2018年04月15日

小雨の中で

/食ぱん道鶴巻南店/横浜家系ラーメン藤之家@秦野市にて辛つけ麺、醤油豚骨チャーシュー/井乃家@平塚市河内にてトンコツ塩ラーメン(並)/

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 先週に引き続き、今日も食ぱん道鶴巻南店ホームページ)へ。
 今日もぷれーんとっぷ(山食)とれーずんを、さすがに三回目、「れーずんはそのまま、ぷれーんは六つ切りに」でお願いしました。
 一緒に買ったブルーベリージャムを乗せて、美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 少し間が空いてしまった横浜家系ラーメン藤之家@秦野市、数えたら6回目、つまりに2ヶ月に1度は訪問しています。
 お店の経緯をおさらいしておくと、この地に飲食店としてスタートしたのは山田うどん、10年以上の長い期間の後で秦野食堂へ。
 その後、麻生製麺の直営店として、らーめん屋さとう@秦野市(2015/2/18-2017/2/19)へ。メニューを2016/2と2017/1の2度、大幅にリニューアルしています(1回目のリニューアル時に店長交代)。
 2017/3/1に横浜家系ラーメン藤之家@秦野市として再スタート、そして今月、新しい店長に代わりました。

クリックすると拡大します

 今回の店長交代では店名もメニューも変更無し、濃厚豚骨スープの「横浜家系ラーメン」を提供されています。
 温麺として醤油豚骨、塩豚骨、味噌、辛味噌、ハバネロ辛味噌、和風中華そば。つけ麺として魚介つけ麺、辛つけ麺。
 デフォ増しのトッピング以外はキャベもや、サイドメニューは餃子、飲み物はコーラ、ジュースとアルコールは用意されていません。
 麺類を注文すればライスは食べ放題となります。

クリックすると拡大します

 日曜日の昼時は満席、ちょうど奥のテーブル席が空いたので入れ替わりに座りましたが、私達より後のお客さんは店内待ちをされていました。
 食券を渡すと家系お好みを聞かれます。
 卓上には豆板醤、おろしニンニク、針生姜、一味唐からし、白ゴマ、醤油、酢、辣油、拉麺胡椒。

クリックすると拡大します

 満席なので少し時間がかって先に餃子5個350円。
 一般的に餃子のタレは酢、醤油、辣油を自身でブレンドしますが、私は焼餃子の場合、辣油と醤油だけでタレとしています。
 厚めの皮がカリッと焼き上げられていて、餡は挽肉中心、女房と山分けして食べているウチにラーメンが出来上がってきます。

クリックすると拡大します

 程なくして辛つけ麺820円、半熟玉子100円。麺は冷たいのと暖かいのが選べますので、冷たいので。
 他では見かけないつや消しブラックの麺皿に麻生製麺の短尺平打太麺が盛り付けられ、チャーシュー、メンマが乗せられています。
 つけ汁は鶏ガラを多めに、豚ガラを支えにブレンドされたスープをつけ汁とし、魚粉と柚子皮があしらわれています。

クリックすると拡大します

 麺をつけ汁にくぐらせて食べてみれば、鶏ガラ、豚ガラダシの旨味と、唐辛子やハバネロ由縁の辛味がベストマッチ、旨いなぁ。
 時々魚介の旨味も感じられ、柚子が香しいです。
 つけ麺ですと味変の楽しみはありませんが、つけ汁の温度が落ちて変化する楽しみがありますね。

クリックすると拡大します

 一緒に配膳された醤油豚骨チャーシュー950円、半熟玉子100円
 大ぶりの豚バラチャーシューが4枚乗った肉好き向けのメニューで、鶏ガラ豚ガラスープに浸して食べるとこれまた美味しい。
 麺はつけ麺と同じですが、スープに負けることも勝つこともなく、良い感じで食べられます。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 帰り際に厨房で麺上げされている新店長さんにご挨拶して、お店を後にしました。
 駐車場の満車は続いているので、急いでクルマを出しました。

クリックすると拡大します

 夜は井乃家@平塚市河内へ、矢口家@平塚市で修業された店主さんが2016/12/26にオープンされました。
 営業時間は11時から14時、17時から23時と開店当初から変わっていませんが、定休日は火曜日に決めた様です。
 店内に入ると先客一人、後客なし、響き渡るBGMはFM横浜。

クリックすると拡大します

 右手の券売機で食券を買います。
 メニューは醤油味と塩味のラーメンのみ、トッピングは味玉、のり、ねぎ、辛ネギ、チャーシュー。
 ライスと丼物(ブタ辛ネギライス、ネギチャーシューライス、しょうがごはん)、缶ビールも用意されています。

クリックすると拡大します

 大盛り無料とかライス無料とか一切ありませんので、「コスパは良くない」と思う人もいそうですね。
 Lカウンター11席、待合席4席は、開店当時と変わっていません。
 卓上にはおろしニンニク、豆板醤、針生姜、酢。きゅうりの漬物、ブラックペッパー。

クリックすると拡大します

 程なくしてトンコツ塩ラーメン(並)650円、ねぎは先入れですね。
 一口飲んでみると、開店当初に感じた枯れた味わいのままの豚骨スープに、焼きスルメと利尻昆布のダシをブレンド、美味しいデスなぁ。
 塩ダレには沖縄天日塩シママース使用が使われていて、塩味よりも甘味を感じます。

クリックすると拡大します

 丸山製麺の短尺平打太麺はしっかりと柔らめに仕上がっていて、とても美味しく、スープとも良く合っています。
 トッピングのチャーシューは炙りチャーシュー、他は茹でほうれん草、板海苔三枚。
 炙りチャーシューをスープに浸して食べると、とっても美味しい。

クリックすると拡大します

 麺が三分の一ほどになったら味変、今夜は針生姜、おろしニンニク、おろしニンニク。
 特にニンニクが良くて、気が付いたらスープを飲み干しそうでした。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182987990
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック