2018年11月30日

青竹打ちの麻婆麺

/おにやんま五反田店にて冷「並盛」とり天&ちくわ天ぶっかけ、ねぎ増量/中華そば大賀110@相武台前にて麻婆麺/

クリックすると拡大します

 昨日は飲み過ぎたので、朝は五反田駅で途中下車しておにやんま五反田店へ。
 なんの影響か知らないけれど、店内満席で、朝から外待ちしています。
 朝は決して空いてはいないけど、こうして外待ち2人は初めて、店長さんから声が掛かったら店内へ入ります。

クリックすると拡大します

 冷「並盛」とり天&ちくわ天ぶっかけ530円、ねぎ増量50円
 鶏肉の大きさは毎回違うので、今日は大きめ、今日は小さめ、と一喜一憂するもよし。
 ネギの量は目分量なので、昨日は少なめ、今日は多めと喜ぶも良し。

クリックすると拡大します

 種物を食べたら、天かすを入れて、かえしを掛けて頂きます。
 おろし生姜や唐辛子も用意がありますが、天かすを入れるときは使わずに。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は中華そば大賀110@相武台前公式ツイッター)。
 勝手に20時まで営業と思い込んでいて、慌てて駆け込んだら21時まで営業だった件。
 まあ、遅い時間だと思っていて向かったら閉まっていたより、いいか。

クリックすると拡大します

 ツイッターでは主に早仕舞いをツイートしていますが、インスタを見ると限定メニューの告知があります。
 今週から始まった麻婆麺、今日までブラックボードが用意されていなかったので、インスタを見た人のみの提供でした。
 とはいえ、券売機にボタンが用意されていないので、同額のメニューを買って、口頭注文になります。

クリックすると拡大します

 先ずはビール500円。
 今夜は相武台前で一人お疲れ様会。
 改めて考えてみると、今日は週末じゃ無いか、どっかに飲みに行こうか、行かないか。

クリックすると拡大します

 程なくして麻婆麺850円、辛さは3鬼殺し
 中華そばに使われている比内地鶏とはちきん地鶏の鶏ガラスープ、このベースの美味しさがあってこその美味しさ。
 合わせる麻婆豆腐は辣油に辛さを頼らず、挽肉と山椒を合わせてフライパンを振って仕上げてあります。
 ベースの鶏ガラスープとの馴染みが良く、ネギも辛味も利いています。

クリックすると拡大します

 麺は青竹打ちの平打極太麺、この麺を使った麻婆麺はちょっと見当たりません。
 先ずは麻婆豆腐からスタートですが、今後は麻婆麺茄子、麻婆春雨なども考えていて、目が離せません。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185114320
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック