2018年11月27日

月替わり限定メニュー考

/ゆで太郎代々木東口店にて中華そば、焼きのり、かき揚げ/辛っとろ麻婆麺あかずきん蒲田店にて真鱈のとろみ生姜そば/らーめん雅楽GARAKU@あざみ野にて海老味噌らーめん/

クリックすると拡大します

 早起きはお蕎麦のために、今朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 週に一度はゆで太郎で食べないと落ち着きません。

クリックすると拡大します

 今朝は中華そば490円、焼きのり100円、クーポンかき揚げ
 板海苔は袋入り、海老天とネギは別皿、天かすと紅生姜は乗せ放題で、慎重に盛り付けたので、前回よりは一歩前進。
 麺が美味しい、スープが美味しい、そして相変わらず旨い焼き海苔。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は辛っとろ麻婆麺あかずきん蒲田店@蒲田(大田区西蒲田)へ。
 ラーメンばかり食べていると嗜好が偏ってしまうので、お気に入りのラーメン店であっても1ヶ月に1回(程度)と考えています。
 それでも私が考えているだけですので、守れないことの方が多いのですが。

クリックすると拡大します

 店先の看板が2台になって、スタミナ担々まぜ郎、桜海老香る汁なし担々麺が紹介されています。
 これで店先に紹介されているメニューが7種類になったので、このメニューを食べるだけでも半年以上掛かるわけだ。
 もちろん一度に2杯食べるとかすればもっと早く食べ切れるし、限定メニューが販売されたらさらに遅くなるし。

クリックすると拡大します

 店内に入り、タッチパネル式券売機の「汁なし/鱈 系」のタブをタップします。
 目的の商品をタップ、左側にある発券をタップして、と。
 店内空いている席に座り、店員さんに食券を渡して、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待って真鱈のとろみ生姜そば790円
 店名からイメージされるメニューの真逆の位置付け。
 鶏ガラスープに生姜を利かせ、片栗粉を溶いてとろみを持たせていて、寒くなるこれからの季節にぴったりな温かさと美味しさ。
 生姜を利かせすぎてしまうと鶏ガラスープの美味しさが隠れてしまうので、程よく利かせてあって、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 そのとろんとしたスープを持ち上げるのは稲庭中華麺。ここ蒲田にも稲庭中華麺を常食できる店が出来て嬉しい。
 この麺の美味しさを活かすスープ、スープの美味しさを引き立てる麺、ベストパートナーなのか。
 トッピングはシンプルに豚バラチャーシュー、細ざきメンマ、荏胡麻(えごま)、糸唐辛子、青ネギ。

クリックすると拡大します

 食べ終わって気が付きましたが、テーブル下に用意されている荷物入れは、ありきたりの籠では無く、ちょっと可愛い。
 誰もが気にしない部分にも気を抜かない、良い店の条件ですね。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜はらーめん雅楽GARAKU@あざみ野(横浜市青葉区)公式ブログ)。
 ほぼ月替わり限定メニューしか食べないのだから、広報を代行する勢いで月初に伺うべきだとは思います。
 今月も安定の月末訪問、、頑張らないと。

クリックすると拡大します

 『今月の限定らーめんは、昨年開催された「ラーメン女子博2017」に出店し大好評を得た「海老味噌らーめん」です。
 味噌の中に溶け込む海老の風味をご堪能ください!
 昨年提供した海老味噌らーめんを新たにブラッシュアップ、前回の海老味噌らーめんの1.5倍の海老を使用することにより、更に海老の風味が際立つ味噌らーめんに仕上がりました。
 ※今回は海老ラー油を使ったピリ辛バージョンもご用意いたしましたので、辛いのがお好きな方は注文時に「ピリ辛で!」とスタッフに伝えてください。』

クリックすると拡大します

 店内右手奥の券売機で食券を買い、振り向きつつ店員さんの案内でカウンター席へ座ります。
 今夜はあざみ野で一人お疲れ様会、ハートランドが日本一美味しいラーメン屋でハートランドを飲む。
 付き出しがいつも同じ様で違うのも楽しみです。

クリックすると拡大します

 店主さんとラーメン談義で盛り上がっていると、女将さんから「試作してみたんだけど」と試食のお裾分け。
 茹でモヤシに担々麺の具を合わせただけではなく、めっちゃ辛く仕上げてあります。
 これはビールではとても対抗できない美味しい仕上がり、色々とありがとうございます(謎

クリックすると拡大します

 閉店時間が迫ってきたので、今月の月替わり限定メニューである海老味噌らーめん950円をお願いしました。
 麺相としては小海老をあしらってありますが、味噌スープにたっぷりと海老出汁を溶け込ませてあり、とても美味しい。
 ラーメン女子博仕様とは大きく異なり、大ぶりのチャーシュー、カイワレ大根、味玉をあしらってあります。
 ピリ辛の海老ラー油の辛味、香りも良い感じです。

クリックすると拡大します

 麺は味噌らーめん様で使われている三河屋製麺の平打中太麺、味噌スープに合うのだから、海老味噌スープにもしっかりと合います。
 食材としての海老であれば一年中食べられるでしょうけど、海老ラーメンとして食べると秋から冬に掛けての印象が個人的に強いです。
 とはいえ、限定メニューとして販売されれば、美味しい美味しいと食べてしまうのでしょうけど。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったら、スープに紛れ込んでいた小海老をすくって小ライスに乗せ、全体に残ったスープを回し掛けます。
 即席なおじや(おじやとは違いますが)、レンゲでざざっと美味しく頂きます。
 スルッと食べて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 この時間、この方角、この高度、でこの写真を撮影した場所は一意に特定できるだろう。
 そんなことより、月がちゃんと撮れていない方が問題だな。
 いえいえ、一番大切なのは寝過ごさないことか。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185107958
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック