2018年10月08日

相模原と座間

/59KONG@相模原市緑区向原4-2-3にてまぜ麺、チャーハン/ラーメン子ブタ屋座間店にて担々麺/

クリックすると拡大します

 秋らしい陽気になって、一昨日、昨日と行かれなかった相模原のお店へ、バイクで向かいます。
 ルートが幾つかありますので、今日はグーグルマップに従ってみることにしました。
 クルマだったらずっと見ながら走れますが、バイクなので時々止まって時々見る、何ヶ所か行き過ぎながら、何とか到着。

クリックすると拡大します

 同一県内でも電車とバスの方が早く着きそうなほど自宅から遠い、コピオ相模原インター(紹介のページ)。
 施設内にあった焼きたてサンドと牛肉丼ぶりのお店 極の跡地へ2018/10/1にオープンした、59KONG@相模原市緑区向原4-2-3(公式ツイッター)。
 経営母体は「ビストロマサキワミ」「元祖一条流がんこ総本家分店」の極グループです。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左手の券売機で食券を買います。
 メニューは混ぜそばとして得まぜ麺800円、まぜ麺650円。小盛150g、並盛200g、大盛300gまで同額です。
 チャーハンは580円から780円までの5種類、餃子は350円で2種類、5日と9日は170円になります。
 ビールとソフトドリンク。

クリックすると拡大します

 中々来られない場所なのでまぜそばとチャーハンを食べておこうと、半チャーハンと半まぜ麺を探すも、見つけられません。
 うーん、仕方ないのでフルサイズを2つ。
 食券を店員さんに渡し、まぜ麺の麺量を普通でお願いすると、「ニンニクは入れますか?」と聞かれたので、お願いしました。
 しかしして、券売機では「まぜ麺」、麺量の説明では「あぶら麺」などなど、幾つか表記の揺れがありますが、(個人のブログなので)自身の基準に照らして表記し、表記の揺れは気にしないことにしました。

クリックすると拡大します

 店内は厨房に沿ったカウンター7席、壁向きカウンター7席、テーブル6席の20席です。
 卓上には辣油、醤油、酢と餃子のタレ用と思われる調味料しか見当たりません。
 お冷やを飲みながらまぜそばの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 しばらく待ってまぜ麺650円
 茹で上げた中太麺と醤油ダレを軽く混ぜ、一口大のサイコロチャーシュー、茹でほうれん草、味付けメンマ、大きめに刻まれた玉ねぎ、厚めに刻まれた白ねぎ、卵黄、背脂がトッピングされています。
 卵黄を溶かしながら全体をかき混ぜて食べてみると、醤油ダレも相まって全体的に甘さが支配し、背脂が甘さを追い打ちします。
 ここまで甘いまぜそばを食べたのは初めてですが、決して嫌味な甘さでは無いので美味しく頂けます。

クリックすると拡大します

 中太麺はサッポロめんフーズ、醤油ダレの粘度が高くて全体が良く絡みます。
 途中から辣油を回しかけましたが甘さはあまり変わらず、黒胡椒が合うかもですが見当たりません。
 食べ終わるとタレや具材が僅かに残り、〆のご飯を推奨していますが、、、そのままレンゲですくい取って食べ切りました。

クリックすると拡大します

 同時にチャーハン580円、玉子スープ付き
 大きな中華鍋を振って炒めたパラパラタイプのチャーハン、具は玉子と葱だけ、味付けはオイスターソース。
 シンプルな味付けでとても美味しいけど、ここまでシンプルだと胡椒を振りたいところですが、見当たりません。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お店を出て、施設内のラーメン店に向かうも、イマイチ気分が乗らなくて。
 近くをさっと検索するも、特段、惹かれる店が無かったので、しばらく行っていなかった店までの経路を再びグーグルマップで検索します。
 自身の勘とは違う経路、なるほど、その経路の方が早いんだ。

クリックすると拡大します

 2回目の訪問になるラーメン子ブタ屋座間店@座間(座間市入谷)、座間駅から徒歩10分なので、会社帰りに歩いてこられなくは無いだろうけど、な。
 営業時間の貼り紙が剥がされていたけど、暖簾が出ていたので入ってみると、「今日は試しに通し営業なんです」と。
 気を遣わせてしまったようだと思うのは自身の自己顕示欲の強さの現れですな。

クリックすると拡大します

 ノーゲスの店内、席に座ってひとしきり世間話をしてから「担々麺を」とお願いしました。
 すると「細麺も出来ますが」と確認されたので、「お願いします」と。
 聞けば、店主さんの前職の店(中国料理翠園)で担々麺を食べたお客さんが多く来店され、「担々麺だったら細麺で作ってよ」と懇願されたそうです。

クリックすると拡大します

 少し待ってから担々麺800円、ラーメン二郎インスパイア店が出す担々麺には到底思えません。
 ベースの豚骨清湯スープに自家製の芝麻醤、自家製の辣油を利かせ、モヤシとキャベツの茹で野菜、甘辛挽肉、万葱をトッピングし、白胡麻をさっと振っています。
 スープを飲んでみると、さっぱりした甘さ、すっきりした辛さ、が豚骨出汁の旨さを引き立てます。
 僅かに酸味を感じた理由を尋ねてみると、辣油を作る段階で酢を使っているそうで、ラーメン屋では思い付きにくい製法の辣油なんですね。

クリックすると拡大します

 平打太麺と同じ羽田製麺の細麺、絶妙な茹で加減、スープとの相性も素晴らしいです。
 どんな担々麺なのかを楽しみにしていましたが、こうして食べてみると美味し過ぎてつまらない担々麺。
 店主さんの出身からすれば至極当たり前で、スープこそ鶏ガラと違いますが、正統派の担々麺です。

クリックすると拡大します

 食べ終わって、次のお客さんが来ないことをいいことに、ラーメン談義の花を咲かせます。
 キーワードは「はすみ」、「まっちぼう」、どちらも知っている店で良かったです。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 23:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
もし休憩時間中にふらわさんの御姿をみて店の人が気を使って通し営業設定にしたのならさすが「ふらわブランド」、侮れませんね。
しかしして混ぜそば、チャーハンに担々麺の連食とは。恐れ入り谷の鬼子母神でございます
Posted by 諸々丘 at 2018年10月10日 14:02
一日遅く行けば餃子も安くて満漢全席できたのにもったいない。
子ぶた屋というのはひまわり見に行く時のお店でしょうか?
Posted by 桜めむ at 2018年10月10日 14:11
諸々丘さん、コメントありがとうございます。

> もし休憩時間中にふらわさんの御姿をみて店の人が気を使って通し営業設定にしたのならさすが「ふらわブランド」、侮れませんね。

 そんなことは天地がひっくり返っても有り得ませんから。
Posted by ふらわ at 2018年10月11日 00:09
桜めむさん、コメントありがとうございます。

> 一日遅く行けば餃子も安くて満漢全席できたのにもったいない。

 確かに、おっしゃるとおり。

> 子ぶた屋というのはひまわり見に行く時のお店でしょうか?

 「見に行った」時に立ち寄ったお店です。
Posted by ふらわ at 2018年10月11日 00:10
> ここまで甘いまぜそばを食べたのは初めてですが、決して嫌味な甘さでは無いので美味しく頂けます。
> 途中から辣油を回しかけましたが甘さはあまり変わらず、黒胡椒が合うかもですが見当たりません。

次の日にぶぅさんの油そばを食べたら味が濃すぎて悶絶しそうですね♪

ラーメン子ブタ屋さん、気になりますが駐車場はありますか?
Posted by tomoco at 2018年10月11日 21:28
tomocoさん

> 次の日にぶぅさんの油そばを食べたら味が濃すぎて悶絶しそうですね♪

 次の日まで前の日の味を引きずることは、余りありません。

> ラーメン子ブタ屋さん、気になりますが駐車場はありますか?

 無いです。
Posted by ふらわ at 2018年10月13日 01:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184632377
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック