2018年11月05日

馴染みの店で

/ゆで太郎代々木東口店にて中華そば、焼きのり、かき揚げ/とんこつラーメン藤参(ふじさん)@三田にてラーメン並、青菜/中華そばみやざき@向ヶ丘遊園にて中華そば、鶏チャーシュー/

クリックすると拡大します

 早起きはお蕎麦のために、今朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 すっかり肌寒くなりましたが、この世にゆで太郎がある限り。

クリックすると拡大します

 今朝は中華そば490円、焼きのり100円、クーポンかき揚げ
 別々に小皿に乗せられていますので、温かい料理が温かいウチに食べられる様にササッと盛り付けて、パパッと撮って。
 すっかり焼きのりの虜になって、何度も食べていると、何度も美味しくなっていきます。
 美味しくいただき、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 お昼はとんこつラーメン藤参(ふじさん)@三田(港区三田)へ。
 店先に営業時間変更のお知らせが貼り出されていて、11:01から22:00の通し営業、日曜定休になりました。
 ランチタイムは立ち食いですが、14時以降になると椅子が用意されます。
 椅子は店先に出しているので、雨が降ってくれば何時でも椅子が用意されます。

クリックすると拡大します

 店内に入ると(実際のところ、入口は開け放たれているので店先の少し前から見えているけど)、ノーゲス。
 自身のラーメンが出来上がってくる頃には満席?になったので、たまたまですね。
 しかしして、このたまたまのタイミングを逃すほどのんびりしてはいないので、店員さんと世間話しちゃって。
 メニューに変更が無いことを確認して、トッピングを一品ずつ試していこうと。

クリックすると拡大します

 って、今日もご飯を頼むのを忘れてしまいました。
 口頭注文後会計、後会計だとつい忘れちゃうので、ずっと気にしていないと。
 卓上には酢、黒胡椒、白胡麻、紅生姜、豆板醤、刻みニンニクと前回と微妙に変わっています。
 立った場所がちょうど寸胴の炊き出しが見える位置で、生の背ガラを斜めに入れた、正統派家系ラーメン店で見慣れた光景。

クリックすると拡大します

 少し待ってラーメン並700円、青菜100円。家系お好みは麺柔らかめ。
 ゲンコツと背ガラを徹底的に炊き出した豚骨スープ、鶏油の甘さも利いていて、相変わらずの美味しさ。
 醤油タレが少し辛めにぶれているのも、スープを美味しくさせています。

クリックすると拡大します

 増田製麺の短尺平打中太麺、もう少し柔らかくて宜しくてよ。
 ピンと立った板海苔、ドサッと入った端チャーシュー、今日は青菜増しで、
 青菜は茎の部分が多くて好み、スープに良く馴染みますねえ。

クリックすると拡大します

 最後はおろしニンニクと豆板醤で味変し、美味しく食べきりました。
 途中で強炭酸水を試しましたが、炭酸水の経験値が低く、良く分かりませんでした。
 食べ終わって店長さんに製麺所を再度確認し、修業元と尋ねると、、、この件はこれ以上の深掘りはしないし、公には聞かなかったことにします。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜は中華そばみやざき@向ヶ丘遊園(川崎市多摩区登戸)公式ツイッター)へ。
 店舗の二階も飲食店で、その飲食店の電光掲示板が店先に置いてあって、ちょっと気になる。
 店先の写真を撮っていたら、カップル客に抜かれました。

クリックすると拡大します

 店内に入って左手の券売機を見ると、限定メニューの煮干しそばと鯖まぜそばは売り切れていました。
 ツイッターの告知によると、今月(11/1)からチャーシューに鶏肉が加わり、デフォが豚2枚でしたが、豚1枚と鶏1枚になりました。
 お好みで豚2枚、鶏2枚にも対応するとのことですが、券売機からは読み取れません。

クリックすると拡大します

 空いている席に座って食券を店員さんに渡すと、若い女性店員さんが2人で回しています。
 無休営業ですから、店主さんが休みの日もあると言うことだな。
 とは言え、スープの仕込みはされているとのことで、ラーメン屋さんって本当に大変です。

クリックすると拡大します

 少し待って中華そば750円、鶏チャーシュー200円
 いまさらデフォも無いだろうと、チャーシュートッピングしてみました。
 スープは丸鶏ベースに角の取れた醤油タレと一体化して、安定した美味しさ。
 しかしして、春道系の呪縛からは中々抜け出せそうにありませんが、このラーメンと春道系を食べ比べている人は、どの位いるだろうか。

クリックすると拡大します

 菅野製麺所の細麺はスープと中々の相性、食べるごとに食感が異なりますが、多分気のせい。
 食べやすく薄めにスライスされた鶏モモ肉チャーシューが5枚、シットリしていて望外に美味しい。
 材木メンマ、白髪ねぎ、彩り的な貝割れ大根。
 スルッと食べてご馳走さまでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>食べ終わって店長さんに製麺所を再度確認し、修業元と尋ねると、、、この件はこれ以上の深掘りはしないし、公には聞かなかったことにします。

この一文を書く必然性があるのでしょうか?
Posted by 美誠 at 2018年11月07日 05:29
美誠さん、コメントありがとうございます。

> この一文を書く必然性があるのでしょうか?

 さあ、難しいことは分かりません。

 「修業元と尋ねると」って助詞の使い方を間違えている人に聞きますか?
Posted by ふらわ at 2018年11月08日 09:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184884874
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック