2018年11月09日

関内で二軒

/わぉん。にて朝カレー定食/麺や魁星@関内にてコク塩/麺処山一@関内にて醤油ラーメン/

クリックすると拡大します

 朝食は小田急新宿駅西口地下改札脇のわぉん。ホームページ)へ。
 小田急レストランシステムの経営で、箱根そば本陣からのこの辺りを一斉にリニューアルされました。
 以前は基本は立ち飲みで、夕方までは椅子を出して定食を販売していましたが、リニューアル後は定食がメインで夜は居酒屋形態と足の置き場を変えた感じです。

クリックすると拡大します

 開店(6:30)から11:00までの朝食メニューは、鮭定食500円、納豆玉子定食450円、明太子定食480円、朝カレー定食390円の4種類。
 オプションとして、ご飯大盛り、生玉子、カレールー増し、味噌汁、納豆、明太子、生ビール、ウーロン茶。
 交通系ICカード対応のタッチパネル式で食券を買って店内へ。

クリックすると拡大します

 店内はリニューアルした直後なので、もちのろん綺麗です。
 席は三席を基本としていて、向かい合わせの3席カウンターが4卓、一番奥は壁に向き3席、厨房の反対側の壁に向き9席、全36席。
 卓上には醤油と七味唐辛子が置かれています。
 すぐに食券を番号を呼ばれ、トレーごと運んできます。

クリックすると拡大します

 朝カレー定食390円、、、味噌汁が付けば「定食」と言うことで宜しかったでしょうか。
 カレーはいわゆる箱根そばで提供されているカレーと酷似していて、辛さより甘さがきます。
 福神漬けは付いているけどらっきょうは無し、味噌汁を飲むタイミングが分からなかったので、カレーを食べる前に飲みました。
 美味しく頂いて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼をお弁当で済ませたので、夜はガッツリラーメン一杯か、普通のラーメン二杯か、飲みに行くか、と選択肢が広がります。
 もちのろん、どこにも寄らずに帰宅するという選択肢もあります。
 ということで今夜は行くべき店が二軒貯まった関内へ、京浜東北線で。

クリックすると拡大します

 麺や魁星(さきがけぼし)@関内(横浜市中区吉田町)、店主さんは数々の飲食店を渡り歩いての独立されました。
 2018/10/18オープン、立地は関内駅北口から11時の方向に徒歩5分でしょうか。
 こうして新店を回っているウチに、もう新しいお店がオープンするとか、間に合わないし、間に合わせる気も無いし。

クリックすると拡大します

 店先は店内にもメニューが貼り出されていますが、撮影技術が低くて映り込みを回避することが出来ず、ギリギリな感じで。
 ラーメンは醤油、塩、コク塩(20食限定)にワンタンとかチャーシューのトッピングバラエティ、つまりスープはノーマルとコク塩の2種類。
 ご飯はローストポーク丼、鶏ネギ丼など、特製以外のトッピングは全て別皿で提供されますので、そのままアテになります。
 飲物はビール、角ハイボール(濃いめ50円増)、ウーロン茶。

クリックすると拡大します

 店内は真ん中にスペースがあって、厨房向きと壁向きにそれぞれ5席ずつのカウンター、座った席で味の印象が180度変わるだろうな。
 口頭注文後会計、注文を済ませたら立ち上がってセルフでお冷やを持ってきます。
 卓上には白コショウ、黒コショウ。
 パウチされた説明書きにはスープ、油、麺から始まって味玉、海苔まで細かく書かれているので、読みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくしてコク塩830円、限定20食ですが、「昼10食、夜10食」の提供とのこと(通し営業で「夜」って何時からだろう)。
 阿波尾鶏(あわおどり)のガラ、丸鶏を炊いた鶏スープと、ホンビノス貝や昆布などの魚貝だしスープをブレンドしたスープ。
 どちらかというと魚貝が前に、鶏が後ろに回った印象の味わいで、かなり強めに貝が匂います。
 鶏油とトリュフオイルが回し掛けられていて、ちょっと旨味過多に感じます。

クリックすると拡大します

 自家製麺の角太麺はむっちとした歯応え、するりとした喉越し、どっしりとした食べ応え。
 トッピングは大きめのレアチャーシュー、細く長いメンマが三本、小切りの九条ネギ、角切りの紫タマネギ、しっとりと煮たカボチャ。
 レアチャーシューの上にはコク塩だけにトッピングされているイタリアのトマト。
 店主さんの修業経験が真っ直ぐに活かされている様な一杯です。

クリックすると拡大します

 食べ終わって会計を済ませた頃には店内は半分以上の入りです。
 色々と聞きたいことがあったので、手隙のタイミングを見て、ひと言、ふたこと。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お店を出て関内駅北口を目指す振りをして少し東に抜ければ、麺処山一@関内(横浜市中区真砂町)
 2018/7/9オープン、店名は「どうしても『山』と言う字が使いたくて、山ときたら『一番』ってことで」とのこと。
 経営母体は建築会社という事で、色々な情報を勝手に総合すると、鴨居とあざみ野の家系ラーメン店に続く3店舗目とのこと。
 あざみ野はピンポイントで店舗が特定できるけど、鴨居の家系ラーメンってどこだろう。

クリックすると拡大します

 店先にもメニューが紹介されていますが、ちらっと見ただけで店内へ、右手奥の券売機に向かいます。
 メニューは醤油と塩、説明によるとタレだけでは無くスープのダシを変えているようで(醤油は信玄鶏スープ、塩は鯛のアラ出汁と昆布の出汁のブレンド)、片一方だけではお店の評価は難しそう。
 チャーシュー丼、炊き込みご飯が用意され、生玉子は幸せの青い卵と呼ばれるアローカナとのこと(味玉は違う)。
 柱が一本も無い店内は黒を基調として落ち着いた雰囲気、厨房を囲む4席、3席、5席のカウンターのみ。

クリックすると拡大します

 店員さんに食券を渡してカバンを床に用意してある籠に入れようとしたら「隣の空いた席に置いても構いません」と声を掛けられました。
 先客4人の今はそれで良いとしても、後客が入ってきてラーメンを食べている最中にカバンをどかすことになると嫌なので、籠に入れました。
 それにしても足が地に着かないハイチェアは、座ってしまうと椅子の調整が難しいです。
 卓上には白胡椒、七味唐辛子。一杯目のお冷やは店員さんが注いで下さいます。

クリックすると拡大します

 少し待って醤油ラーメン800円
 魚貝ダシを主体として信玄鶏のダシで下支えしたスープ、とても美味しいけど完成した味では無く試行錯誤中に感じました。
 食材自体は厳選された良いものを使っている様に思えたので、あとは温度と時間を調整して独自性の確立を目指すってことなか。

クリックすると拡大します

 細麺は食べた瞬間に分かった三河屋製麺、滑らかな麺肌にスープが少し滑っている印象です。
 ひょっとして麺が美味しすぎてスープが負けている、と言うことは無いでしょうか。
 チャーシューは上に乗せられた肩ロースチャーシューが絶品、穂先メンマ、青ネギ。

クリックすると拡大します

 途中から加えてみた柚子胡椒と柚子片、特に使わなくてもスープは十分美味しいと思います。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 帰ろうとしたら、出口に女性店員さんが回ってきていて、「ありがとうございました」と見送って下さいました。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184908041
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック