2018年09月09日

彼岸花

/横浜家系ラーメン藤之家@秦野市にて醤油豚骨チャーシュー、半熟玉子、まぜそば/彼岸花/

クリックすると拡大します

 鮨屋や焼肉屋、焼鳥屋などに行くと、そのブログを書くのに半日以上掛かってしまう。
 時間が掛かるのは、写真の修正に時間が掛かる(ピンボケの写真をいくら修正しても・・・)、食材や日本酒、料理の裏取りに時間が掛かる(それでいて間違いだらけ)、そして文章を書くのに膨大な時間が掛かってしまう(日本語として成り立っていないのに)からなのですが。
 食材や料理名を列挙して、「美味しかったです」「オススメです」「接客が良かったです」と端的に書く方がずっと良いんじゃ無いかと、じっと手を見る。

クリックすると拡大します

 遅い時間のお昼に、女房と連れだって新メニューが出たと聞いていた横浜家系ラーメン藤之家@秦野市へ。
 ランチタイムに来ると駐車場が一杯で停められない事もあるので、時間をずらしてみたら、先客2台で助かりました。
 こうして店先にクルマが停まっていない状態というのは、開店直後くらいのものです。

クリックすると拡大します

 店内に入り、券売機を見るとコロコロチャーシューと餃子セットがメニューアウト、お子様ラーメン380円、チャーシュー丼280円、ビール380円、枝豆180円がメニューイン。
 先ず私が新商品のまぜそばのボタンをポチッ、チャーシューメンが好きな女房は「味噌のチャーシューメン?」のボタンを探すも見つからず。
 醤油と塩はチャーシューメンがありますが、味噌と辛味噌はトッピングとしてチャーシューを別に買うスタイル、、それじゃダメなんだ。

クリックすると拡大します

 同じじゃん、、とゴリ押しせず、そういうお客さんもいるんだな、と勉強になります。
 いつも座るカウンター席に座り、食券を店員さんに渡します。
 お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして先に女房の醤油豚骨チャーシュー950円、半熟玉子100円
 4枚ものチャーシューが乗せられていると、もう、家系ラーメンとは思えない程のボリュームです。
 以前は胡椒を掛けるだけでしたが、門前の小僧なんたらで、最近では針生姜を入れて味変を楽しんでおられます。

クリックすると拡大します

 すぐに私のまぜそば800円、台湾まぜそばではありません。
 醤油ダレを敷いた丼に短尺平打中太麺を乗せ、麺の上に刻みネギ、刻み海苔、辛子ネギ、ニラ、刻み玉ねぎ、魚粉、モヤシとキャベツの茹で野菜、センターに挽肉、の上に卵黄。
 丼がラーメン丼なので、溢さない様に気を付けてかき混ぜてから食べてみると、とても美味しい。
 色々な味が代わる代わる感じられて、これぞまぜそばという美味しさです。

クリックすると拡大します

 麺は麻生製麺、ラーメンの麺と共通のようでしたが、今後改善されるかも知れません。
 食べ進むと味が一体化してくるので、自然に味変になって、とても面白いです。
 途中で、このまま食べきるか、追い飯を楽しむかを決めなければなりませんが、ライス無料なので追い飯に即決しました。

クリックすると拡大します

 ライスは食べ放題なので、一杯は振りかけで食べ、二杯目を追い飯もアリですけど、もうそんなに食べられないお年頃です。
 泣く々々半ライス分をよそってきて、残した餡にライスを入れて、良くかき混ぜて頂きました。
 途中でちょろっと酢を掛けたりして。

クリックすると拡大します

 いつも食べる餃子350円、大抵は女房が2つ、私が3つ。
 女房はお皿のくぼみで餃子のタレを作って食べるけど、私はサッと全体に醤油と酢(水餃子の場合は辣油と酢)を掛けて食べます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 もう彼岸花が咲く季節になったのか。
 そうか、暑い暑いと言っていたけど、長月だからな。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
食材、料理名の正確な羅列とおいしかったまずかったの感想のみでも成り立つのでしょうがそれを良しとしないところがあなたの作家性の発露ではないですか。寿司や焼き肉、焼き鳥などは不慣れなので裏鳥などに時間がかかる、とおっしゃいますがそれはふだんより注意をはらっているわけですね。ラーメン屋さんについて書く時ももその細やかさを振り分けてあげると素晴らしい。人は必ずや得意分野で過つというではありませんか。よく知らん分野で頓珍漢なことを書いても馬鹿にされたりはしませんが、ご自分の軸であろうと思われるラーメン店についての頓珍漢は恥でもありお店の信用に差し障ることもあり得ます。乱筆失礼。
Posted by まっど兄貴 at 2018年09月12日 11:26
門前の小僧習わぬなんたらなら奥様にもニンニク豆板醤味変をマスターして頂きたいなあ
夫婦で 互いに相手のラーメンにかけあったりしたら楽しいしラブラブじゃないですか。

無料ライスの取り扱いに遠慮なく一言いわせてもらえば 、一杯目はふりかけで食べ二杯目は追い飯、三杯目は餃子ライス、が王道でしょうね。四杯目にいければシメで漬物ライス、玄人ならニンニク豆板醤ライスでしょう。
Posted by 東原えりこ at 2018年09月12日 12:05
まっど兄貴さん、コメントありがとうございます。

 完璧はつまらないそうです。ツッコミどころがない文章は心に残らないそうです。
 私の文章は、殆どが無意識ですが、一部意識的に、頓珍漢を演じています。
 
> ご自分の軸であろうと思われるラーメン店についての頓珍漢は恥でもありお店の信用に差し障ることもあり得ます。

 一応調べています。
 調べても間違っているじゃないか、と言われると、ぐうの音しかでませんが。
Posted by ふらわ at 2018年09月13日 00:28
東原えりこさん、コメントありがとうございます。

> 夫婦で 互いに相手のラーメンにかけあったりしたら楽しいしラブラブじゃないですか。

 痛い夫婦じゃありません?

> 無料ライスの取り扱いに遠慮なく一言いわせてもらえば

 そんなには食べませんって。
Posted by ふらわ at 2018年09月13日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184392367
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック