2018年11月24日

浜松から焼津へ

/ら〜めん豚鬼@静岡県浜松市中区にて煮干しの混ぜそば/麺屋AMORE(アモーレ)@静岡県浜松市浜北区にて辛いバリ鰹/ゆで太郎焼津上小杉店@静岡県焼津市にて得セット(冷)/麺行使 伊駄天 本店@静岡県焼津市にて醤油らー麺/

クリックすると拡大します

 東横インに泊まった朝は、無料サービスのモーニングを逃れることが出来ない。
 店舗によってラインナップが違うのが楽しみで、この店舗ではサラダがありました。
 食事を終えたら、無料サービスのコーヒーを飲んで一息入れて、さて、出発です。

クリックすると拡大します

 ホテルのエントランスを出るとすぐ右手に遠州鉄道第一通り駅があって、雨が降っていても傘が要らない距離です。
 遠州鉄道が遅延することは限りなく少ないけど、それでも習慣で「間に合う便」の一本前に乗ります。
 あちこちの駅舎が綺麗になっていますね。

クリックすると拡大します

 友達に連絡して指定されたのは東側、お店は西側なのに何故かなと向かってみると、見違える様に綺麗になって、ロータリーが出来ていました。
 ロータリーに降りたら、ちょうど友達の車が入ってきたところです。
 一軒目のお店は駅から近いけど、二軒目のお店はかなり歩くこともあって、クルマを出してもらいました。

クリックすると拡大します

 遠州鉄道上島駅から徒歩5分の、ら〜めん豚鬼@遠州鉄道上島(静岡県浜松市中区上島)
 2016/4オープン、お店は自宅からちょっと遠いので年に1回位しか食べられず、今日で4回目の訪問になります。
 静岡県の朝なら奏心だが、浜松市の朝なら豚鬼。日本でも唯一と言っていいほど、朝7時からドロドロのド豚骨ラーメンが食べられる店。
 ガランとドアを開けて店内に入ると、半数以上の席が埋まっていて、安定の繁盛ぶりです。

クリックすると拡大します

 この店では、券売機に向かって限定メニューのボタンをポチッとすればいいので、迷いがありません。
 今日の(今月の?)限定メニューはまぜそばですが、それも美味しそうですな。
 ここまで混んでいなかった頃は、ビールもポチッとしていたのですが、ここまで混んでいると流石に遠慮してしまいます。
 可愛い女性店員さんに挨拶しながら一番奥の席に着いて、食券を渡します。

クリックすると拡大します

 程なくして煮干しの混ぜそば800円
 茹で上げた麺にタレを絡め、その上にザク切りチャーシュー、辛味の残し方が絶妙な刻みタマネギ、数本の材木メンマ、辛味も甘味な青ネギ、花カツオ、センターには最後まで香りが持続する煮干粉など盛りだくさん。
 味玉を初めとして、大きく忖度されているとは思いますが、細かいことを言わずに全体をよくかき混ぜて頂きます。

クリックすると拡大します

 おお、麺屋棣鄂のウィング麺じゃないか(って後から聞きました)。
 京都のラーメン店か、都内の有名店、イベント店でしか食べなれない特別(つまり高い)な麺、混ぜそばに使ってくるとは。
 この麺はタレや具と絡みすぎない様に絡んで、とても美味しいんですよね、わしわしと食べてしまいます。
 途中から回し掛けた煮干酢、これまた良い感じて、空っぽになった丼を厨房に差し出して(お代わりっ」と言いたい気持ちを抑えるのが辛いほど。

クリックすると拡大します

 私は日本中で混ぜそばを食べているので、この混ぜそばよりも美味しい混ぜそばを知ってはいるけど、この混ぜそばより気持ちの入った混ぜそばは知らない。
 お客さんに美味しいラーメンを食べてもらいたい(しかも1日の最初に)気持ちを、こんなに込められるなんて。
 つまり、この店のお客さんは、ラーメンを食べに来ているんじゃなくて、店主さんの気持ちに触れたくて来ている。もちろん、私もその一人。
 スルッと食べてご馳走さまでした。また食べに来ます。

クリックすると拡大します

 追伸:食べ終わって連れとお喋りしてたら、「すみません、ふらわさんですよね。ブログ、読んでます」と一つ離れた席のお客さんから声を掛けられました。
 こんなブログを読んで下さっていて、ありがとうございます。
 都内近郊ではよくあることなので名刺を持ち歩いているのだが、遠征までは持って来てなかった。

クリックすると拡大します

 連れのクルマでビューンと向かった、麺屋AMORE(アモーレ)@遠州鉄道浜北(静岡県浜松市浜北区寺島)
 2017/6/13オープン、店主さんは而今本店の出身。公共機関だけで行くなら、遠州鉄道浜北駅から徒歩15分になります。
 食べログラーメンランキング、(粋蓮、ちっきんを抑えて)静岡県内3位。ちなみに1位奏心、2位龍壽。
 開店1時間前でノーゲス、開店時には10人ほど。

クリックすると拡大します

 その1時間をずっとラーメン談義していたので待っている感ゼロ、定刻に開店して、すぐ右手の券売機で食券を買います。
 メニューは鰹と煮干、都内では「動物系オフ」と呼ぶ人もいるスープです。
 和え玉もありましたが、ポチ忘れ。

クリックすると拡大します

 店内のL字カウンターは短辺側の椅子は外されて7席のみ、小上がりは半分ほど使えないようになっていて6人分のみ。
 飲食店での人手不足は深刻ですが、地方はさらにかな深刻なのだろう。今日は助手の方がいましたが、ワンオペも店を開ける日もあるとか。
 卓上には調味料は無く、お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして辛いバリ鰹800円
 都内でこの手のラーメンを食べようとしたら武蔵小山に求めるしかありません。
 しかしして、(武蔵小山の)ボニートボニートはクラシカルな味わいで、こちらはモダンな逸品。
 とても丁寧に仕上げてあって美味しく、ああ、島田さん(麺屋而今の店主)に厳しく鍛えられたんだなぁ、と。

クリックすると拡大します

 合わせる平打太麺はミネヤ食品、やや固め仕上げですか、スープのと相性はすこぶる良く、スルスルと食べられます。
 チャーシューは鶏と豚、こんな場所(失礼!)でも普通に提供する時代なんですね。
 薬味に白ネギ、水菜、紫玉ねぎ、そしてニンジン(多分)。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 帰り際に店主さんにお声掛けすると、来年の1月に而今で周年祭があるので、ヘルプで入るとのこと。
 えーっと、開店待ち100人以上必須の周年祭に行くなら、前泊必須だな。とても行かれそうにない(と言っておく)。

クリックすると拡大します

 連れに最寄り駅まで送っていただき、本当にありがとうございました。
 その後、新静岡まで乗り、浜松駅でお土産を物色して東海道線に乗り込みます。
 JR東海には休日乗り放題きっぷ、というのがあって、熱海〜豊橋間が乗り降り自由で2,670円、浜松〜熱海だけでも2,590円ですからね、1回降りたらそれで元が取れます。

クリックすると拡大します

 藤枝で降りて、海に向かうバスに乗って南下します。
 今の時代、グーグルマップなら電車だけでは無くバスの便も合わせて調べてくれるので、安心して検索できます。
 で、藤枝駅南口からしずてつジャストラインに乗って宗高新町(むなたかしんまち)で下車。
 12分程ですが、行き過ぎると痛いので、スマホの画面から目が離せません。

クリックすると拡大します

 お店に向かって歩く途中、どんな人のどんなためにあるのか分かりにくい、ベンチが3つあります。
 クルマ以外の移動が考えられない土地で、歩いている途中で休憩するとは考えられない。
 いや、自分が知らなかったからと言って、考えられない、は言い過ぎか。

クリックすると拡大します

 7分程歩いて、ゆで太郎焼津上小杉店@静岡県焼津市上小杉(ホームページ)。営業時間は6時から23時まで。
 朝からやっていてもお客さんなんて入らないだろうと想う人は、ここ焼津、藤枝の食文化を知らない人ですね。
 ゆで太郎の隣に敷地には、朝7時から営業しているラーメン屋さんがあるほど、この地には朝食を外食する食文化があります。
 だからと言って、何軒も出店するほどの人口はありません。

クリックすると拡大します

 いつもの様に券売機は1,000円札まで使えるのと、高額紙幣対応の2台。
 メニューは他店と同様、この時間だと朝そばは終わってしまっているので、得セットにしますか。
 食券を買って受付に出しつつ「冷たいので」と伝えます。

クリックすると拡大します

 空いている席に座って店内を見渡すと、窓際に9席のカウンター、受付前に向かい合わせのカウンター10席、奥に4人掛けテーブルが2卓、窓側に4人掛けテーブルが4卓と2人掛けが1卓、計45席。
 卓上には箸も調味料も置かれておらず、テーブル拭きとそのゴミ箱だけが用意されています。
 少しして得セット(冷)550円、土曜日はミニ野菜天丼セット

クリックすると拡大します

 お蕎麦は僅かに太めで、これまでのゆで太郎で一番蕎麦の香りがしました。
 聞くところによると、店舗ごとに蕎麦粉と小麦粉の配合が異なるわけでは無く、新そばが段階的に始まっているそうです。
 ミニ海老天丼は黒天丼で、海老天が二本、シシトウ、ナス。足りず過ぎずのタレ漬け、美味しかったな。
 美味しくいただき、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 店を出て10分程歩いて大島新田バス停へ。
 焼津駅行きに9分乗りますが、途中、焼津市立病院を通るのですが、間違いなく1度来ているな。
 小川東で降りて、10分程歩くと、交差点にラーメン店が見えてきます。

クリックすると拡大します

 麺行使 伊駄天 本店@静岡県焼津市東小川4-10-1、2018/11/8移転オープン。
 今回は藤枝駅からゆで太郎経由で向かいましたが、真っ直ぐ向かうなら焼津駅からバス8分、徒歩1分。
 店先には駐車場が11台分あり、近くのスギ薬局の正面に5台分が確保されています。
 本店が藤枝にあった頃に伺ったのは2008/9、もう10年も前か。その後、静岡駅近くに2号店、他にも店舗を出しているのかな。

クリックすると拡大します

 ちなみに韋駄天ではなく伊駄天なのは、店主さんがイタリアン出身だからです。
 夕方の開店と同時に入店しましたので、ノーゲス、店内の写真が撮りやすい席に座って、メニューを眺めます。
 口頭注文後会計、メニューは醤油、塩、味噌、坦々麺、辛塩。つけ麺も同じラインナップ。
 旧本店や静岡店では多くの限定メニューが揃っていましたが、ぜーんぶ統合したのか、とりあえずレギュラーだけなのか。

クリックすると拡大します

 他にもサイドメニューや飲物が揃っています。
 店内は厨房を向いたカウンター6席、窓側に4人掛けテーブルが1卓、2人掛けテーブルが4卓、パーティションで区切って6人掛けが2卓、計30席。
 卓上にはブラックペッパー粗挽、ラー油、酢、醤油。
 大きな壁掛けテレビを眺めながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待って醤油らー麺780円、スタイリッシュな漏斗のような形の丼で提供。
 スープは豚ガラ、鶏ガラの清湯スープ、今では当たり前によく見かけますが、この店が始めた頃はそれは驚きました。
 まだまだ調理器具が水に馴染んでいない印象が残りながらも、ここまで美味しく仕上げてくるとは。

クリックすると拡大します

 細麺は製麺所不明ながらきりりとした仕上がり、スープとの相性はかなり良く仕上がっていて、とても美味しいです。
 トッピングはチャーシュー2枚、材木メンマ3本、半身の味玉。
 スープが飲みにくい切り立て型の丼なのに、スープが無くなっているなんて。

クリックすると拡大します

 決して今風ではないけど、一つ一つの調理工程を丁寧に繋いでいるラーメン、これからも楽しみです。
 スルッと食べてご馳走さまでした。
 食べ終わってお会計、この付近には有名なラーメン店が多いので、コラボとか楽しみですね。

クリックすると拡大します

 さて、帰りはお店の前を少しだけ南下したところにあるバス停から、バスに乗ります。
 バスに乗らなくても30分程歩けば焼津駅ですから、体調万全ならバスになんて絶対に乗らないのに。
 しかしして、バスって遅れると、既に行ってしまったのか、遅れているのか、分からないよね。

クリックすると拡大します

 焼津駅から東に向かう電車は殆どが熱海止まり、熱海で乗り換えてさらに東を目指します。
 小田原で降りて、小田急線に乗り換えて帰宅。
 一泊二日なのに詰め込みすぎましたか。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
> 追伸:食べ終わって連れとお喋りしてたら、「すみません、ふらわさんですよね。ブログ、読んでます」と
> 一つ離れた席のお客さんから声を掛けられました。

すごい!ふらわさんは全国区ですね♪

> いつもの様に券売機は1,000円札まで使えるのと、高額紙幣対応の2台。

ゆで太郎の券売機って初めて見たような気がします。
Posted by tomoco at 2018年11月27日 21:54
tomocoさん

> すごい!ふらわさんは全国区ですね♪

 そんなことないですよ。

> ゆで太郎の券売機って初めて見たような気がします。

 あんまり公開していなかったかも知れません。
Posted by ふらわ at 2018年11月28日 08:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185077449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック