2018年05月06日

箱根の新店

/麺398-1@宮ノ下(足柄下郡箱根町宮ノ下398-1)にて塩麺、醤油麺/箱根登山鉄道/

クリックすると拡大します

 腰の状態は万全では無いけど、今日を逃すと訪問が来週になってしまうので、出掛けることにしました。
 もちろん、明日からの仕事に差し支えるような方向だったら、途中からでも引き返す意気込みです。
 体調万全ならバイクで快晴を切り裂いて走っていくところですが、そういうわけにはいかず。

クリックすると拡大します

 行き方としては、箱根湯本まで電車で行って、箱根登山鉄道で向かうのが王道ですが、グーグルマップで調べると、小田原駅からバスで行けと。
 バスだったら座れるから、と、小田原駅で降りてバス停に向かうと、ちょうどバスが来ています。
 ラッキーと乗ろうとするも満席、、時刻表を見ると次の便は一時間後、、乗るしか無いか。
 人生の勝ち組の方々には曜日も祝日も関係ないはずなのに、何故にGW最終日のバスを貸切状態にするほどの観光をするんだろうか。

クリックすると拡大します

 宮ノ下と宮ノ下温泉のバス停のちょうど真ん中に、麺398-1@宮ノ下(足柄下郡箱根町宮ノ下398-1)
 5/1プレオープン、5/10グランドオープン。小田原にある彩酒亭洞プロデュース。
 店舗の両側に立ててある白旗が営業中の証、これは彩酒亭洞と同じです。

クリックすると拡大します

 事務所跡を全面的に改造してラーメン屋へ仕上げたそうです。
 店先には大きな一枚杉の看板が横たえてあります。
 一歩下げたファサードがお店へ入りやすくしています。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むL字カウンター4席と5席のみ、店員さんとお客さんの距離がとても近くてゆっくり出来そうです。
 店長さんに、かくかくしかじかで店主さんと知り合いでして、云々と説明が面倒くさいなと思っていたら。
 「ふらわさーん、ようこそ、いらっしゃいませ」と声が聞こえてきて、おっ、今日はいるんだ。

クリックすると拡大します

 店主さんと四方山話をしながら、先ずはビール680円。
 ビールに箱根の画がはいっていて、観光地気分になりますね。
 卓上にはブラックペッパーが用意されています。
 自然光がたっぷり入っているし、LED電灯を使っているので、室内灯の笠に本物の笠を使ってあって、良い感じです。

クリックすると拡大します

 メニューはラーメンとして塩麺880円、醤油麺880円。
 ご飯物はローストビーフ飯580円、釜あげシラス飯580円、炙りチャーシュー飯580円。
 飲み物はビール680円、コーラ300円、ウーロン茶300円、オレンジジュース300円。
 地酒880円、ハイボール480円、焼酎480円。

クリックすると拡大します

 先ずは塩麺880円
 さて、鶏ガラのみを丁寧に炊き出し、香味野菜で臭みを消した純鶏スープ、鰹節出汁を隠し味的に加えてあり、やり過ぎ感のない、親しみやすい味わい。
 その気になればもっと旨味を強くできるし、今風の味のブレンドも出来ます。
 しかしして、箱根に何年かぶりに遊びに来て、何年かぶりに再訪したお客さんに「あの頃と変わっていない美味しい味」として楽しんでもらいたい、を優先された味の調整。素晴らしい。

クリックすると拡大します

 やや縮れた中細麺は製麺所非公開とのこと、とは言え県西地域には製麺所はそう多くないので、ラーメン好きには食べたら分かるでしょう。マルキ
 トッピングとしてスープとの馴染み良さを考えて蒸し鶏、斜め切りした白ネギ、季節の野菜として今回は春菊。
 春菊は苦味が強い印象がありますが、それは昔の話で、契約農家から仕入れた春菊は程よい苦味にスープをよく吸って、とても美味しい。
 白胡麻と白胡椒がさっと振られ、仕上げにさっとオリーブオイルが回しかけられています。

クリックすると拡大します

 次に醤油麺880円
 塩味は鶏ガラスープの味がとても美味しかったけど、醤油味はさらに味が引き立っていて、個人的には醤油の方が好み。
 塩が塩っぽさを前面に出してきていないように、醤油も醤油ゝゝしていなくて、同じように親しみやすい味わい。

クリックすると拡大します

 麺とトッピングは塩と同じですので、タレだけが違うメニューですね。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 紫陽花の季節になったら、撮影がてら、立ち寄ってみますか。

クリックすると拡大します

 帰りは電車で帰るかと、箱根登山鉄道宮ノ下駅から乗車します。
 PASMOのタッチパネルが設置されているので、ピッとやったら、自宅最寄り駅で下車するまでノータッチです。
 下り電車も満席、立つスペースの確保も厳しいほど。

クリックすると拡大します

 途中の景色は楽しむのも大変なほど混んでいましたが、タイミングを見て、写真をパチリ。
 車内では、箱根登山鉄道がどの位大変なのかの車内放送がありますが、誰も聞いていない感じ。
 二度のスイッチバックを経て、箱根湯本駅へ。

クリックすると拡大します

 ロマンスカーが発車待ちしているけど、もちろん私は各駅停車で帰ります。
 ここで6両編成になるので、さすがに座れて、座ってしまったらぐっすりと寝てしまって。
 これにて今年にGWはお終いです。
posted by ふらわ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183170569
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック