2018年07月24日

小川町で五福星

/五福星%むぎくらべ@小川町にてだし中華、納豆スムージーざる中華/流水うどん/

クリックすると拡大します

 日本初の国内産麦アンテナショップである、むぎくらべ@小川町(千代田区神田小川町)ホームページ)。
 場所は都営新宿線B7出口すぐの立地に、週替わりで出店を募っています。
 私にとっての小麦と言えばラーメン、一般的にはうどんやパンなどもあるでしょう。
 店内はカウンター5席、2人掛けテーブルが5卓、壁に接した2人掛けテーブルが4卓、計23席。

クリックすると拡大します

 今週と来週は、ラーメン好きなら誰でも知っている仙台の有名店である五福星、早坂店主さん自ら現場入りされています。
 7/23-27、7/30-8/3、10:00-18:00の営業時間です。
 仙台の店舗には一度しか行ったこと無いので、こっそりと訪問しました。

クリックすると拡大します

 メニューはラーメンが二種類、ご飯ものが一つ(味違いもあるらしい)。
 店内入ってすぐの会計で先払いし、番号が貼られたコールチャイムを渡されます。
 店内を奥に進むと、厨房の前では早坂店主さんがいらっしゃって、お久しぶりですとのご挨拶。

クリックすると拡大します

 アンテナショップとはいえ、麺類の販売用に最低限の什器と調理器具は揃っています。
 むぎくらべ自体が7月オープンですから、ほぼ新品、、、ずっとここで営業されたら良いのに(無理)。
 厨房内の店員さんは五福星から来ていますが、受付やホールの店員さんはむぎくらべの人です。
 ですので、ラーメンの食券二枚をみて何の疑問も抱かずに調理を依頼しようとするので、「一杯ずつお願いします」と声を掛けました。

クリックすると拡大します

 先にだし中華750円
 「たっぷりの透き通ったスープに悠々と麺を泳がせる」麺相は、まんま山形や秋田の地ラーメンの麺相ですね。
 一口目から美味い今風のラーメンスープとは真反対の、飲むにつれ味わいが深くなっていく古風なラーメンスープ。
 ゴクゴク飲める美味しさなのに、喉は渇かずに後味もすっきりしています。

クリックすると拡大します

 平打縮れ麺のシルク麺が、このシルク麺こそが、このスープの美味しさを最大限に開かせます。
 トッピングはチャーーシュー、メンマ、なると、板海苔、薬味ネギ。
 麺や具材を食べるよりスープを飲む時間の方が長く、忘れかけていたラーメンの美味しさを再認識します。

クリックすると拡大します

 後で納豆スムージーざる中華850円
 いわゆるつけ麺で、スムージーとして処理した納豆と醤油ダレがつけ汁のベースです。
 つけ汁にはハチノス状のコンニャク、アサリとハマグリの煮付け、オクラ、凍らせた山芋などなど、そして大きな氷を添えてあります。

クリックすると拡大します

 何もかもが初めての味わい、説明がなければ入っている事も分からないほど納豆は感じません。
 食感だけでなく、味わいまでも初めて、だからと言って希少な食材や特殊な調理方法は使っていません。
 食材の発想だけなら誰でもできそうですが、ざる中華として落とし込むところが流石、五福星ですね。

クリックすると拡大します

 食べ終わったら下げ膳して、早坂さんとしばしお喋り。
 また、仙台のお店にラーメンを食べに行きたいなぁ。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜は自宅で流水うどん100円(税抜き)。
 流水うどんなので水道水でさっとほぐすだけで出来上がり。
 ネギを切ってさっと乗せて、美味しく頂きました。
posted by ふらわ at 23:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
仙台の有名店を取り上げた、ということはこれはいわゆる予告という技法ですね。予告があれば回答は必須。(プロでも下手な作家は予告だけして何もなし、という腕の悪いのも少なからずいますね。)ずばり東北らーめん修業ですね?積み重ねてきた実績をもってるブログ主様の強みですね。多くの読者が予告を受けとめ、今年も夏のクライマックスがついにやってくる!!な心境で首を長くして待ってると思います。災害級酷暑が都築そうです。道中お気を付けて。
Posted by ルビーモレモ at 2018年07月25日 11:57
> 何もかもが初めての味わい、説明がなければ入っている事も分からないほど納豆は感じません。

ふらわさんは説明がなければ味も食材もわからないじゃないですか。

らいくあらーめんの読者は写真を見ただけで食材が何かわかるのに
実際に実物を見て、食べた人が何かわからないという…。例えば先日の麺屋翔とか。

> 食材の発想だけなら誰でもできそうですが、

ふらわさんでも?
Posted by tomoco at 2018年07月25日 21:59
ルビーモレモさん

 コメントありがとうございます。

> ずばり東北らーめん修業ですね?

 例年であれば。
Posted by ふらわ at 2018年07月28日 00:56
tomocoさん

> ふらわさんは説明がなければ味も食材もわからないじゃないですか。

 改めて言われると、何か意味があるのかと勘ぐってしまいます。

> 実際に実物を見て、食べた人が何かわからないという…。例えば先日の麺屋翔とか。

 いつものことなんですけど、今になって言われるとドキドキしちゃいます。

> ふらわさんでも?

 私には無理です。
Posted by ふらわ at 2018年07月28日 00:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183992740
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック