2018年07月10日

夏は冷たいラーメンを

/麺処あす花@水道橋にて冷たいしおらーめん/らーめんMAIKAGURA@千歳船橋にて冷製クリーム豆乳つけ麺(細麺)/

クリックすると拡大します

 梅雨が明けると一気に真夏モードになるのは毎年のこと。
 例年ならば、ここで一度涼しくなってから暑くなるところですが、今年はこのままずっと暑いのか。
 西日本が大雨で大変になっているのに、なんて脳天気なことを、、、すみません。

クリックすると拡大します

 お昼は麺処あす花@水道橋(千代田区西神田)、新規開店の時に伺って以来、2回目となります。
 新橋時代は一通りのメニューを食べましたが、水道橋に移ってからはまだまだです。
 三ヶ月ぶりは間を空けすぎ、せめて二ヶ月に一度は訪問しないと。

クリックすると拡大します

 店先に貼り出されている、今月から始まった冷やしメニュー。
 新橋時代にも頂きましたが、こちらでも早速メニューインとなりました。
 店内入ると、左側の壁向きのカウンター席は固定式となり、一脚減って5席になりました。
 同右手テーブル席は席数は同じですが、レイアウトが変わりました。

クリックすると拡大します

 券売機で買った食券を奥の厨房で店主さんに渡し、座ってラーメンの出来上がりを待ちます。
 卓上にはミックス胡椒、テーブルコショー、一味唐からし、黒胡椒。
 先客1人、後客5人、程なくして食券の半券に書かれた番号を呼ばれます。
 「お待たせしました」と満額の笑みで、ラーメン丼を乗せた半月盆を手渡しされます。

クリックすると拡大します

 冷やすことで程よいとろみを携えた鶏ガラスープ、スープ自体は程々の温度まで冷やし、あさひや製麺所の細麺を強めに冷やすことで、全体的にとても冷たく感じる食べ心地に仕上げています。
 鶏チャーシューにネギやミョウガ、大葉の斜め切りを乗せ、細切り胡瓜を添え、全体に黒胡椒を振りかけた冷たいしおらーめん850円
 食べ進めると魚貝の旨味も感じられれ、ピンポイントのアオサに寄り道、どこからともかく立ち上がってくる宗田節の煮干油の香り、隅々まで細かく気配りされてとても美味しいラーメンです。

クリックすると拡大します

 高級食材や特殊調理などの飛び道具を使わず、身近な食材を丁寧に料理することで作り上げる一杯。
 30食分程度しか用意が無いので、途中で売り切れもあるそうです。
 麺を食べ終わったら、無料サービスの出汁炊きご飯に残ったスープを掛け、お茶漬け風にしていただきます。

クリックすると拡大します

 スープが冷え過ぎていないので、温かいご飯とスープが良くあって、とても美味しくいただけます。
 スルッと食べてご馳走さまでした。
 食べ終わった食器はお盆ごと下げ膳、松本店主さんに「美味しかったです、ご馳走様でした」とご挨拶してお店を後にしました。

クリックすると拡大します

 水道橋駅に帰る途中、めん徳 二代目 つじ田 水道橋店が本日オープンしていました。
 徹底したドミナント戦略、飯田橋に続き水道橋までそのエリアを広めるのでしょうか。
 ちらっとメニューを見たら、食べてみたいメニューがあったので、時間を見つけて食べに来たいです。

クリックすると拡大します

 夜はらーめんMAIKAGURA@千歳船橋(世田谷区船橋)公式インスタグラム)へ。
 あまり気にしていませんでしたが、駅回りに飲食店は多めですが、店前の通り沿いには飲食店は少なめなです。
 駅から歩くこと7分、その7分が今日は何を食べようかと考える時間なのですが。

クリックすると拡大します

 まだ3回目の訪問なので、まだまだ未食メニューが多いのですが、やはりここは限定メニュー優先ですね。
 5/15から期間限定発売ですが、先週まで知りませんでした。
 店舗の公式サイトは存在せず、Facebook、Twitterも開設されていないので、限定メニューを知りようが無いなと思っていたら、実はInstagramをやっているんですね。
 そのInstagramで限定メニューはちゃんと告知していましたので、今後はチェックを怠らないようにしないと。

クリックすると拡大します

 券売機を見ると売り切れ、、、神は我を見捨てたか、、、捨てる神あれば拾う神あり。
 平打ち麺が売り切れてしまい、細麺なら出来るとのこと。ベリーウェルカムじゃんね。
 在りし日の代々木某店では、そんな事は日常茶飯事だったなぁ、懐かしい。
 座ったのは計らずとも今夜も店主さんのすぐ近くの席、中村さん直伝の天空落とし、その風切り音まで聞こえてくるかのよう。

クリックすると拡大します

 茹で上げた三河屋製麺の細麺を粗熱を取りながら冷やし、平皿に盛り付ける前に、自家製辣油を絡めています。
 自家製辣油の美味しさは前回確認済み、麺皿にはレアチャーシュー、メンマ、青ネギと最小限にして最大限に美味しいトッピング。
 しかししてその所作は神楽を舞うかのようにゆったりとした速さ、何気ない中の美しさ。
 お待たせしました、冷製クリーム豆乳つけ麺(細麺)900円

クリックすると拡大します

 冷製クリームのつけ汁、豆乳を使ったのは自家製辣油の美味しさを引き立たせるためだろうか。
 スルスルではなく、するりするりとゆっくりと手繰る麺。旨いですねぇ、食べる前から旨いと分かっていましたが、遙かに旨い。
 つけ汁には絹ごし豆腐が沈められていて、不思議とスープによく合います。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>「お待たせしました」と満額の笑みで、半月盆を手渡して下さる松本店主さん、自分にだけに微笑んでくれると勘違いするのは、オヤジの特権ですな。

またまたふらわさん特有の言い回しですね!
ただ店主さんは微笑んでいたのではなく、引きつっていたと言ってましたよw
Posted by 良子 at 2018年07月11日 07:56
良子さん

 コメントありがとうございます。
 ブログへの応援、今後ともよろしくお願いします。
Posted by ふらわ at 2018年07月12日 09:26
女性店員への異常な執着。とても気持ち悪いです。
Posted by みゆき at 2018年07月19日 09:35
みゆきさん

 コメントありがとうございます。

 みゆきさんは何を求めて、私のブログを読まれていますか?
Posted by ふらわ at 2018年07月19日 22:04
素人さんのブログに何ももとめてはいませんよ。大体無料で閲覧させて頂いてるのですし。女性店員とか女性客の数とかは読者サービスの為やむなく書かれているという設定を知らず知らずに大変失礼いたしました。時節柄ご自愛ください。
Posted by みゆき at 2018年07月21日 14:25
みゆきさん

 コメントありがとうございます。
 今後とも、ブログの応援、よろしくお願いします。
Posted by ふらわ at 2018年07月22日 22:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183832137
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック