2018年04月30日

地元にて

/あかつきラーメン東海大店にて醤油らーめん/ざ・らーめんにしたに@平塚市根板間にて塩冷やし、味噌ラーメン/

クリックすると拡大します

 お休みの朝は朝寝坊、たっぷりと寝ました。
 起きたらバイクを飛ばして食パンを買ってきます。
 今日は下の子も一緒に朝食、小さいながらも明るい我が家。

クリックすると拡大します

 さて、小田急線の新店を訪問しておくかと駅に向かうも、電車が動いていない。
 線路脇の土砂陥没で4時間くらい止るみたいで、それじゃあ仕方ないからと再びバイクに乗って、再訪を機会を狙っていたあかつきラーメン東海大店へ。
 GWの昼下がり、アイドルタイムに差し掛かろうとする時間なのに、お客さんがひっきりなしに出入りしてます。

クリックすると拡大します

 店内に入り、右手の券売機で食券を買います。
 札幌ラーメン、しお野菜らーめんがメニュー落ちし、タンメン(味噌・塩)がメニューインしましたが売り切れ表示。
 餃子が売り切れ表示以外はのトッピング、サイドメニューは変わっていませんでした。
 食券を買って、空いている席に着きます。

クリックすると拡大します

 今日は店主さんではなく、女性店員さんが二人、ラーメンの調理や接客に問題はないようです。
 卓上には豆板醤、醤油、酢、辣油、白胡椒、七味唐辛子、おろしニンニク、一味唐辛子。
 お冷を飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待って醤油らーめん550円
 ラーメンにブレは付き物ですが、スープを飲んでみると何かを入れ忘れたかのような中途半端な味で、これはちょっとキツイなぁ。
 油は浮いているけど温度も低く、こんなこともあるんだ、から二歩くらい外側です。

クリックすると拡大します

 麺は前回と同じとは到底思えないほどゆで過ぎ、それでも何とか食べられる程度です。
 トッピングは分厚いチャーシュー、半身味玉、わかめ、業務用メンマ、板海苔一枚。
 途中で豆板醤を入れてみましたが、せき込むほど辛く、失敗。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は女房と共に、正月の開店直後に行ったきりのざ・らーめんにしたに@平塚市根板間へ再訪しました。
 計らずも夜営業開始時刻に到着し、いったん駐車場にクルマを停めて戻ってくるも、シャッターが閉まったまま。
 明かりがついていたので少し待っていると、慌てててシャッターを上げて下さいました。

クリックすると拡大します

 券売機を見ると正油、塩、続いて味噌。そのまま視線を右に流すと手書きメニューが挟まれたボタンがっ
 すかさずポチリ、足を進めて店内へ、全体の様子は開店直後と変わっていません。
 卓上には緑のタバスコが増えていますが、いったい何に使うのでしょうか。

クリックすると拡大します

 程なくして塩冷やし850円。聞けば先週から始めたそうです。
 何気に今年初めの冷やしですがこの食感は初めてで、鶏ガラベースにゲンコツもブレンドしていて、濃厚ながら後味すっきりな冷しとは思えないとろみ。
 冷水で締めてある麺の温度と合わせてあるのか、スープ自体は冷やし過ぎておらず、とても食べ易く、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 中細麺は他メニューと共通でしょうか、とろりとしたスープの滑りに寄り添っています。
 トッピングは鶏むね肉チャーシュー、トマト、メンマ、万ねぎ。
 トマトの使い方が秀逸ですねぇ、焦がしネギの香りが堪りません。

クリックすると拡大します

 女房は味噌ラーメン800円
 豚骨、鶏ガラスープがかなり美味しくなっていて、ゲンコツなどを程よく加えているのでしょうか。
 味噌ダレは豆味噌、米味噌、麦味噌をブレンドした濃いめの仕上げで、スープの味の向上に追いついています。
 中細麺は他メニューと共通でしょうか、清湯スープにも好相性です。

クリックすると拡大します

 開店して4ヶ月、きっちりとギアを合わせてきたということでしょう。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 帰り際に一言二言ご挨拶して、お店を後にしました。
posted by ふらわ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183121339
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック