2018年09月24日

レセプション

/土佐清水ワールド新橋店にてレセプション/

クリックすると拡大します

 今夜は土佐清水ワールド新橋店にて、9/26開店に先立ったレセプションレポハピのプレゼント企画で『土佐清水ワールド新橋店』に無料招待されました。
 料理は「無料試食」ですが、飲み物は有料となります。
 考えてみれば、料理は「試しに食べて」みて必要があれば改善しなければなりません。
 飲み物を「試しに飲んで」みて美味しくなかったと言われても、全店舗で同じ飲み物を提供していくでしょうし。

クリックすると拡大します

 お店の場所は新橋駅から徒歩5分でしょうか、GEMS新橋ビルの2階になります。
 受付を済ませ、店内に案内されます。
 店内はカウンター、テーブル席合わせて65席、個室も人数に応じて5室、用意されています。

クリックすると拡大します

 会の簡単な説明を受け、先ずは「ご自由にお掛け下さい」と宗田節の削り節入りの大きな升が渡されます。
 んで、先ずはビール、サッポロヱビス生530円。
 突き出しの茶碗蒸し、土佐極鶏あしずりキングと言う高知県土佐清水市公認の地鶏を使っています。
 これが「なんだよ、いきなり茶碗蒸しかよ」の先入観を払拭する美味しさ。

クリックすると拡大します

 本日提供される料理は予め決められていて、それ以外は注文できないのですが、一応はメニューを見るでしょ。
 通常提供料理と質と量が同一は限らないけど、一体どの位の値段なのかは気になるところです。
 メニューは多岐に渡り、同行してもらった友達と、「これはまた食べに来るでしょ」と。
 さて、一品目が運ばれてきました。

クリックすると拡大します

 かつおの藁焼き塩たたき並1,180円。
 特に説明は見当たりませんでしたが、塩は粗塩です。
 鰹の刺身に藁の焼き香りが移っていて、塩でいただく美味しさ。
 塩で食べることを推奨してはいますが、他の薬味(玉ねぎ、ニンニク、青ネギ、レモン、粗塩)も用意されてます。

クリックすると拡大します

 続けて揚げ物。
 揚げ物は土佐清水に縁のあるネタが多く、長太郎貝、マンボウ、ウツボ、キビナゴ、ミョウガ、四万十のり、フライトポテト、四万十鶏。
 ハッと気が付くと、どの食材も食べたことがないじゃ無いですか。

クリックすると拡大します

 一品目は長太郎貝のフライ650円。
 生で食べるとホタテに酷似しているらしく、フライにタルタルソース掛けいただきましたが、(二人で二つと言うこともあって)すぐにでもお代わりしたい(できないけど)。
 タルタルソースに辛子が入っている様で、甘ったるいだけにならない味わいなのですが、サクッと二口くらいで食べられちゃいますね。

クリックすると拡大します

 さて、日本酒。
 「高知全土の18蔵元 土佐酒」と説明があり、知っている蔵元はアリサワ、亀泉、玉の井、西岡、酔鯨のみ。
 1合相当を680円から880円の幅に抑えてあり、銘柄、造りともに適正価格。
 今の世の中、日本酒女子が多くなってきたとは言え、本日は日本酒を飲んでいる姿を自分以外に見つけられませんでした。

クリックすると拡大します

 1杯目は司牡丹酒造「自由は土佐の山間より」特別純米酒超辛口880円。
 お酒を注ぐときに掛け声があって、注いで下さった店員さんが可愛かったので、つい、大声でご唱和してしまった。
 すっきりした美味しい口当たり、運ばれてくる料理の順番が分からないので、「そつなく合わせる」一杯を選んだつもりです。

クリックすると拡大します

 続けて、土佐の魚の料理。
 土佐マンボウ、足摺めぐみ鯛、ブリのかま焼き、めじかの干物
 漁師だけでなく、農家や飲食店などのTEAM土佐清水メンバーの個人名がちょくちょく出てきます。

クリックすると拡大します

 マンボウの湯引き680円。
 土佐マンボウだけでなく、マンボウの湯引きは初めて食べた味わいで、クエに似ている。
 説明によると高知の日常食との事ですので、都内の高知料理を出す飲食店に行けば食べられるのでしょう。
 つまり、知らないだけ。

クリックすると拡大します

 うつぽの唐揚げ780円。
 これまた初めて食べたウツボ、見た目はアレですけど、こうして食べると結構美味しい。
 かつおのたたきでは粗塩でしたが、こちらは普通(?)の塩、塩だけじゃなくてレモン、レモンだけじゃなくてポン酢で食べても美味しい。

クリックすると拡大します

 次のお酒はアリサワ酒造「文佳人」辛口純米酒680円。
 この銘柄は鎌倉にあるトランポリンというラーメン店で提供されていたので、飲んでみました。
 さらりとした口当たりで、これまたどの料理にもそつなく合う美味しい日本酒。

クリックすると拡大します

 で、話しに花が咲く中、宗田節の削り節を使っていないことに気が付きまして。
 薬味を取り分けて、削り節を掛け、ポン酢を掛けて食べてみました。
 これだけでお酒を一杯飲めそうな程美味しい、次回に来たときに、試してみよう。

クリックすると拡大します

 最後は足摺キングの藁かご焼き(メニューに見当たらず)。
 「足摺」を地の人は当然読めますのでふりがな無しでしたが、同行者が読めなかった様に、読めない人が一定するいると思うけどね。
 ※ネットでは、読めなくてもコピペすれば記事が書けるし、ググれば読みも分かるし。
 地鶏らしい濃厚な味わいで、焼きの美味しさが分かったので、生でも食べてみたい。

クリックすると拡大します

 最後のお茶を頂き、お開き。
 次回訪問時には隠し酒を聞いてみたい。
 美味しくいただき、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
2日もラーメンを食べないなんて珍しいですね。
こっそりせたが屋に行ってるでしょ?(笑)

> 知っている蔵元はアリサワ、亀泉、玉の井、西岡、酔鯨のみ。

日本酒は得意ではないのですが土佐酒にはご縁があり亀泉や文佳人はいただいたことがあります。

> 「足摺」を地の人は当然読めますのでふりがな無しでしたが、
> 同行者が読めなかった様に、読めない人が一定するいると思うけどね。

石廊崎や御前崎と同じくらい足摺岬と室戸岬は台風の中継で有名だと思いますけど
読めない人っているんですね。
Posted by tomoco at 2018年09月27日 22:38
tomocoさん

> こっそりせたが屋に行ってるでしょ?(笑)

 行ってません(笑)

> 日本酒は得意ではないのですが土佐酒にはご縁があり亀泉や文佳人はいただいたことがあります。

 突然の親近感。

> 石廊崎や御前崎と同じくらい足摺岬と室戸岬は台風の中継で有名だと思いますけど

 テレビを見ないで(自宅に置かなくて)、ニュースや天気予報はネット(スマホ)だけの人、一定数いますね。
Posted by ふらわ at 2018年09月27日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184531049
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック