2018年07月23日

カレーラーメン

/中華そばつけめん玉品達店にて香麺(こうめん)/麺家さやか@相武台前にてつけ麺/

クリックすると拡大します

 どこで食べようか悩んだときは品達へ、どこで食べようかなぁと品達内を歩いていると、食べたかった限定メニューの販売が始まっていました。
 中華そばつけめん玉品達店@品達ホームページ)、4月の新規開店以来、二回目の訪問となります。
 店先にはお客さんが並んでいるので、掃けるまで少し待ってから食券を買って店先で待っていると、「お一人のお客様、どうぞ」と案内されます。

クリックすると拡大します

 店内満員、一席だけ空いていたカウンター席へ案内されます。
 改めて店内を見渡すと、仕切り板のある対面カウンターが12席、入り口近くに壁向きカウンター4席、壁側には4人掛けテーブルが3卓。
 卓上の様子も同じで、用意して下さったお冷を飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして運ばれてきた、7/2から発売が開始された品達店限定メニュー。
 ラーメンの「玉」とスパイス料理の「SPICE CAFE」の渾身のコラボ、魚介と豚骨とスパイスカレーの香りが複雑に混ざり合った、何とも箸を引きつける香り。
 ラーメンは麺料理ですので、基本的に麺から食べますが、今日はレンゲでスープを掬って飲んでみると、濃厚豚骨魚介スープと、辛みと酸味が際立つインドの薬膳スープ「ラッサム」のブレンドスープの香麺(こうめん)880円

クリックすると拡大します

 このスパイスカレーが美味し過ぎるので、改めて調べてみると、SPICE CAFE@押上はビブグルマン受賞店。納得。
 この値段のスープじゃないわ、麺が無くてもいいわ。
 食材で分かったのは鶏ひき肉とトマト程度、鶏ひき肉はそれ自体がスパイスで味付けされているので、これがまた美味しい。

クリックすると拡大します

 麺は他メニューと共通の平打中太麺、スープとはあんまり合わないけど、明言されていませんがカレーラーメンだから問題ありません。
 途中でライスを追加してカレーライス(ライスカレー)にしようかどうしようかずっと悩みましたが、ライスに150円は出せないな。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 まだまだ温度が下がらない相武台前、随分と遅くなってしまったなと歩いていると、新メニューが始まったとのパウチが目に留まりました。
 麺家さやか@相武台前、確証はないけれど推定ウルトラフーズ系(?)の家系ラーメン店です。
 7/16から始まったつけ麺以上に大々的に告知しているのが、ライス終日無料(お替り自由)のサービスです。

クリックすると拡大します

 店内に入り券売機で食券を買って、カウンター台に置きます。
 厨房には見かけた事のある男性店員と見覚えに自信がない女性店員さん、女性店員さんはさやか店長さんに似ているけど、本人だと言い切る自信はありません。
 卓上には白胡麻、辣油、醤油、酢、ブラックペッパーグラウンド、豆板醤、ニンニク。
 箸は最近の新規オープン店には珍しい割り箸のみ、エコ箸って滑るからありがたいです。

クリックすると拡大します

 この店は、カウンター席の目の前のカウンター台が見上げるように高く、その高いカウンター台に丼を配膳されると、丼をテーブルに降ろすときに立ち上がらないとなりません。
 立ち上がらないとならないだけではなく、厨房の店員さんとおしゃべりもしにくいですし。
 まあ、そんなことを考えているのは私くらいでしょう。
 他のお客さんは、丼を降ろすのに立ち上がるの苦じゃないし、店員さんに話し掛けられたくないし、話しかける気もないことでしょう。

クリックすると拡大します

 ラーメンが出来上がると、女性店員さんがカウンター台に丼を置き、ぐるりと回ってきた男性店員さんが丼をテーブルへ降ろして下さいました。
 それなりに数多くのラーメン屋に行っているつもりですが、こんな配膳は初めてです。
 カウンター席では無くテーブル席へパスするのは、見かけたことがありますけど。

クリックすると拡大します

 茹で上げた角太麺を冷たい流水で十分に締めてから、冷蔵庫で冷やしておいた丼に盛り付けます。
 麺の上に炙りチャーシュー、幅広いメンマ、カイワレ大根、糸唐辛子、カットレモンを乗せ、板海苔一枚を差します。
 並行して温めていたつけ汁をつけ汁専用の容器に注ぎ入れ、もう一度温めたつけ麺850円

クリックすると拡大します

 ゴル麺のつけ麺に酷似していて、冷たい麺を熱いつけ汁にくぐらせていただくと、安定した美味しさ。
 麺量が多く、麺がやや絡んでしまっているので、手繰るときに少し気を付けて食べます。
 途中からカットレモンを絞って味変、柑橘系の酸味がいい感じです。

クリックすると拡大します

 無料サービスなので何はともあれ、一杯はよそってみたご飯。
 温麺ではないから板海苔は一枚しかなくて、まあ、一枚でも家系海苔巻きは出来るけど。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
> 麺は他メニューと共通の平打中太麺、スープとはあんまり合わないけど、明言されていませんがカレーラーメンだから問題ありません。

表現の自由は憲法で保障されていますがキュレーターを騙る者がビブグルマンにケチつけるなと。(笑)

> 途中でライスを追加してカレーライス(ライスカレー)にしようかどうしようかずっと悩みましたが、ライスに150円は出せないな。

カレーとライスって日本人なら外せない組み合わせなのに…。

> 無料サービスなので何はともあれ、一杯はよそってみたご飯。

にんにく、豆板醤に胡椒ですか…。
子どもの頃こんなことをしたら親に食べ物で遊ぶんじゃないと怒られそう。
ふらわさんは大人でよかったですね。
Posted by tomoco at 2018年07月24日 22:10
tomocoさん

> 表現の自由は憲法で保障されていますがキュレーターを騙る者がビブグルマンにケチつけるなと。(笑)

 ビブグルマンだからって、誰もが美味しく感じるわけではないですよね。
 それとも、ビブグルマンだったら美味しくなくても美味しいって書くべきでしょうか。

> カレーとライスって日本人なら外せない組み合わせなのに…。

 本物のカレーですから、ラーメンに合うライスは合わないんじゃないかと。
Posted by ふらわ at 2018年07月25日 00:19
ジェンダーフリー等が近年声高に唱えられておりますがやはり仕事がきついのかラーメン屋さんなんかは働いてる方の女性率はひくくみえますよね。ブログ主様のように女性店員さんに気配り目配りを自然にできるマナーを身に付けているお客様が増えたら2020年のオリンピックイヤーくらいには状況が一変してたら楽しいですね。あ!男性店員さんだあ!なんてこのブログで見かけたりして。何はとまれ女性は食堂の華(店員さんもお客さんも)。長く続いて(通って)ほしいですね。
Posted by ルビーモレモ at 2018年07月25日 10:14
ルビーモレモさん

 コメントありがとうございます。

> ジェンダーフリー等が近年声高に唱えられておりますがやはり仕事がきついのかラーメン屋さんなんかは働いてる方の女性率はひくくみえますよね。

 おっしゃるとおり、仕事の内容を考えると、ラーメン屋で働く女性は少ないです。
 女性客が少ないのも、店員さんに女性が少ないのと無関係だとは思っていないので、「このお店には女性店員さんがいますよ」的な発信は続けていきたいです。

> 何はとまれ女性は食堂の華(店員さんもお客さんも)。長く続いて(通って)ほしいですね。

 はい、私も願っています。
 
Posted by ふらわ at 2018年07月28日 00:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183988270
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック