2018年09月02日

雨が上がったので鴨居へ

/支那蕎麦屋 藤花@鴨居にて醤油らぁ麺、塩冷やしラーメン(茶漬けセット)/

クリックすると拡大します

 下の子を駅まで送った時は小雨が降っていましたが、その後は上がったので、出かけることにしていました。
 ラーメン店の最寄駅からは徒歩20分弱なので、歩けないことはないし、歩いたこともあるけど、今しばらくの間はバス通勤(通店?)にしています。
 わざわざバスに乗ってまでと思う人がいるかも知れませんが、思う人の人生には一ミリも影響しませんのでご心配なく。

クリックすると拡大します

 支那蕎麦屋 藤花@鴨居(横浜市都筑区池辺町)に着いてみると駐車場が満車、まあ、徒歩なので駐車場は関係ないけど、停まっている車の先には外待ち客が10人ほど。
 やっぱり土日は混んでいるなぁ、だからと言って平日に伺うのは厳しそうだし。
 最後尾に続いてこっそりと並んでいると、店内から店員さんが出てきて「いらっしゃいませ、先に食券をお願いします」と案内されます。

クリックすると拡大します

 店内に入り、店主さんにご挨拶しつつ、左手の券売機を眺めます。
 限定メニュー(?)は×印ですが、冷しラーメンがラインナップしているな、、だけどスタンダードのスープも変えたって聞いたし。
 迷ったら両方、って、ラーメン界では当たり前のように言われているけど、お蕎麦界とかうどん会でも同じように通用するのだろうか。

クリックすると拡大します

 いったん外に出て、しばらく待ってから店内待ちになり、さらにしばらく待ってから席に案内されました。
 先ずはビール500円、今日は鴨居で一人お疲れ様会、いい感じでビールが進みます。
 気持ちよくビールを飲んでいたら、「ふらわさんッ」と黄色い声で呼ばれ、振り返ると友達がいるじゃないですか。
 列の並びで近くになれなかったのでおしゃべりは出来ませんでしたが、次こそはきっと。

クリックすると拡大します

 ビールを飲み終わったらラーメン、先ずは醤油らぁ麺780円
 スープの出汁である丸鶏とガラの割合を再調整されていて、三歩進んで二歩下がる、ではありませんが、確実に美味しくなっています。
 一気に何歩も進歩するのではなく、一歩づつの進歩が、佐藤店主らしくて食べているこちらも嬉しい。
 多くの試行錯誤があるだろうけど、前を向いてさすれば前にしか進まないから。

クリックすると拡大します

 菅野製麺所の中細麺がぬるりとスープと合っていて、いい感じに仕上がっています。
 トッピングは炙り豚ロースチャーシュー、ほうれん草のお浸し、青ネギ、白髪ネギ、刻み紫玉ねぎ。
 食べているとスープの温度が下がっていきますが、冷めたスープもこれまた美味しい。

クリックすると拡大します

 続けて塩冷やしラーメン(茶漬けセット)900円、1日10食限定で、8月から提供が始まっていました。
 ※店主さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なりますので、ご了承ください。
 鶏ガラスープをゼル状になるまで冷やし、提供直前に塩ダレで撹拌し、冷たい麺を合わせてあります。

クリックすると拡大します

 外気温との温度差が少なかったせいか、しっかり冷やしてありますが旨味先行、今年一番の冷やしラーメン。
 トッピングは小切りチャーシュー、穂先メンマ、干しエビ、青ネギ、刻み紫玉ねぎ、板海苔。
 食べ進めているとスープの温度が上がっていきますが、これまたまたいい感じの美味しさです。

クリックすると拡大します

 付け合わせの小鉢には暖かいごはん、ウズラの卵黄、タレ漬けのチャーシュー、青ネギ。
 残った(残した)スープを掛けて頂く茶漬け、考えましたねぇ、美味しいですねぇ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 帰りもバスに乗りましたが、最寄りのバス停からは小机駅に向かう便と新横浜駅に向かう便があります。
 どの便に乗るかで到着する時間は変わりますが、バス代は変わらないので、来たバスに乗って電車へ。
 バスに乗ったらスッと寝てしまい、はっと起きたら新横浜駅でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 21:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
郊外のロードサイドにありがちなサラ金と同居してるラーメン屋さんを今まで何となく避けていました。(根拠はないんですけどね。)でもこんな完成度が高く美味しそうなラーメン屋さんもあるんですね。本を表紙で判断してはいけない、と言いますがその通りのようです。
Posted by サウザー at 2018年09月03日 09:15
ラーメン屋さんに限らず食事してるときに背中越しに名前を呼ばれるとドキッとしませんか?逃亡犯じゃないのに非常に気まずくなるんですよね。
でもラーメン業界で著名人の貴方にとっては日常茶飯事かも知れませんね。知り合いや友人とのラーメン屋さん近辺での遭遇率は高そうですね。世界が狭いのか、お顔が広いのか、きっとどっちもですね。
Posted by バーサンズ at 2018年09月03日 09:26
迷ったら両方、ってのはお蕎麦界でもうどん会でも通用するかは分かりませんが後で後悔するよりは漢らしいとおもいます。お店の人も、只者じゃないのが来たな、と感じて調理に一層の気合がはいるんじゃないでしょうか。何となく2杯目のほうに作り手の意気込みを感じるのはそういうことか、と思ったりして。それとセットのプチライスが食べるのをためらってしまうくらい可愛いですね。胡麻が振ってあったら完璧かな。
Posted by ローグマンマン at 2018年09月03日 14:10
サウザーさん、コメントありがとうございます。

> 本を表紙で判断してはいけない、と言いますがその通りのようです。

 ジャケ買い、と言う言葉もありますし。
 世の中には、見た目通りのラーメン屋もあるし、見た目とまるっきり違うラーメン屋もあります。
Posted by ふらわ at 2018年09月05日 00:27
バーサンズさん、コメントありがとうございます。

> ラーメン屋さんに限らず食事してるときに背中越しに名前を呼ばれるとドキッとしませんか?

 「だ、だれ?」と驚いていた頃が懐かしいです。
 今では呼ばれることが前提、それでも呼ばれると有り難いです。
Posted by ふらわ at 2018年09月05日 00:30
ローグマンマンさん、コメントありがとうございます。

> お店の人も、只者じゃないのが来たな、と感じて調理に一層の気合がはいるんじゃないでしょうか。

 混んでいて待っている人もいるんだから、一杯にしておけよ、と思われているんじゃ無いかと、ビクビクしています。

> 何となく2杯目のほうに作り手の意気込みを感じるのはそういうことか、と思ったりして

 限定メニューの上に、トッピングが通常とは異なります、はい。
Posted by ふらわ at 2018年09月05日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184330123
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック