2018年03月06日

焼きそば復活

/名代後楽そば五反田店にて焼きそば/元祖ニュータンタンメン本舗(イソゲン)五反田店にてみそラーメン(大辛)/龍ラーメン@相武台前にて胡麻味噌麺/

クリックすると拡大します

 朝昼は、有楽町駅ガード下から五反田駅ガード下に3/3に移転オープンした名代後楽そば五反田店へ。
 開店日をウォッチし損なって、開店日から既に三日も過ぎて訪問の情弱の私、恥ずかしい限りです。
 しかしして、有楽町店は一回だけ、歌舞伎町店は数回、とあまり思い入れのないことも事実。
 BGMはニッポン放送、もちろんそれは有楽町時代からの継承。

クリックすると拡大します

 メニューはどちらかというと歌舞伎町店を踏襲しており、焼きそば、そば、うどん、カレー、カツ丼。
 券売機の空白はラーメンのために空けてあると信じています。
 トッピングやセット物が多く、その日の気分ややる気で色々と選べそうです。
 これまで五反田での朝食はおにやんま一択でしたが、これからは1.5択くらいになったかな(当人比

クリックすると拡大します

 ちなみに券売機は店内にもあるので、寒い日や暑い日や雨の日には助かりますね。
 店内は立ち食いスペースのみで、卓上の照明の数から18人程度。
 大理石似のテーブルには薬味ネギ、七味唐辛子、ソース。

クリックすると拡大します

 食券を渡すと30秒もしないうちに焼きそば400円。後楽そばと言えば、先ずは焼きそばでしょう。
 うどんより太い自社製麺を大きな鉄板でモヤシとキャベツと一緒に炒め上げていて、むっちむちな食感、脳髄にどんと響く美味しさ。
 個人的にはもっと欲しい紅生姜、個人的には掛け放題が望ましい青海苔、どちらも叶いませんが、だからと言って後楽そばに来ない理由にはなりません。

クリックすると拡大します

 まだまだ「おっ、こんなところに立ち食いそば屋が開店したよ」なお客さんが多いのですが。
 有楽町店と同じ店員さんが働いているので「有楽町では良く食べたよ」と声を掛けているお客さんも多いです。
 美味しくいただいてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 お昼は元祖ニュータンタンメン本舗(イソゲン)五反田店@五反田(品川区東五反田)
 これまでイソゲンでは、全店訪問する過程でメニューの味や盛り付けを比較するため、タンタンメンしか食べていませんでした(しかもメチャ辛で)。
 実際には、全店訪問まで10年以上掛かってしまったので、比較は出来ませんでしたが。

クリックすると拡大します

 全店訪問したので、今度は深掘り。
 本来なら、焼肉を提供している店で掘るべきですが、一旦は五反田店で掘ろうかと。
 今月から夜の営業時間が24時(金曜日は25時、土祝は22時)までに延長され、本来のイソゲンらしくなってきました。
 まあ、田舎者なので、そんな時間に食べに来ることは考えられませんけど。

クリックすると拡大します

 外待ちこそ出来ませんが店内はほぼ満席、ホールの女性店員さんは2人いますが調理は店長さん1人。
 待たされるのかなぁ、って腰を据えていると、5分で提供されたみそラーメン(大辛)830円
 みそラーメンは辛さが大辛までは指定できることを知りました。

クリックすると拡大します

 豚骨の清湯スープで野菜(キャベツ、ニラ、キクラゲ、ニンジン、タマネギ、モヤシ)と挽肉を煮込んでいます。
 辛み付けは一味唐辛子、豚骨出汁と野菜の旨味を引き上げる程よい辛さ、美味しいなぁ。
 麺はタンタンメンと同じ角太麺、麺が長いんだよなぁ、ちょっと食べにくい、美味しいけど。

クリックすると拡大します

 そのまま食べ切るつもりでしたが、目の前の壁に貼ってある「従業員お勧めの食べ方」が、目に焼き付いてしまって。
 思わず追加注文したライス、煮込み野菜を乗せて美味しくいただきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 夜は龍ラーメン@相武台前(座間市相武台)へ、10年くらい前からやっているラーメン店ですが、何となく行きそびれていました。
 ちょっと分かりにくい立地ではありますが、入ってみると先客5人、全員カウンター。
 ちょっと窮屈にはなりますが、カウンター席に座ろうとすると「テーブルでも大丈夫です」と案内してくださいました。

クリックすると拡大します

 店内はカウンター9席、4人掛けテーブルが2卓、3人卓テーブルが1卓。
 メニューを開くと中華料理店並みの多種類、口頭注文後会計。
 ラーメンは胡麻味噌、味噌、胡麻醤油、醤油、とんこつ、つけめん、タンメンなど。
 ご飯ものはチャーハン、一品料理は回鍋肉、ニラレバ炒めなど

クリックすると拡大します

 メニューが多いとオシやウリが分からないので良くない店との評価を受ける時代もありました。
 腕のいい料理人なら何十種類でも美味しく作るし、腕が悪ければ1種類でも美味しくないので、なんとも。
 ということで、青島ビール400円で、今夜は相武台で一人お疲れ様会。

クリックすると拡大します

 卓上には醤油、辣油、酢、一味唐辛子、白胡椒、フライドガーリック。
 少し待って焼餃子280円。
 餃子は皮が厚い小籠包、酢醤油ではなく辛子で食べたいけど、用意されているのかな。

クリックすると拡大します

 少し待って胡麻味噌麺620円
 「胡麻味噌」というフレーズに馴染みが無かったので、ふつうのラーメンが普通に出てくると、かえって不思議です。
 豚ガラ、鶏ガラ、香味野菜、のスープでモヤシなどの野菜を煮込んでいて、普段使いにぴったりの味わいです。

クリックすると拡大します

 製麺所不明ながら美味しくいただける縮れ平打太麺、イイじゃないですか。
 トッピングはチャーシュー、メンマ、肉味噌。
 いったんノーゲスになった店内は、外国人で満席になって、日本語が場違いな店内になりました。

クリックすると拡大します

 伝票はありませんが、店主さんがメニューを覚えているらしく、そのままレジに行って会計しました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 終電以降も営業されているようですけど、そんな時間にここにはいないだろ。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
まぜタン試されたんですね!
今日は仕事帰り等々力で食べます。
Posted by アズ at 2018年03月07日 06:48
> 終電以降も営業されているようですけど、そんな時間にここにはいないだろ。

お客が来ないのなら早く帰って寝たいですよね。
ところで、ふらわさんの地元の桂林は何時まで営業されているのですか?
Posted by tomoco at 2018年03月07日 21:23
アズさん

 まぜタンの記事はこちら。
 http://likearamen.xii.jp/article/182292725.html

 等々力店、行かねば。
Posted by ふらわ at 2018年03月08日 08:54
tomocoさん

> お客が来ないのなら早く帰って寝たいですよね。

 あー、店員さんの話しでは無く、自分の話です。

> ところで、ふらわさんの地元の桂林は何時まで営業されているのですか?

 知らないんですよね、今度行ったら、聞いておきます。
Posted by ふらわ at 2018年03月08日 08:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182601921
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック