2018年11月01日

駅ナカの寿司屋

/せたが屋品川品達店@品達にてせたが屋つけ麺てんこもり/魚がし日本一エキュート品川サウス店にて秋の三貫王/横浜家系ラーメン志ぶ田家@南林間にて醤油豚骨ラーメン/

クリックすると拡大します

 月が変わっても、お昼はせたが屋品川品達店@品達ホームページ)へ。
 お店に着くと外待ち多数、食券を買ってから外待ちに並びます。
 お昼時はどの店舗も外待ちしていて、繁盛していますね。

クリックすると拡大します

 外待ちする場所にはドリンクメニューとサイドメニューが案内されています。
 追加オーダーは自席からの現金対応をして下さるので、食券を買い忘れても、買わなくても大丈夫です。
 少しずつ列が進んで店内へ、お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 今日はせたが屋つけ麺てんこもり1,230円、単品メニューでは最高値となります。
 平打ち麺が390gも茹で上げられていて、ラーメンどんぶりが上げ底無しで満タンです。
 海苔は「せたが屋」だけに二枚乗せ、なるとがちょこんと。

クリックすると拡大します

 つけ汁には麺を浸しにくいほどチャーシューと材木メンマ、味玉が沈めてあり、岩海苔も乗せてあります。
 何度食べても何度でも食べられる豚骨清湯に魚介出汁を加えたスープ、何度食べても美味しい。
 さすがにここまでの麺量だと途中で薄まるので、途中からガツン汁でガツンとして食べ切ります。

クリックすると拡大します

 こんなに麺量が多いと途中で飽きるかと思ったら、全くそんなことはありません。
 だからと言って、お腹に溜まることには変わらないので、こういうのは一回だけでいいかな。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が終わって早く帰りたかったので、品川駅ナカの魚がし日本一エキュート品川サウス店公式サイト)へ。
 ラーメンの人で無ければ、毎晩この店でも構わないと思うほど気に入っています。
 朝と昼はそうでもないけど、夜はいつでも満席で外待ちするほど、今日は店内待ち数分でした。

クリックすると拡大します

 立ち食いスペースに案内され、先ずはビールで喉の渇きを癒やしてから。
 一品目は秋の三貫王(かつお、さんま、生サーモン)450円
 本来、お寿司はこの程度の値頃感で、この程度の手軽さで食べる料理なんだろうな。
 それが全方向に発展し、10倍も20倍も値段と味の幅が広がりました。

クリックすると拡大します

 他にも幾つかセット物がありますが、今日はお好みであじ100円、つぶ貝100円。
 値段は一貫の値段なので、2貫ずつ提供されます。
 軽く醤油を付けてさっと食べるのが、自分の心の中での粋な食べ方。

クリックすると拡大します

 続けて生しらす125円、かんぱち150円。
 隣りの一人女性客の後にきた男性客、店員さんと世間話をしているとウーロンハイが渡され、笹の葉に山葵が盛られ、適当に握ってもらっていました。
 どんな店にも通い続けているお客さんがいて、駅ナカの立ち食い寿司屋にだって、お馴染みさんはいますね。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 電車に乗って座ったら熟睡してしまい、気が付いたら南林間駅。
 少し前にお寿司を食べた気がしますが、過ぎたことは過ぎたこと、途中下車してラーメン屋へ。
 南林間駅から徒歩数分の横浜家系ラーメン志ぶ田家@南林間(大和市南林間1-7-12)、2018/10/19オープン。
 経営母体はサンライズキッチン、正式には「志ぶ田家 南林間店」とのこと

クリックすると拡大します

 店先に大きくメニューが貼りだしてあるので、店内に入る前に検討します。
 スープは1種類で、タレの違いで醤油、塩、味噌、辛味噌の4種類です。
 チャーシューにこだわっていて、吊し炭焼チャーシューとしてももチャーシューとバラ肉チャーシューが用意されています。
 店内に入ると先客4人、後客3人と既に認識されている感じです。

クリックすると拡大します

 左手の券売機を見ると、トッピングは味玉、白髪ねぎ、ほうれん草、九条ネギ、のり、キャベツ。
 サイドメニューとしてギョウザ、ご飯物。
 11:00-15:00はライス無料サービスですが今は夜、150円がもったいないので今夜は痩せ我慢しました。
 店内は厨房を囲むL字カウンター8席と2席、壁側に4人掛けテーブルが2卓、計26席です。

クリックすると拡大します

 食券を渡すと家系お好みを聞かれたので、全部普通でお願いします。
 卓上の調味料はブラックペッパーグラウンド、刻み生姜、おろし生姜、特製唐辛子、行者にんにく、無臭にんにく、白ごま。
 ラーメンに入れてもいいけど、基本はギョウザのタレと思われるお酢、ラー油、醤油。
 玉ねぎのみじん切りは冷蔵庫保存されているので、必要であれば店員さんに声を掛けます。

クリックすると拡大します

 予想より早めに提供された醤油豚骨ラーメン710円
 一般的な家系ラーメンの丼より小さめ、スープも少なめ、麺量も少なめです。
 何でもかんでも量が多ければいい、量が多くて安ければいい、という方向性はごく一部のラーメン店に任せ、この位の量がなにかと助かります。
 鶏ガラ、豚ガラスープは鶏油もしっかり利いていて、とても安定した味わいだと感じます。

クリックすると拡大します

 大橋製麺多摩の短尺平打中細麺は、普通で固め仕上げ、茹で時間が短いと言うより、麺自体が固いのでは無いでしょうか。
 板海苔は厚め、茹でほうれん草は多め、燻製の豚バラ肉チャーシューは、スープに漬けずに食べたいほど美味しい。
 ウズラもメンマもありませんので、もう一つの家系ラーメン系列でしょうか。

クリックすると拡大します

 途中で行者ニンニクと特製唐辛子で味変、これは面白いですね。
 店員さんのオペレーションもスムーズで、次回無料トッピング券も配っていたので、結構流行りそうだなぁ。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
私は家系では麺量の多さも味、と思いますがどうでしょう?
Posted by 菌ちゃんどこ at 2018年11月04日 17:04
菌ちゃんどこさん、コメントありがとうございます。

> 私は家系では麺量の多さも味、と思いますがどうでしょう?

 おっしゃるとおりです、私も同意します。
 ですが、他店との差別化を考えると、何かを変えることも必要になってくると思います。
Posted by ふらわ at 2018年11月05日 00:59
どんな安い価格設定のお店でも常連さんはいますよ、駅ナカというせわしない立地でも店と客の間に
阿吽の呼吸が存在する、というのはじつに日本的で素晴らしいと感じました。
しかししてふらわさんにも荒木屋、雅楽、翔etcといった誰もが認めるホームがあるじゃないですか
Posted by びんちゃん at 2018年11月05日 11:31
びんちゃんさん、コメントありがとうございます。

> どんな安い価格設定のお店でも常連さんはいますよ

 はい。分かって下さっている人は良いのですが、知らない人もいるだろうと思い、紹介しました。

> しかししてふらわさんにも荒木屋、雅楽、翔etcといった誰もが認めるホームがあるじゃないですか

 いえいえ、ホームと呼ぶほどではありません。
Posted by ふらわ at 2018年11月06日 00:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184869325
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック