2018年11月06日

限定メニュー

/とんこつラーメン博多風龍 新宿東口店@新宿三丁目にてMAZEマゼまぜそば、博多明太子ごはん/柳麺かいと@狛江にてらーめん/

クリックすると拡大します

 朝食は時間が無くて食べられず、お昼はとんこつラーメン博多風龍 新宿東口店@新宿三丁目ホームページ)へ。
 風龍は大好きなチェーン系ラーメン店で、関東近郊の店舗だけは全店舗伺っていますが、関西の店舗には行かれていないというていたらく。
 行きそびれている店舗があるかも知れないので、公式サイトの店舗案内のページをみたら、MAXが、アメ村前店が、、、

クリックすると拡大します

 気を取り直して、今日は今日から販売開始される限定メニューの混ぜそば狙いで。
 公式サイトによると、新宿東口店は11/6から、大久保店は11/10、大宮東口駅前店は11/13からと3店舗限定で販売が開始されます。
 タイミング良く店内は空いていて、少し店員さんと話が出来そうです。

クリックすると拡大します

 メニューは少しずつ値上げしていて、今はとんこつラーメン650円、辛味噌とんこつラーメン750円、黒マー油とんこつラーメン700円。
 トッピング類、ご飯物の価格は変更されていないようです。
 元々が安すぎたとは思っているけど、消費者心理としては「同じ品質ならば安い方が嬉しい」ですよね。

クリックすると拡大します

 カウンター席しかない店内、麺場の近くの席に座り、店員さんに食券を渡すと茹で加減を尋ねられたので「普通で」とお願いしました。
 卓上にはごま、かえし、白胡椒、紅生姜、辛子高菜、ニンニク、鷹の爪。
 まぜそば用に出して下さった辣油、酢。
 お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待ってMAZEマゼまぜそば880円
 丼はこのメニュー専用に用意されています。
 麺が見えないほど青ねぎが掛かっていて、ネギの上に刻み海苔、ネギの下にはどっさりとこま切れチャーシュー、たっぷりの麺、底には醤油タレ。
 このメニューも替え玉2玉無料の対象商品ですので、先ずは何も掛けずに全体をよく混ぜて頂きます。

クリックすると拡大します

 醤油タレからは魚介を強く感じ、ネギには嫌な苦味がなく、この商品専用に用意されたむらめんの縮れ中細麺(公式サイトでは『中太ちぢれ麵』)が実に良くタレに絡みます。
 麺はレギュラーメニューが110gに対して140g、たった30gですが一玉でも十分に満足できる麺量です。
 油そばでは無いけれど途中からラー油と酢を回し掛けてみましたが、ラー油の香りがとても高く、一気に食べ進められます。

クリックすると拡大します

 一玉目で醤油タレが殆ど残らなかったので、替え玉してタレが足りそうも無い、、、卓上のかえしで凌ぐかと「柔らかめで」とお願いしました。
 麺量が多い上に柔らかめでお願いしたので、茹で時間が掛かるのかと待っていると、レギュラーメニューの平皿では無く丈のあるお椀で登場。
 茹で上がった麺には醤油タレが掛かっていて、ちゃんと替え玉しても試食していますよ、と。
 店舗によっては「替え玉には云々」と告知してもおかしくないとは思いますが、「当たり前のことを当たり前にしているだけ」の営業姿勢なんですね。

クリックすると拡大します

 麺を広げ、真ん中に温玉を落とし(初め、生玉子かと思って殻を割ろうとしたのはツッコむところです)、全体をゆっくり混ぜて食べると、これまた美味しい。
 チェーン店がコスト最優先でメニュー開発しているウチは、クオリティ最優先で個人店が対抗すれば良かったけど、チェーン店がクオリティも保ってくると、個人店は厳しくなる一方ですね。
 折角風龍に来たので、途中から紅生姜、辛子高菜で味変、気持ちの中ではおろしニンニクでしたが、さすがに仕事中ですから。

クリックすると拡大します

 アプリのクーポンでもらった博多明太子ごはん150円
 食べ始める前は、ご飯を残してまぜそばで残ったタレに絡めて食べようと考えていましたが、タレ、殆ど残りませんでした。
 ですので、明太子ごはんとして美味しく頂きました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は帰宅途中で途中下車して狛江、駅から東に徒歩数分の柳麺かいと@狛江(狛江市東和泉)へ。
 2018/11/1オープン、店主さんは圓@八王子とのあ(背脂醤油のあ@神田、だろうか)で働いていた、とのこと。
 自身の不手際で、屋号の由来(意味)や何故この立地でとかを確認できていません。

クリックすると拡大します

 店内入り、右手の券売機で食券を買います。
 メニューはラーメンとカレーライス、ご飯物はミニチャーシュー丼。
 ちょい飲みビールと簡単なツマミが揃っています。
 350円、400円と値段だけ書かれたボタンが700円まで揃っていて、限定メニューか、一品料理なのか、気になるところです。

クリックすると拡大します

 店内はL字だけど正方形の二辺カウンター、それぞれ5席ずつの10席になります。
 私は撮影技術が下手なので、照明が頭上より後ろからの照らしていると、ラーメン等を撮ると影が重なってしまいます。
 卓上には一味唐辛子、白胡椒。
 カウンター台がかなり高くて、どうやって配膳するのか気になってはいましたが、そのカウンター台に置くとは。

クリックすると拡大します

 少し待ってらーめん700円、手元が覚束ない私は立ち上がって丼を持ち、そっとテーブルに置きました。
 麺を手繰ると、丁寧に煮出した鶏清湯スープからふんわりと立ち上がる生姜の香り、美味しいですねぇ。
 スープに浮いている脂が味わいに落ち着きを持たせています。
 普通に美味しいどころでは無く、かなり美味しいく、しかもまだまだ感をたっぷり感じます。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の平打太麺はやや固め仕上げで、スープとの相性は調整中といったところ。
 トッピングはチャーシュー、メンマ、薬味ネギ、なると。
 入店したときは先客一人でしたが、ラーメンを食べ終わる頃には満席、これだけラーメンが美味しくて、さらに飲めるとなれば混み合いますよね。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
風流って以前ふらわさんが通い詰めてたころは500円だったような。けっこうなインフレですね。まあ明太ライスがサービスなのでチャラ、というところでしょうか
Posted by パーマネントおでぶちゃん at 2018年11月08日 09:50

> 私は撮影技術が下手なので、照明が頭上より後ろからの照らしていると、ラーメン等を撮ると影が重なってしまいます。

後ろに下がって望遠気味で撮ればいいと思いますよ。背後霊のいる店は無理ですがw

> カウンター台がかなり高くて、どうやって配膳するのか気になってはいましたが、そのカウンター台に置くとは。

どれくらい高かったのかがわかる写真がなくて残念です。

> 手元が覚束ない私は立ち上がって丼を持ち、そっとテーブルに置きました。

背の高いふらわさんが立たないと手が届かないなんて…。
Posted by tomoco at 2018年11月08日 21:36
ラーメン愛は十分わかりました。身体が悲鳴あげてるでしょう。大事にしてください。
ラーメン控えて、正すことも自分の人生のため。
Posted by 看護C at 2018年11月08日 23:14
まほろの限定には行かないんですか?
Posted by かんな at 2018年11月09日 10:40
パーマネントおでぶちゃんさん、コメントありがとうございます。

> けっこうなインフレですね

 細かい計算をしちゃうと、30%の値上げ。

> まあ明太ライスがサービスなのでチャラ、というところでしょうか

 そんなところです。
Posted by ふらわ at 2018年11月09日 23:07
tomocoさん

> 後ろに下がって望遠気味で撮ればいいと思いますよ

 その撮影技術はたりないんだってば。

> どれくらい高かったのかがわかる写真がなくて残念です。

 是非、お店に行って確かめてみて下さい。
Posted by ふらわ at 2018年11月09日 23:09
看護Cさん、コメントありがとうございます。

> ラーメン控えて、正すことも自分の人生のため。

 早死にした方が世のため人のためだと、考えています。
Posted by ふらわ at 2018年11月09日 23:10
かんなさん、コメントありがとうございます。

 まほろって何?
Posted by ふらわ at 2018年11月09日 23:11
まほろ芭、もしくは、まほろ茜 のことですよ
Posted by かんな at 2018年11月10日 14:57
かんなさん、コメントありがとうございます。

 なるほど。
Posted by ふらわ at 2018年11月11日 00:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184892265
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック