2018年10月30日

トンテキの季節

/ゆで太郎代々木東口店にて中華そば、焼きのり、コロッケ/東京トンテキ品川港南口店にてこま切れトンテキ定食/らーめん雅楽GARAKU@あざみ野にて燕三条系背脂煮干らーめん/

クリックすると拡大します

 早起きはお蕎麦のために、今朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 そろそろコートを羽織りたくなるほどの朝、今日も元気に朝ラーですね。

クリックすると拡大します

 今朝は中華そば490円、焼きのり100円、クーポンコロッケ
 配膳直後の麺姿もいいのですが、食べるときの麺姿というか盛り付け例を紹介するのはどうかと。
 賛否両論あって良いと思いますし、全ての読み手が否であっても、私は賛だから問題ありません。
 美味しくいただき、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 お昼は東京トンテキ品川港南口店ホームページ)、経営母体は壱角家や横浜道、鉄板王国・ステーキの王様と同じガーデンになります。
 1月のオープン以来、2回目の訪問になります。
 牛肉だと重いし、鶏肉だと軽い気分の時にぴったりな豚肉、ラーメンが忙しくなければもう少し頻度上がるんですけどね。

クリックすると拡大します

 前回は満席階段待ちでしたが、今日は少し時間を遅らせて訪問したら半分くらいの入りで、すぐに座れました。
 階段途中に「毎月10日はトンテキの日」として、トンテキ定食1,050円が777円(税込839円)とのこと。
 今日は10日じゃないのか、なんとかならないのか、ならないよね。

クリックすると拡大します

 メニューは前回と同様ですが、単品で1,050円のこま切れトンテキが、期間限定サービスでライスと味噌汁が付けられます。
 つまり、こま切れトンテキ定食が1,050円、それは、ライスと味噌汁が無料サービスと言うことです。
 トンテキとこま切れトンテキの違いは、トンテキが切れ目は入っていても繋がっているのに対して、こま切れトンテキは切り離されていると言うこと。
 たったそれだけのことで200円のはずは無く、色々と事情があるのでしょう。

クリックすると拡大します

 少し待ってこま切れトンテキ定食1,050円
 一口にしては少し大きめのこま切れトンテキ、豚肉の美味しさを引き立てるソースが絶妙です。
 量表示は見つけられませんでしたが、豚肉は全体で200g以上はありそうです。

クリックすると拡大します

 圧倒的に足りないご飯には柴漬けを乗せて、美味しくいただきました。
 これでキャベツがお代わり自由だったら無敵なんだけどな、流石にそういうわけにはいかないよね。
 お味噌汁も具だくさんでとても美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜はらーめん雅楽GARAKU@あざみ野(横浜市青葉区)へ。
 先月は伺うことが出来ずに、名実ともに年間11回訪問に近づいていきます。
 お店は透明ガラスなので店内の様子が外から見え、おお、定位置の席が空いていて嬉しい。

クリックすると拡大します

 ハートランド500円、今夜はあざみ野で一人お疲れ様会。
 月に一度以下しか訪問しないので、この三連皿が本来は何に使うのか、知りません。
 今夜は程よい混み具合で、店主さん、女将さんと会話が弾みます。

クリックすると拡大します

 話が弾んでいると、「こちらをどうぞ」と仮称:激辛モヤシが置かれます。
 何とか商品化を目指しているのだけど、まだまだ試食段階とのこと。
 うーん、咳き込むほどの辛さで私にとってはすぐにでも商品化して欲しいのですが、さて。

クリックすると拡大します

 1時間いても話しらしい話しが出来ない日もあるけど、逆にずっと話が出来る日もあります。
 人によるとは思うけど、話しをするには水では口が上手く回らないので、特別本醸造の雪中梅、これは美味しいデスなぁ。
 四合瓶を空にするまでは飲まずに、そろそろ、ラーメンを食べますか。

クリックすると拡大します

 燕三条系背脂煮干らーめん950円、サービスでライスと納豆
 ※店主さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なりますので、ご了承ください。
 やや濃いめに振った煮干しダシに良質の背脂を浮かべ、豚バラチャーシュー、青ネギ、カイワレ大根、刻みネギ、味玉、メンマをトッピングした逸品。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の太麺がスープによく絡み、具材とも馴染みが良くて、どんどん食べ進められます。
 トッピングが多いなぁという麺相でしたが、食べ始めてみれば、なんの、ちょうどいい感じです。
 野菜が値上がりしているけど、ここは絶対に譲れないとのこと。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったら、ライスに納豆を乗せて、上から残したスープを回し掛けます。
 玉ねぎとか青ネギとか一緒にかき混ぜて、レンゲでいただくと、これまた美味しすぎる。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>一口にしては少し大きめのこま切れトンテキ、豚肉の美味しさを引き立てるソースが絶妙です。

ここのソースは味が濃すぎます。全てをソースで胡麻化している感じで、美味しいとは思えませんでした!
私の感覚が変で、味が分からないのかと思いましたが、一緒に行った人も全て同じ感想だったので安心しました。
Posted by 美紀 at 2018年11月02日 08:25
朝からけっこう重そうなラーメンですね。前から感じてたんですが天かすどっさりと揚げ物は油っこくないですか?
Posted by 玲子たん at 2018年11月02日 10:37
美紀さん、コメントありがとうございます。

> ここのソースは味が濃すぎます。全てをソースで胡麻化している感じで、美味しいとは思えませんでした!

 ああ、そうですか。
 ちなみに、美紀さんが「ここのソースの味が濃くなくて、全てをソースで誤魔化していない」トンテキをご存じでしたら、教えて下さいませんか。
Posted by ふらわ at 2018年11月04日 00:06
玲子たんさん、コメントありがとうございます。

> 前から感じてたんですが天かすどっさりと揚げ物は油っこくないですか?

 全く油っこくありませんよ。
Posted by ふらわ at 2018年11月04日 00:07
>ちなみに、美紀さんが「ここのソースの味が濃くなくて、全てをソースで誤魔化していない」トンテキをご存じでしたら、教えて下さいませんか。

嫌です、教えてくありません。
Posted by 美樹 at 2018年11月04日 05:52
横から口出ししてすいません、数日前ステーキでコメントさせていただいた者です。
ふらわさんに紹介させてもらった池袋駅西口ロサ会館の洋食チェックはポークソテーもシンプルでおいしいです。
ソースはほのかに洋酒を効かせたデミベースのあっさり系、値段は1000円を超えるくらいだったと思います
Posted by ハダカの美奈子 at 2018年11月04日 11:24
美樹さん、コメントありがとうございます。

 教えて下さって、ありがとうございます。
 機会を見つけてうかがってみます。
Posted by ふらわ at 2018年11月04日 15:23
ハダカの美奈子さん、コメントありがとうございます。

> 池袋駅西口ロサ会館の洋食チェックはポークソテーもシンプルでおいしいです。

 なるほど、色々と食べてみて、と言うことでしょうか。
 近いうちに、お邪魔してみます。
Posted by ふらわ at 2018年11月04日 15:25
> 圧倒的に足りないご飯には柴漬けを乗せて、美味しくいただきました。

漬け物っておかずが足りないときに仕方なく食べるものだと思っていました。
ご飯が足りないときは無理に柴漬けを食べる必要はないような。

> これでキャベツがお代わり自由だったら無敵なんだけどな、流石にそういうわけにはいかないよね。

たったの50円でキャベツおかわりできますよ。好きなだけ何回でも。
Posted by tomoco at 2018年11月05日 22:11
tomocoさん

> ご飯が足りないときは無理に柴漬けを食べる必要はないような。

 (笑)

> たったの50円でキャベツおかわりできますよ。好きなだけ何回でも。

 50円は高いなぁ(笑)
Posted by ふらわ at 2018年11月06日 00:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184842649
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック