2018年05月31日

冷やし中華考

/そば新蒲田西口店@蒲田にて冷し中華/札幌ラーメン八雲@高座渋谷にて八雲の冷やし中華、塩ラーメン/

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 お昼はそば新蒲田西口店@蒲田(大田区西蒲田)、経営母体はちよだ鮨(公式ホームページ)傘下のフジフード商事。
 「そば新」として蒲田西口店、【閉店】京急蒲田店、自由が丘店、【閉店】新宿小滝橋通り店、新富町店、御茶ノ水店、天亀そばとして西川口店、【閉店】荻窪店、神田店、【閉店】御茶ノ水庵として展開されています。
 こちらの店舗は24時間営業、煮干しラーメンを販売されていますが、全店舗ではないようです。

クリックすると拡大します

 店内に入ってすぐ右手の券売機で食券を買います。
 メニューは温かいそば・うどん、石臼挽きそば、冷たいそば・うどん、セットもの、丼物、醤油らーめん。
 朝食サービスセット、納豆サービス定食は6時から11時までの販売となります。

クリックすると拡大します

 買った食券を厨房に面した受付に置き、振り返って座る席を探します。
 店内は左手壁に向いたカウンター、手前に3席、整水器を挟んで奥に7席。
 卓上には七味唐辛子、白胡麻、ホワイトペッパー。

クリックすると拡大します

 少し待って冷し中華480円
 季節限定で冷やし中華と冷やしみぞれが始まりました。
 蕎麦屋のラーメン、ならぬ、冷やし中華、トッピングはメンマ、細切りキュウリ、錦糸玉子、カニかま、紅生姜、全体に白胡麻が振られ、辛子が添えられています。

クリックすると拡大します

 酸味をきかせた和風醤油汁に中細麺を浸してあり、まだまだ暑いとまではいきませんが、先に冷たい料理を食べると嬉しいですね。
 途中から添えられた辛子を少しずつ溶かして頂くと、くっとした辛味が効いて、とても美味しいです。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 自宅からも勤務地からも遠いので、営業時間内に伺うのは難しいかなと思っていましたが、ちゃんと考えてみるとなんてことありません。
 小田急江ノ島線高座渋谷駅から歩くこと5分、飲食店街から少し離れた「これから住宅街」になりそうな通り沿いにある、札幌ラーメン八雲@高座渋谷(大和市福田)公式ツイッター)。
 去年の9月開店以来の訪問、雑誌の切り抜き、賞のポスターなどが一切貼り出されていない店先、もちろん店内にも貼り出されていません。
 しっかりとしたひっそりさでラーメンを作り続けている空気感がとても心地よいです。

クリックすると拡大します

 夜8時過ぎ、店内に入ると先客1人、食べているときに後客2人。
 お好きな席をどうぞと勧められ、、、(本物のアイドルを間近で見たことがないので)本物のアイドルみたいに可愛くて、オジサンには視線を合わせるだけで犯罪なんじゃないだろうか。
 レジに近いカウンター席へ座り、決めてきたメニューを淀みなく口頭注文しました。
 食べ終わった時点の店内の状況や腹具合で、もう一杯食べるかどうかを考えることにします。

クリックすると拡大します

 開店当初からかなりメニューが増えましたので再掲します。
 ラーメンとして味噌ラーメン、塩ラーメン、醤油ラーメン、もつラーメン。トッピングはチャーシュー、海老ワンタン、バター、コーン、ネギ、メンマ、もやし、生おろしニンニク、辛味噌。
 ご飯物はライス並・大、サイドメニューはざんぎ、焼豚のみみ、八雲の揚げ麺。
 飲み物は黒烏龍茶など、生ビール、ハイボールなど。デザートもあります。

クリックすると拡大します

 卓上には酢、一味唐辛子、白胡椒。
 カウンター台には写真撮影の注意事項が書かれていますが、書かないと守れない(知らない)人がいることは悲しいことです。
 ネットにアップするとき等にはぼかすのかも知れないけど、何に使われるか分からない写真を見ず知らずの人に撮られるのは気持ち悪いですよね。
 自分が撮られることを考えれば容易く想像できそうですけど、写真を撮るのに夢中で想像する余裕が無いのかな。

クリックすると拡大します

 少し待って八雲の冷やし中華800円、本日5/31より夏季限定として発売が開始され、麺大盛り、麺大盛り2倍が無料サービスです。
 別皿(替え玉スタイル)なら盛り付けが変わらないのでお願いするところですが、冷やし中華で別皿は想像できないので、並盛りでお願いしました。
 小鉢で提供される醤油汁を自身で回し掛けるスタイル、未確認ですが中太の自家製麺は温麺とは変えている印象です。

クリックすると拡大します

 トッピングはオーソドックスで、細切りキュウリ、細切りハム、錦糸玉子、半身のゆで玉子、茹でもやし、紅生姜。紫蘇の上にはむき海老、カイワレ大根、プチトマト。
 温麺と同じように「冷やし中華(ラーメン)とはこうあるべき」の基本に忠実で、飛び道具や寝技を使っていることを全く感じさせない、ごく身近なに感じる冷やし中華。
 のに、練り辛子が添えられていないのが、面白いところ。
 肩に力を入れて構えず、美味しい、美味しいと食べられる美味しい冷やし中華です。

クリックすると拡大します

 食べ終わった頃、後客がいませんでしたので、塩ラーメン780円をお願いしました。
 店内に告知は一切ありませんが、5/31と6/1の二日間だけSNS限定価格の500円、これまでも醤油とか味噌もやったのかなぁ。
 最後の一滴まで熱い鶏ガラ主体の清湯スープ、昆布出汁、鰯や烏賊などの乾物の出汁をブレンドし、程々の旨味、そこそこの甘味、(猫舌に熱々なだけに)ゆっくりと味わえます。
 今のご時世なら高級食材や旨味たっぷりの調味料などは簡単に手に入るのに、よくこのポイントで味を止められるなあと、驚くばかりです。

クリックすると拡大します

 自家製の中太麺はやや固め仕上げですので、最後の一本までダレることなく美味しく味わえます。
 トッピングは噛み応えがしっかりとした肩ロースチャーシュー、小ぶりのチョークのように切りそろえられたメンマ、シャッキシャキのもやし、青ネギ、糸唐辛子。
 食材の説明に『静岡県の銘柄鶏である美味鳥(びみどり)』の説明がありますが、何に使われているのだろうか。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした、席を立ってレジでお会計。
 二度目の訪問ですので知ってはいましたが、厨房は曇りガラスで被われているので店主さんの顔は全く見えません。
 曇りガラス越しに「ご馳走さまでした」と挨拶することになり、店主さんからはくぐもった声で「ありがございました」と返事がありました。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
> カウンター台には写真撮影の注意事項が書かれていますが、書かないと守れない(知らない)人がいることは悲しいことです。
> ネットにアップするとき等にはぼかすのかも知れないけど、何に使われるか分からない写真を見ず知らずの人に撮られるのは気持ち悪いですよね。
> 自分が撮られることを考えれば容易く想像できそうですけど、写真を撮るのに夢中で想像する余裕が無いのかな。

ふらわさんが今まで公開してきた写真にどれだけ関係ない人や建物が晒されてきたか理解されていますか?
お店の方も本当はこんなこと書きたくないんですよ。
Posted by tomoco at 2018年06月03日 16:59
tomocoさん

> お店の方も本当はこんなこと書きたくないんですよ。

 そうでしょうね。

 tomocoさんは、どこかの飲食店でこのような張り紙を見かけたことはありますか?
 この店は他店とは異なり、敢えて貼り出す理由があります。
Posted by ふらわ at 2018年06月03日 21:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183413813
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック