシュー、味玉、メンマ。炊き込みご飯、ビール。
 右側半分のカミングスーンが、非常に気になりますね。

クリックすると拡大します

 店内は左手の厨房に面したカウンターが5席と3席、右手の壁向きカウンターが4席、奥に4人掛けテーブルが用意されています。
 卓上に調味料は用意されていませんが、ブラックペッパーと酢は用意があるそうです。
 しかしまあ、はやし田の二号店と言われたら盲信してしまうほど酷似したファサード、店内レイアウトです。
 店員さんは(はやし田からの応援を除くと)男性4人に女性1人、決して広くない店内には多すぎる印象です。

クリックすると拡大します

 程なくして中華そば750円
 淡麗鶏醤油にレアチャーシューの麺相、最近の新店の半分はこの麺相ではないでしょうか。
 複雑な旨味が絡み合った丸鶏ダシをベースに、羅臼昆布ダシをたっぷりと効かせてあり、とても美味しいスープです。
 合わせている醤油ダレがさらに味わいを深くしていて、開店三日目でこの味わいには驚きます。

クリックすると拡大します

 菅野製麺所の全粒粉仕様細麺、美味しく茹で上がっていますが、スープとの相性はこれから合わせる感じです。
 レアチャーシューはスープに浸かってみるみるうちに色が変わっていきます。
 この手のラーメンならばメンマは穂先きで決まりですが、敢えて材木、材木メンマのコリコリ感がいい感じです。

クリックすると拡大します

 白ねぎにカイワレ大根の眩いばかりの白が、スープの色に映えます。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 店員さんにご挨拶させていただき、お店を後にしました。

クリックすると拡大します

 雨は上がったので、そのまま練馬駅を離れる方向に5分ほど歩くと辺りが真っ暗な立地、通りがかりではなく目指して行かなければならない。
 博多水炊きらーめん うかんむり@練馬(練馬区豊玉北)、2016/4/1オープンなのに今頃になっての訪問です。
 麺屋すみす@青山を立ち上げた店主が独立、2016年TRY新人賞鶏白湯部門3位。

クリックすると拡大します

 店先にも写真付きでメニューを説明されていますが、いったん入って券売機に向かって再び確認します。
 メニューは博多水炊きらーめん、鶏つけそば、鶏まぜそば、汁なし担々麺。「水炊きらーめん」を標榜しているのに、セカンドが汁なし担々麺にはちょっとびっくりしました。
 ご飯ものには炙り笹身と山椒の丼、などと他店では見かけないものが何種類か。
 飲み物はハートランドのみ、おつまみは鶏わさ、鶏ハム、とか。

クリックすると拡大します

 土地の形の関係からか、三角形の上の部分を切り取ったような店内で、ゆったりしてはいますが落ち着きません。
 奥の厨房入口をU字に囲むカウンター、窓側が4席、手前側が3席、開いているスペースに2人掛けテーブルが2卓。
 オーダーしたと思われるテーブルとイスなどの調度品、五年、十年と使い込むといい色合いになるんだろうな。
 卓上に調味料は用意されていません。

クリックすると拡大します

 程なくして博多水炊きラーメン750円、スーッと鶏が香ってきて、うっとり。
 油や塩味を殆ど感じずに鶏の旨味だけを感じる美味しいスープは、鶏白湯とは全く異なる、博多水炊きの製法を基に作られています。
 鶏白湯では自身の目指す味が表現できないから、研究して博多水炊きの製法でスープを炊き出しているのに、ざっくり鶏白湯で第三位、って括られちゃってチョッピリ悲しい。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の細麺、茹で湯の関係だろうか、麺の噛み応えにばらつきを感じます。
 低温調理の鶏むね肉、塩焼きの鶏モモ肉、ゆず胡椒つくね、と三種の鶏料理をトッピング。
 細切りきくらげ、青ネギ、白ネギ。

クリックすると拡大します

 後半になって味を変えて楽しみたいけど、調味料は用意されていないし、と食べていると。
 スープが殆ど残っていないことに気が付きました、味変の必要はないんだ。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182600691
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック