2018年11月10日

鶏肉屋の焼き鳥

/支那蕎麦屋 藤花@鴨居にて塩らぁ麺/厳選鶏肉鳥庄にて日向鶏もも肉使用のねぎま/横浜らーめんねぎし家@根岸にて坦々麺/

クリックすると拡大します

 体調が万全ならば、駅から30分1時間歩くラーメン店であっても、良い運動程度に考えていましたが。
 今日の様な陽気ならば、歩いた方がずっと気持ちが良いけど、バスはバスで面白い。
 一生知ることが出来ない様なバス停を知ることが出来るし、一生通ることが無い道を通れるし。
 しかしして、最寄りの梅田橋バス停から徒歩数分で到着、しました。

クリックすると拡大します

 支那蕎麦屋 藤花@鴨居(横浜市都筑区池辺町)、いやいや、駐車場が満車ちかいじゃないですか。
 確かに大通りに面してはいますが、ラーメンでも食うか、じゃあここで、と立ち寄るお客さんが多いとは到底思えない。
 初訪はそうだったとしても、二回目以降は「目指して」訪問されるわけで、それがこの店ってのが自分のことの様に嬉しい。
 って感慨に浸っている場合じゃ無くて、さっさとラーメン食べないと。

クリックすると拡大します

 店内に入り、券売機を見て限定メニューや新メニューの無いことを確認して、ポチポチとボタンを押して、と。
 カウンター席が満席だったので、店内の待合席でしばらく待ちます。
 さて、何にも疲れていないけど、今日は鴨居で一人お疲れ様会。
 ビールもウマいし、付き出しも旨い、つまりどちらも旨い。

クリックすると拡大します

 厨房を見ると、しばらく見ていなかった女性店員さんが復活しているし(夜営業に回っていたので見かけなかっただけ)、麺場には見慣れない男性店員さんが入っているし。
 「どこで見つけてきたの」と店主さんに聞くと「リクルートさんです」と、バイトじゃ無くて正社員で採用とのこと。
 幾つかのラーメン店で働いていたけど、しばらくラーメンから離れていて、久し振りの現場とのこと。
 もうすっかり勘を取り戻していて、男性2名女性2名体制、いったんは安定営業を目指して、下さいませ。

クリックすると拡大します

 お客さんが途切れたタイミングでお願いした塩らぁ麺780円
 丸鶏、鶏ガラを主体に豚ガラを合わせたスープに、昆布や煮干しの魚貝出汁を利かせた、これから迎える冬に合う美味しさ、かなり良くなってきました。
 まだまだ味が安定しないけれども、この試行錯誤というか、このもがきが必ず後で役に立つはず、つまり自分への投資ですね。

クリックすると拡大します

 麺は麻生製麺の平打中細麺に統一、茹で時間は少し長めに感じましたが、それは写真を撮ったりして麺が伸びてしまっているからでしょう。
 スープとの艶っぽく絡み、するすると美味しく食べられます。
 トッピングはチャーシュー、細長い穂先メンマ、たおやかな茹でほうれん草、青、白、紫の3種類のネギ。
 スルッと食べてご馳走様でした、また食べに来ます。

クリックすると拡大します

 来た方向と逆方向のバスに乗り、小机駅バス停で降りるところを一つ前の小机辻バス停で降りてしまい、バスを追いかけてとぼとぼと歩いている時に良い匂いが漂ってきて。
 厳選鶏肉鳥庄、精肉販売店業界に詳しくないのですが、鶏肉専門店は珍しいのか、よくあるのか。
 左手では鶏肉を販売していて、右手では焼き鳥を販売されています。
 先注文後の持ち帰り客が基本のようで、基本では無く原則だったら駅のホームででも食べるかと。

クリックすると拡大します

 種類かなり多くて、手羽焼き、皮巻きトマト、ニンニク、鶏なんこつ、バーベキュー、ねぎま(豚)、ねぎま(鶏)、ハラミ、合鴨つくね、ししとう、ひな肉、レバー、鶏皮、砂肝、コニク、ぼんじり、はつ、カシラ(豚)、シロ。
 鶏肉専門店なのに豚肉もありますし、トレーには限定串、お値打ち串もあります。
 種類が多いと感じたのは私の直感なので、精肉販売店に併設された焼き鳥販売では、このくらいの種類は普通なのかも知れません。

クリックすると拡大します

 お値打ち品と思われる日向鶏もも肉使用のねぎま、110円のところを90円、を二本お願いしました。
 焼き上がると声が掛かり、「持って帰る?食べてく?」と尋ねられ、「食べていきます」と答えると「食べ終わったら(ケースを)戻して」と渡されました。
 ふと左手を見ると木製のベンチが店先に用意されていて、、、食べる椅子では無く、焼き上がるのを待つ椅子であることを知ったのは食べ終わってから。

クリックすると拡大します

 何が標準なのか、何が当たり前なのか分からないけど、たっぷりと秘伝のタレが付けられたねぎま。
 鶏肉よりネギの方が個数も量も多くて、もちとろんでタレとネギの味が支配的です。
 これで店の隣にビールの自販機があればなぁ、、そうなると私が座れるスペースは無くなっちゃうか。
 ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜はJR根岸線根岸駅の改札口から徒歩1分、横浜らーめんねぎし家@根岸(横浜市磯子区西町)へ。
 2018/11/6オープン、店主さんは横浜らーめん鶴市家@鶴見市場出身(経営関係は不明)です。
 営業時間は正統派家系ラーメンの基本である12時間以上の11:00-25:00(現在は23:30まで)、通し営業、無休。
 「鶴市家(つるいちや)」を検索すると、「鶴壱家(つるいちや)」とか「鶴一家(かくいちや)」など全く関係ない店が引っかかって、情報を探しにくい。

クリックすると拡大します

 店先のタペストリーには「あっさり・マイルド減塩・食べやすい家系」と書かれていて、平塚、茅ヶ崎で産声を上げた「あっさり家系」が横浜に凱旋か、と思ったら、こちらが先でした(当たり前だってば)。
 メニューは家系レギュラーとして醤油、塩、赤味噌。家系イレギュラーとして坦々麺、つけ麺、まぜそば、半らーめん。
 トッピングは標準的、サイドメニューとしてご飯物、餃子。
 赤味噌せせり焼き、塩タレ野菜炒めなどの数品のつまみ料理にアルコール飲料。

クリックすると拡大します

 店内に入って、右手の券売機へ。
 11:00-18:00(曜日不問)までは半ライス無料サービスですが麺料理注文に限るため、18時以降と麺料理を頼まないでライスを食べたいお客さん向けに券売機には「半ライス100円」「ライス200円」があります。
 だからと言って食券を店員さんに渡してもライス無料サービスの案内はありません。
 ちょっと分かりにくいですねぇ、私は「食べたければお金を払って」なので、気になりませんけど。

クリックすると拡大します

 店内は左側にコの字カウンター10席、右側が4人掛けテーブルが3卓、全22席。
 卓上には辣油、醤油、酢、白胡椒、おろしニンニク。豆板醤は用意されていないのかな。
 箸はエコ箸と割り箸が交互に用意してあり、割り箸の方が美味しく食べられる気がするのですが、基本的にエコ箸を使います。
 入ったときは先客三人でしたが、次々とお客さん(殆どが家族連れ)が入ってきて、テーブルもカウンターも一杯、店内待ちまであります。

クリックすると拡大します

 少し待って坦々麺850円。家系お好みは麺柔らかめ。
 正統派担々麺ではなく家系の担々麺でもなく、家系の担々麺風です(商品名が坦々麺だから)。
 味は正統とか風とかとは関係なく、軽めの豚骨スープに芝麻醤を利かせ、軽めのラー油が香りと共に全体を引き締めてとても美味しい。
 しかしして、濃厚でしっかりした味わいこそが家系ラーメンと考えている一部の家系ファンにはウケが悪いかも知れません。

クリックすると拡大します

 家系ラーメンにしては太い丸高製麺の縮れ太麺、柔らかめ指定でしっかりと茹で上げられていても固めで、このスープにはこの太麺だよねと思わせる好相性。
 トッピングは白胡麻が振られた豚ひき肉、茹でほうれん草、板海苔三枚、半身の半熟茹で玉子。
 満席近くの店内であっても、オーダーミスも無く、お好みも間違えること無くオペレーションされる三人の店員さん。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184916387
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック