2018年07月07日

七夕は宗玄の会で

/らーめん桑嶋@下北沢にて魚鶏潮らぁ麺/坐唯杏にて宗玄を楽しむ会/

クリックすると拡大します

 1週間、お仕事お疲れ様でした>自分。
 土日で5日間の疲れを癒やして来週に備えて、を一生繰り返すわけですが、土日で寝ているだけでは疲れは癒やせません。
 さて、ラーメンでも食べにいきますか。

クリックすると拡大します

 小田急線を下北沢で途中下車し、地下三階から登って西口から改札をでます。
 少し歩いてらーめん桑嶋@下北沢(世田谷区代田)、2015/10以来、2回目の訪問になります。
 前回は平日だったこともあって外待ちはありませんでしたが、今日は土曜日、外待ち数人の繁盛ぶりです。

クリックすると拡大します

 来てみるまで知りませんでしたが、先週から開店四周年記念限定メニューを販売されていました(情弱
 毎週変えて販売しているようですので、内容次第で次回は食べてみようかな。
 少しして店内へ、券売機で食券を買います。

クリックすると拡大します

 空いている席に座り、店員さんに食券を渡します。
 卓上には花椒、胡椒、酢。
 入口に一番近いカウンターの端席に座ると、お冷やのコップまで手が届かない、、、どうしたものか。

クリックすると拡大します

 程なくして魚鶏潮らぁ麺780円
 大きめで厚手の丼に半分以下のスープ量、スープは鶏清湯に宗田鰹削り節を加えてあり、単純ですがあまり見かけない組みあわせ。
 このスープがかなり美味しくて、(券売機左上と言うこともあるけど)実は桑嶋、鶏清湯がイチオシなのではないでしょうか。

クリックすると拡大します

 細麺は三河屋製麺の全粒粉入り、緩やかに波打っていて、スープに良く絡みます。
 トッピングはドンと大きなチャーシュー、インゲン、板海苔二枚、斜め切りの白ネギ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 さて、坐唯杏にて七夕・宗玄を楽しむ会
 蔵元の営業本部長を招いて年に一度の宗玄会、今年はなんと杜氏さんも参加されています。
 特別な招待では無く一般公開された会ですが、13人とこぢんまりとした会となりました。

クリックすると拡大します

 先ずは仕込み水から。
 しっかりしたラベルが貼られていますが、日本酒の蔵元は水の販売権が無いため、非売品です。
 日本酒を仕込んでいる水そのものを日本酒と一緒に飲むと、翌日がかなり楽です。

クリックすると拡大します

 先付 栄養豆腐、霰ばちこ。
 牛乳で仕立てた豆腐に、海鼠(なまこ)の卵巣を干し上げて乗せてあります。
 既に一杯飲んじゃってますが、いきなり日本酒とぴったり合う料理、今日はどこまで飲んでしまうのだろうか。

クリックすると拡大します

 前菜 鱧落とし 梅醤油。
 毎年食べている料理の一つに鱧があり、大抵は誰かと食べに来ているのですが、今年はここまで食べていませんでした。
 骨切りした鱧を梅と共に頂く美味しさ、鱧を食べると夏が来るなぁと、毎年思います。

クリックすると拡大します

 椀替 順才、鮑 吸酢。
 鱧と同時期に楽しむ料理の順才、そのまま飲めるように三杯酢に浸してあります。
 今年は鮑を合わせてあって、一気に飲むと一気に美味しい。
 貝の身を少しだけ食べるのって、なんか粋ですね。

クリックすると拡大します

 向附 鰹・土佐たたき。
 4人席なので4人分ですが、実際には3人しか座っていないので、3人で食べたので食べ過ぎでしょ。
 説明せずとも当たり前の藁焼き、付け合わせのキュウリやトマト、スライス生ニンニク、沢山の野菜。
 この鰹の土佐食べたくて今日参加したといっても言い過ぎでは無い、美味しい鰹。

クリックすると拡大します

 預鉢 香物盛り合わせ
 このタイミングで出されますが、適当なタイミングで箸を付ける預鉢。
 実は坐唯杏で一番美味しい料理はこの漬物で、酸味と塩味を「酒飲み」向けに最適化した味わい。
 個人的にはこの漬物だけで日本酒を飲み続けるの可なり、、、それではコース料理にならないか。

クリックすると拡大します

 焼肴 鮎塩焼 蓼酢。
 天然物が本物、養殖物が偽物、などという話しは他の店でやってくれとばかりの紀州産半天然鮎。
 なぜ鮎の塩焼きに苦味のある蓼酢が合うのかは分からないけど、合うものは合う、料理とは面白い。
 ふんわりとした白身、焼き加減も絶妙で、骨まで残さずに美味しく頂きました。

クリックすると拡大します

 煮物 豚肉、冬瓜ベッコウ煮。
 お酒が飲める人だけの会なので、日本酒が次々と出てきて注ぎ々々飲みますが、料理もかなり出てくるので、あれこれ追いつきません。
 途中からは燗付けも出てきて、もう、目の前には空いたお猪口だらけ。
 さらに杜氏さんとお酒の造りについて話し込んでしまい、ホント時間が足りません。

クリックすると拡大します

 揚物 卯の花・クリームコロッケ。
 坐唯杏の料理としてあんまり記憶に無いコロッケ、ほっくほくの美味しさ。
 もちろん揚げ物には熱燗がドンピシャ、燗冷ましもこれまた美味しい。

クリックすると拡大します

 食事 穴子棒寿司。
 坐唯杏のコースには必ずご飯ものが入っていて、大抵がお寿司。
 今日は煮穴子の棒寿司、四人前を三人で頂くので一人四貫、もうお腹いっぱいです。

クリックすると拡大します

 止椀替 ひとくち素麺。
 ご飯だけで無く麺も用意されていて、今日は素麺。
 お出汁と素麺、つるりと一口で食べられるのでお代わり自由ですが、そんなに食べられません。
 って、強制的にもう一椀が置かれたので、もう一杯だけは美味しく頂きました。

クリックすると拡大します

 甘味 キウィシャーベット。
 糖分にはアルコールの分解を助ける効果があるけど、あまり得意のでは無い甘味。
 それでも坐唯杏のシャーベットは美味しく食べられます。

クリックすると拡大します

 食べ切れないほどの料理と、飲み切れないほどの日本酒で、会費5,000円って何かが間違っています。
 料理もお酒も大変美味しく、ご馳走様でした。
 前回はこの後でお蕎麦屋に行って、更にラーメンを食べに行った記憶がありますが、今は昔。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
> 入口に一番近いカウンターの端席に座ると、お冷やのコップまで手が届かない、、、どうしたものか。

隣の方に断って腕を伸ばすか「コップを取っていだだけますか?」と言えばいいのでは?
で、ふらわさんはどうしたのですか?

> トッピングはドンと大きなチャーシュー、生インゲン、板海苔二枚、斜め切りの白ネギ。

生のインゲンとは新鮮ですね。
Posted by tomoco at 2018年07月08日 21:33
tomocoさん

> で、ふらわさんはどうしたのですか?

 何もしません。

> 生のインゲンとは新鮮ですね。

 そうですね。
Posted by ふらわ at 2018年07月08日 23:14
生インゲンの「生」を消されたのですね。

私はインゲンを生で食べる習慣がないので新鮮ですねと書きましたがふらわさんが生だと思ったのなら消す必要はないと思います。
キュレーターを騙っているのですからもっと自信を持って♪
Posted by tomoco at 2018年07月10日 18:00
tomocoさん

> 私はインゲンを生で食べる習慣がないので新鮮ですねと書きましたがふらわさんが生だと思ったのなら消す必要はないと思います。

 私がどう思ったかを読みたい人はいないでしょう。
Posted by ふらわ at 2018年07月11日 00:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183777909
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック