2018年04月09日

駒込で二軒

/ゆで太郎代々木東口店にて野菜たっぷり中華そば、生卵/麺処きなり@駒込にて濃口醤油そば/担々麺  辣椒漢(らしょうはん)駒込店にて正宗担担麺/

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 今週も月曜日の朝からお蕎麦を、沢山の種類があるから何にするかが毎朝楽しみです。
 店内に入ったら個人的指定席(写真撮影に最適な席)に先客がいたので、泣く泣く違う席に鞄を置いて、券売機へ。

クリックすると拡大します

 野菜たっぷり中華そば540円、クーポン生卵
 この野菜たっぷりな中華そばに、天かす、紅生姜を乗せられ、そして生卵をトッピングできる幸せ。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は駒込駅東口を出て、徒歩5分程度の麺処きなり@駒込(北区西ヶ原)へ。
 2015/6/16オープン、今月27日で閉店し、来月に東中野で移転オープンの予定です。
 つい行きそびれること三年、、、やっと訪問できました。

クリックすると拡大します

 店内は非常に狭く、券売機と店内待合席は店内奥にあるので「すみません、スミマセン、済みません」と声を掛けないとなりません。
 それがダメとかイイとか、そう言う話ではなく。この店はそう言う店なので、そのつもりで、と言う意味。
 個人的には、ワンオペならばこの位の狭さがちょうど良いと思います。
 メニューは醤油、塩、つけ麺。つけ麺は売り切れではなく仕込んでいないようです。

クリックすると拡大します

 空いていれば二杯もアリでしたが、店内カウンター6席が満席、後客6人では、並び直さないとなりません。
 店主さんはお馴染みさんとお喋りしっぱなし。手は止めていませんが、手が止まっていても「和やか雰囲気」なので気になりません。
 私語で30分、1時間を待たされるならともかく、5分、10分なら外待ちしたのと変わらないですからね。
 卓上にはブラックペッパー(あらびき)、七味唐辛子。

クリックすると拡大します

 少し待って濃口醤油そば780円
 鶏ガラ出汁に香味野菜だけと思われる清湯スープ、醤油の旨味はしっかり主張しながらもスープの味を邪魔しない濃口醤油ダレ。
 うーん、独立して3年も経てば、修業先の味からかけ離れても不思議はないですね。
 開店当初の味が分からないけど、すっかり「きなりの味」になっているのでしょう。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の長尺細麺、長尺麺を切立丼に押し込めている感じで、手先が不器用な自分には手繰りにくい。
 美味しい麺を次々と手繰りたいのに手繰れないのが、もどかしい。
 トッピングは豚肩ロースのレアチャーシュー、鶏モモ肉チャーシュー、茹でほうれん草、三つ葉、板海苔、小切した穂先メンマ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は担々麺  辣椒漢(らしょうはん)駒込店@駒込(豊島区駒込)公式ブログ)へ、小川町の本店に続いて2015/5/15にオープンされました。
 本店の方は通い詰めて顔を覚えてもらえるようになりましたが、もう随分行っていないので忘れられているでしょう。
 先月号のDancyuに掲載されたので、久し振りに食べてみたくなって、の訪問です。
 店内に入り、右手奥の券売機で食券を買います。

クリックすると拡大します

 メニューは担々麺がメインで正宗(汁無し)が3種類、日式(汁有り)が6種類、醤油ラーメン。
 日本では一般的な担々麺を「担担麺」「汁有り担担麺」と呼び、本場中国の汁のない担担麺を「汁無し担担麺」と呼んでいます。
 一方、中国では自国の担担麺を「担担麺」「正宗担担麺」と呼び、日本の汁有り担担麺を「日式担担麺」と呼んでいます。

クリックすると拡大します

 あくまでも「そう呼ぶことが多い」だけであり、お店のこだわりで「担々麺」「坦々麺」と呼ばれることもあります。
 トッピングは味玉、パクチー、ネギなど。辛さ、痺れは調整可能です。
 ライスに、ご飯物、ビール。

クリックすると拡大します

 厨房を囲むL字カウンター6席と4席、男性店長さんと、女性店員さん2人。
 卓上には粒花椒、粒胡椒。
 お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして正宗担担麺850円
 茹で上げた麺に芝麻醤、特製ダレを掛け、肉味噌、カイワレ大根をトッピングし、万ネギを散らした「本格的な担担麺」です。
 全体的によく混ぜてから頂くと、ふんわりと辣油の香りが漂い、程よい辛さをまとった美味しさ。

クリックすると拡大します

 羽田製麺の短尺平打中太麺、タレの味わいに勝つことも負けることもせず、良く馴染んでとても美味しく頂けます。
 先ずは基本の味を楽しんだら、途中から卓上の粒花椒、粒胡椒をミルで適量砕いて、麺に掛けます。
 また違った香り、違った辛さが楽しめます。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
> この野菜たっぷりな中華そばに、天かす、紅生姜を乗せられ、そして生卵をトッピングできる幸せ。

ある意味、本来の味がわからなくなってもラーメン(中華そば)を通して無料の天かす、紅生姜を乗せられたらそれで良し、なんだろうな。
Posted by tomoco at 2018年04月11日 22:33
tomocoさん

 本来の味が分からなくなってしまうと分かっていても止められない無料トッピング。
 設定は大事にしないと、ね。
Posted by ふらわ at 2018年04月13日 23:19
>設定は大事にしないと、ね

乞食って設定、性根が腐ってるって設定、育ちが悪いって設定、発達って設定も大事にされていて尊敬します。
Posted by tocomo at 2018年04月14日 08:11
tocomo さん

 色々な設定があって、時々忘れちゃいます。
Posted by ふらわ at 2018年04月15日 00:28
2018年04月14日 08:11のコメントは別人ですね。
メールアドレスいつもと一緒でした?
Posted by tomoco at 2018年04月15日 13:34
tomocoさん

 「tocomo」さんですから、別人だと思っています。
 メアドは違いますよ。
Posted by ふらわ at 2018年04月16日 00:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182939597
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック