2018年11月03日

横須賀で二軒

/つけ麺たつ屋@北久里浜(横須賀市佐原)にてつけ麺並/麺やはまじ@追浜(横須賀市追浜町)にてニボタンそば/

クリックすると拡大します

 今日は女房に頼まれて、横浜まで車を飛ばします。
 なんでも犬仲間の集まりがあるらしく、運転が心配なのでお願いしたいと。
 日頃、家族サービスポイントが底をついていると言うよりマイナスな私に渡りに舟。
 会の最後までいると言うことで、私は近くのラーメン店巡りをば。

クリックすると拡大します

 一軒目は、つけ麺たつ屋@北久里浜(横須賀市佐原)
 2018/6/21オープン、麺屋庄太の店長からの独立とのことです。
 店先には10台分の駐車場が用意されていますが、店舗専用は5台で、残りはコインパーキングになっています。
 お店に入り、右手にある券売機で食券を買います。

クリックすると拡大します

 メニューはつけ麺、塩つけ麺、塩そば、濃厚中華そば、しょうゆラーメン、豚骨ラーメンと多彩です。
 つけ麺の麺量は並200g、中260g(塩は250g)、大350g(塩は300g)。
 中盛り同額ですので、食券引き取り時に確認されます。
 サイドメニューは餃子、ご飯物。ドリンクバーにビールが用意されています。

クリックすると拡大します

 店内はかなり広くてカウンター13席、4人掛けテーブルが2卓、3人掛けが2卓。
 テーブル席の上部には大型の液晶テレビがドラマを放映していました。
 「カウンターへどうぞ」と案内された先にはお冷やが置かれ、店員さん食券を渡すと麺量、麺はヒヤかアツかを確認されます。

クリックすると拡大します

 卓上にはフライドガーリック、おろしニンニク、豆板醤、お酢、醤油、胡椒、辣油、壺漬け、一味山椒。
 目の前の厨房を見ると、大きな寸胴が何基もあって、ぐらぐらとスープを煮立てています。
 小さいコンロが何基も用意され、鉄鍋を熱しています。

クリックすると拡大します

 少し待ってつけ麺並880円、麺はヒヤでお願いしました。
 左に鉄鍋のつけ汁、右に木桶の麺、私は箸を右手で持つので問題ありませんが、左手で持つ人は食べにくそう(容器を入れ替えにくそう)。
 トッピング(別皿ですから「乗せもの」ではなく「合わせもの」)は、胡椒が振ってあるレアチャーシュー、炙り姫竹、半身の味玉。

クリックすると拡大します

 直火で熱した鉄鍋の蓋を開けると、うわっと煙が上がって泡系かと思うほどのつけ汁です。
 つけ麺の中太麺はネット情報だと麻生製麺らしい(私には判別不能)、塩つけ麺は細麺で増田製麺だとか。
 麺はマグロのダシ汁に漬けられていますが、説明が無いと分からないほど薄味ですし、スープ割りに使うわけではないし。

クリックすると拡大します

 麺が箸から離れない様につけ汁に浸けて手繰ると、豚骨ベースでありながらマグロの風味が感じられ、とても美味しい。
 とても美味しいけど、調理時間が普通のラーメンの何倍も掛かるし、鉄鍋や木桶の洗浄も大変そうです。
 後で気が付きましたが、泡系つけ汁だと味変を楽しむことが出来ません。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったらので、店員さんに声を掛けてスープ割りをお願いしました。
 鉄鍋を引き取り、マグロ出汁を割り入れてコンロで加熱、柚子はお好みで入れてもらえます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 二軒目は麺やはまじ@追浜(横須賀市追浜町)、ラーメンショップの居抜き、2015/12/14のオープンです。
 年に数回、この辺りにはラーメンを食べに来ますが、殆どが電車と徒歩ですので駅近くの店ばかり。
 クルマやバイクで来るのは年に一度くらいで、店先を通りながらも他店に行っていてしまい、ずっと立ち寄ってみたかった店です。

クリックすると拡大します

 店先にメニューが紹介されていて、焦がし魚介らーめん、醤油らーめん、塩らーめん、鶏パイタンらーめん、煮干しそば。
 麺は細麺と中細麺から選べます。
 焦がしは焼きあごスープ、醤油と塩は本枯れ節、昆布、鶏ガラスープ、鶏白湯、煮干しとですので、4種類のスープを仕込んでいるようです。
 サイドメニューは煮込みチャーシューご飯、アルコール飲料は用意されていません。

クリックすると拡大します

 店舗には駐車場が無いので、通り反対側などのCPを利用すると海苔か味玉がサービスされますが、自己申告制のようです。
 店内は入ってすぐが横に長いL字カウンター7席、右手奥に小上がりとして4人掛けが2卓。
 店主さんと母親と思われる2人体制、口頭注文後会計、卓上には白ごま、白胡椒、一味唐からし、酢、醤油、豆板醤、おろしニンニク。
 お冷やを飲みながら、テレビを見ながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待ってニボタンそば800円、細麺でお願いしました。
 色とりどりのトッピングに思わずほっこり、丼の縁へ板海苔を横向きに貼り付けた独特の麺相です。
 鶏白湯と煮干し出汁のブレンドスープ、どちらのスープも「あっさりした味わい」のようで、ブレンドするとどちらとも言えない絶妙な味わいで、これは美味しい。
 それぞれのスープの出来不出来で配合率を調整されているのだろうなぁ。

クリックすると拡大します

 細麺は長多屋製麺所、スープとの相性は煮干しスープに合わせてあるのか、僅かに足りていません。
 トッピングは炙りバラ巻きチャーシュー、豚肩ロースレアチャーシュー、鶏モモ肉レアチャーシュー、板海苔、青ネギ、メンマ、青菜、白葱、貝割れ大根。
 いやいや美味しい、初訪で限定メニューはどうかと思ったけど、直感で良いんじゃ無いかと。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 帰りは急ぐこと無く安全運転で、早めに戻って少し休んだのですんなりと帰宅できました。
 普段しない神経を使ったので、身体がふんわりしつつ疲れています。
 今日も一日、お疲れ様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184878093
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック