2018年08月28日

無慈悲な仕打ち

/さんしょの木@新宿一丁目にて冷たいつけ担々麺〜ギリシャヨーグルト仕立て〜/生姜醤油専門 我武者羅 代々木店にて激辛生姜醤油/

クリックすると拡大します

 かつて、勤務先が新宿駅近郊だった頃、「駅からあるていけるラーメン店に全部行く」と誰からも褒められない目標を立てました。
 ラーメン店の新規出店より食べる速度が速ければ必ず達成可能(ラーメン店の特殊相対性理論)ですが、350店を超えたところでラーメンの一般相対性理論が証明され、今に至る。
 無駄なことをしたとは思っていないけれど、無理をしたとは思っている。

クリックすると拡大します

 お昼はさんしょの木@新宿一丁目ホームページ)、気が付いたらせたが屋グループの店舗制覇の度になっています。
 塩らーめんひるがお新宿御苑店(2005/11/21-2009/6/10)、小麦と肉 桃の木(2009/10/19-2017/4/21)、ときて2017/6/20オープン、つまり初訪です。
 店名は「(驚き桃の木)さんしょの木」であり、つけ担々麺を看板メニューとしています。
 ラーメンに山椒は使われていますが、山椒を軸とした味造りと言うことでは無いようです。

クリックすると拡大します

 店内の構成はひるがお時代から変わっておらず、入ってすぐ左手に券売機があります。
 メニューは醤油らーめん、つけ担々麺、肉つけ麺。
 トッピングは半熟味付玉子、焼きのり、雲呑。半ライス、瓶ビール。
 1日10食限定の夏の限定メニューは2種類あり、「冷たいつけ担々麺〜ギリシャヨーグルト仕立て〜」と「冷やし塩SoBA〜バスクの風に吹かれて〜」の二種類で、いずれも950円。

クリックすると拡大します

 店には厨房を向いたL字カウンター11席、壁向きカウンター2席。
 卓上には黒胡椒、花山椒、酢。
 厨房では2人の店員さんが手際よくラーメンを調理されています。

クリックすると拡大します

 少し待って冷たいつけ担々麺〜ギリシャヨーグルト仕立て〜950円
 先に運ばれてきたつけ汁がものすごく綺麗なオレンジ色、芝麻醤の合わせも綺麗です。厨房で綺麗でも、配膳中に揺れて乱れてしまうことが多いのですが、綺麗なままです。
 麺皿に麺を広げて横たえ、たっぷりの挽肉を乗せ、全体に胡椒と山椒を削り掛けています。

クリックすると拡大します

 そのまま餡を絡めて食べてみると担々麺としてとても美味しい、つけ汁に浸けて食べてみるとつけ担々麺としてとても美味しい。
 無くても良さそうな白髪ネギが僅かなシャキシャキ感をもたらしていて、ちゃんと添えられている意義を主張してきます。
 餡もつけ汁も冷たいので香りに乏しいところ、山椒を振ってあって、これがまた箸を引き込みます。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったら、ランチタイムは無料サービスの半ライスをいただきました。
 残った挽肉餡をご飯に乗せて、一気にかき込む、うーん美味しくて幸せ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が無慈悲に遅くなり、そば屋で飲むか、ラーメン屋で飲むか、どこかで飲まないと到底自宅には帰れない。
 代々木駅で降り、そば屋をスルーしてラーメン屋の生姜醤油専門 我武者羅 代々木店@代々木(渋谷区千駄ヶ谷)ホームページ)へ。
 以前に来たことがありますが、初訪だったらこの耐震工事の足場にちょっと引いてしまうことでしょう。

クリックすると拡大します

 「ラーメンはラーメンであれ」とはラーメンとは何かをしっかりと持っているからこそ言える言葉だと思います。
 翻って私は、東にウマいラーメン店があると知れば走って行き、西に辛いラーメンがあると聞けば飛んでいくだけのラーメン好き。
 背筋を伸ばし、襟を正して店内に入ると、、、店主さんは台湾で新店のサポート中とのこと。

クリックすると拡大します

 開店直後に訪問した頃よりもメニューは充実しています。
 元祖長岡系生姜醤油と長岡進化系背脂生姜醤油の二本柱に限定メニューが四種類も。
 数々のトッピング、多種多様なご飯物、一通りの飲み物とおつまみ。
 パパッと二枚の食券を買って、ササッと店員さんに渡すも、何も聞かれません。

クリックすると拡大します

 店内はテーブルを変えたような気がしますが、さて。
 席数は厨房を囲むL字カウンターは12席、奥の2人掛けテーブルが2卓、全体的には変わっていない様子。
 卓上には醤油、酢、辣油、白胡椒、一味唐辛子、ホワイトペッパー。

クリックすると拡大します

 先ずはビール、今夜は代々木で1人お疲れ様会♪
 アテを何にしようか、と卓上のメニューを見るも、「追加は現金でも云々」が見当たりません。
 うーん、んじゃ店員さんに尋ねようとしたら、次から次へとお客さんが入ってきて、後客の対応に店員さんは付きっ切りのご様子。
 そうこうしないうちにラーメンが出来上がってきてしまい、ビール、半分以上残ってますがな。

クリックすると拡大します

 激辛生姜醤油900円
 生姜醤油のスッキリしたスープに、スッと尖った辛みの辣油を合わせてあり、こんなに美味しい旨辛スープは中々味わうことが出来ません。
 挽肉と岩海苔が全体に散らしてあって、少しずつ混ぜて食べるとさらに美味しいです。
 激辛とありますが、驚くほどは辛くなく、普通に味わえました。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の中細麺は思っていたより多く、お腹いっぱい美味しいです。
 トッピングは三枚にレアチャーシュー、茹でほうれん草、板海苔、貝割れ大根、メンマ、おろし生姜。
 下ろし生姜、もっと欲しかったので店員さんに声を掛けようとしたけど、店内満席になってバタバタしてしまい、今夜のところは諦めました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
貴方のオノマトペの使い方は面白いですね。それもありかも、と思わせるギリギリの線を越えそうでいて超えてない?表現の広がりの可能性を感じます。やった事はないでしょうがこのブログを声に出して読んでみると楽しいですよ。パパっと買ってササっと渡す、なんてリズムすら発生してるじゃないですか。ボブディランかよって感じで〜す。
Posted by 里咲姫 at 2018年08月30日 09:37
醤油味で激辛は珍しいですかね。どうも激辛イコール味噌味の先入観がありまして。醤油の方がなんとなく味の組み立てとかが難しそうですね、素人考えですが。
ps おろし生姜は遠慮してはいけません。気をまわしすぎですよ。
Posted by エスメラルダ at 2018年08月30日 10:56
無慈悲な仕打ち、って仕事が押しに押したことですか。どこかのお店で出入り禁止でも喰らったのかと思ってハラハラしてしまったじゃ無いですか。読者として一安心。
 でも今の時代、ホワイトカラーは仕事があることに感謝、ですよ。まあそれにしても一週間のど真ん中の火曜日はしんどいですよね。そこはサッポロビールでストレス解消、ですな。私も一緒にカンパーイ!!
Posted by ディッキン娘 at 2018年08月30日 18:37
後客の対応に店員さんは付きっきりのご様子、そうですか。考え様によっちゃ<手のかからない、業界事情に通じてる多分こっち側のお客様>としてお店から認定を受けている、ということですよ。
ちょっと放置しておいても平気だろう、とか、順番後回しでもきっとわかってくれる、って見られてるわけです。お店からやや甘えは混じってるけど信頼されてると受け取っていいと思います。決してぞんざいに軽く扱われてるのではない、はずです。
Posted by アンティカボーノ at 2018年08月31日 17:47
里咲姫さん、コメントありがとうございます。

> 貴方のオノマトペの使い方は面白いですね。それもありかも、と思わせるギリギリの線を越えそうでいて超えてない?表現の広がりの可能性を感じます。

 ありがとうございます。

> ボブディランかよって感じで〜す。

 日本語では「ふらわまにあ」って言うらしいですよ。
Posted by ふらわ at 2018年09月02日 09:20
エスメラルダさん、コメントありがとうございます。

> 醤油味で激辛は珍しいですかね。どうも激辛イコール味噌味の先入観がありまして。

 唐辛子などの辛味系の香辛料は水に溶けないので、醤油味と合わせるのは難しいのではないでしょうか。
 味噌と合わせる場合は、味噌ダレに唐辛子紛を混ぜるようですけど。
Posted by ふらわ at 2018年09月02日 09:24
ディッキン娘さん、コメントありがとうございます。

> 無慈悲な仕打ち、って仕事が押しに押したことですか。

 そんな感じですね。
 仕事って誰かが責任を取らないとならないじゃないですか、誰も悪くない場合であっても。

> 私も一緒にカンパーイ!!

 ありがとうございまーす。
 PS.水曜日は火曜日に直しておきました。
Posted by ふらわ at 2018年09月02日 09:26
アンティカボーノさん、コメントありがとうございます。

> 決してぞんざいに軽く扱われてるのではない、はずです。

 しっかり読み込んでいただき、恐縮です。
Posted by ふらわ at 2018年09月02日 09:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184293975
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック