2018年07月02日

希望が丘の新店

/ゆで太郎代々木東口店にてざる中華、なす天/せたが屋品川品達店にて塩らーめん/麺家 千晃 希望ヶ丘店@希望ヶ丘にてラーメン(並)、小カレー/

クリックすると拡大します

 早起きはお蕎麦のために、今朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 店先から商品ディスプレが撤去され、すっきりした印象、これからもよろしくお願いします。

クリックすると拡大します

 食券を買い、店員さんに渡して空いた席を探すも、お気に入りの席もテーブル席も空いていないので、店内中央の大テーブル席へ。
 簡易組み立てチェアから丸椅子に変わっていて、座り心地が格段にアップしました。
 こんな小さいことでウキウキしてしまう私、さて、出来上がりの声が掛かりました。

クリックすると拡大します

 ざる中華390円、なす天100円
 こうして朝からラーメンが食べられる幸せ、生活圏内にゆで太郎がある幸せ、そしてラーメンがとても美味しい幸せ。
 注文が入ってから揚げる茄子、美味しいですねぇ。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼はせたが屋品川品達店@品達ホームページ)へ。
 せたが屋は醤油ラーメンが基本、担々麺やペジポタもあるけど、塩ラーメンのために「ひるがお」と言う別ブランドをわざわざ用意しています。
 なのに、品達のせたが屋には塩ラーメンがあります。
 調べてみると、お台場、越谷、羽田空港などの施設内の店舗には塩味も用意されています。

クリックすると拡大します

 ならば、それはひるがおと同じ塩ラーメンなのか、それとも別なのか。
 昔食べた味と比べても、食材の構成や味付けが変わっている可能性が高いですね。
 間をおかずに食べてみないと分からないけど、そんなことをして「同じ」「違う」を確認されている人はいるだろうか。

クリックすると拡大します

 少し待って塩らーめん750円
 白湯と清湯の真ん中な濃度の鶏ガラスープ、後を引く美味しさ。
 ここ数年のトレンドは「さっぱり」「すっきり」ですが、いずれルネッサンスるのを待っているかのよう。
 確固たる自信を感じますねぇ。

クリックすると拡大します

 塩専用と思われる中細麺、スープと好相性でするりと食べられます。
 そこはかとなく小松菜が美味しく、全体を上手くまとめているように感じます。
 スルッと食べてご馳走さまでした。
 さて、同じだったか違ったかが気になる方はご自身でお確かめ下さい。

クリックすると拡大します

 仕事が遅くなってしまい、他の店にしようかと思いつつ、ダメ元で電話してみたら「まだやっていますよ」とのことで。
 ここのところ自身の記憶が曖昧になってきているのですが、おそらく初めて降りた相鉄線希望ヶ丘駅。
 駅北口を降りて左へ登り、厚木街道に突き当たったら右手の東に進むこと数分で、麺家 千晃 希望ヶ丘店@希望ヶ丘(横浜市旭区東希望が丘96-6)
 本日2018/7/2オープン、経営母体はアーバンテクノリサイクル株式会社、新横浜、三ツ境に続く3店舗目、上大井店は残念ながら閉店。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、海老澤店主さんが厨房にいて、元三ツ境店々長さんと途切れないお客さんに対応されています。
 券売機は三ツ境店と同じ、メニューもサイドメニュー以外は同じでラーメン(並)780円、塩ラーメン(並)780円、しびれまぜそば(並)780円。
 トッピングはほうれん草、のり(5枚)、味うずら(5個)、味キャベツ、白髪ネギ、自家製チャーシュー、スペシャルトッピング。
 サイドメニューはライス、小カレー。缶ビール。

クリックすると拡大します

 食券を買って空いている席に座って店員さんに渡すと、家系お好みに続いて「小ライスか小カレーがサービスになりますが」と勧められます。
 厨房に面したカウンター7席(1席は外されています)、4人掛けテーブルが1卓、計11席です。
 卓上には白胡麻、豆板醤、おろしニンニク、酢、ブラックペッパーが用意されています。
 ちょっと急ごしらえ感の残る厨房、あるべきものがなかったりしていますが、そこはそれ、千晃最強タッグで運用対処です。

クリックすると拡大します

 少し待ってラーメン(並)780円、家系お好みは麺柔らかめ。
 みじん切りされた薬味ネギを最後にトッピングするのが千晃流、全体によく馴染ませてからいただきます。
 キラキラと輝くライトブラウンの豚骨スープ、鶏ガラ出汁の甘味が全体の旨味を底上げして、とっても美味しい。

クリックすると拡大します

 長多屋製麺の中細麺は最後の一本まで熱々で美味しく、スープとは好相性でするすると食べられます。
 丼の半分を被う大ぶりのチャーシュー、板海苔三枚、茹でほうれん草、うずら。
 良い感じで仕上がっていますねぇ、今日開店とはとても思えません。

クリックすると拡大します

 小カレー200円(オープン記念サービス)
 小鉢に山盛りのご飯、溢れんばかりのカレー、辛さは程々でとても食べやすい。
 量が少ないけど福神漬けが嬉しい、福神漬けが有ると無いとではカレーの味が全く変わってしまいます。

クリックすると拡大します

 さて、残った麺を啜ろうと味変、いつもの豆板醤とおろしニンニクで。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 お客さんがひっきりなしでしたので、ひと言二言、店主さんにご挨拶して、お店を後にしました。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>ここ数年のトレンドは「さっぱり」「すっきり」ですが、いずれルネッサンスるのを待っているかのよう。

「ルネッサンスる」ってどんな意味ですか?

>さて、同じだったか違ったかが気になる方はご自身でお確かめ下さい。

違いが分かんなかったんですねw
Posted by 里佳子 at 2018年07月03日 14:16
里佳子さん

 コメントありがとうございます。

> 「ルネッサンスる」ってどんな意味ですか?

 分かんないんですねw

> 違いが分かんなかったんですねw

 そういう設定なので、大切にして下さいね。
Posted by ふらわ at 2018年07月04日 07:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183709794
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック