2018年12月04日

黄金町界隈

/中国ラーメン揚州商人 新宿歌舞伎町店@歌舞伎町一丁目にて激辛スーラータンメン(揚州麺)、餃子/麺や太華(たいか)横浜橋店@阪東橋にて中華そば、ネギ増し/中華そばつるぎ@黄金町にて汁なし担々麺/

クリックすると拡大します

 朝というか昼は、中国ラーメン揚州商人 新宿歌舞伎町店@歌舞伎町一丁目ホームページ)へ。
 すごい煮干ラーメン凪新宿ゴールデン街店の並びへ、2018/11/12オープン。
 営業時間は11:00-翌10:00、つまり23時間営業。

クリックすると拡大します

 店内はかなり広くて、入ると右手に壁向きカウンター3席、左手に6人掛けテーブルが3卓、右手を奥に進むと、左手に壁向きカウンター6席、店内中央に4人掛け円卓が3卓、右手壁側に4人掛けテーブル1卓と2人掛け3卓。
 一段上って奥には4人掛けテーブルが3卓に2人掛けテーブルが1卓、計53席。
 店の入口には「68席あります」とあるので、15席ほど仕舞ってあるようです。
 卓上にはブラックペッパーパウダー、醤油、酢、具入りラー油、黒酢。

クリックすると拡大します

 ラーメンメニューだけで30種類、焼きそばが1種類、チャーハンが2種類、全部食べた人がいたら会って話が聞きたい。
 幾つかの支店で何回か食べたことがありますが、大抵はスーラータンメンか激辛スーラータンメンを食べています。
 麺は揚州麺、刀切麺、柳麺から選べ、全種類食べたことがありますが、ほぼ揚州麺しか選ばないですね。
 口頭注文後会計、タイミング良く揚州商人の揚州グルメ会員メルマガのクーポン期間中でしたので、忘れずにお願いして。

クリックすると拡大します

 ジャスミン茶を飲みながら待っていると、程なくして激辛スーラータンメン(揚州麺)920円
 店舗毎に仕入れが異なるのが揚州商人、何度食べても店毎に味が異なります。
 たっぷりのガラスープに、旨味を主張するシイタケ等を含んだたっぷりの溶き卵、辛味を主張する朝天辣椒、ああ美味しい。
 穴あきレンゲが付いてきますが、使ったこと無いなぁ。

クリックすると拡大します

 いつ食べても安心な揚州麺、角中細麺がスープに良く合います。
 激辛というほど辛くないので、卓上の具入りラー油をたっぷり掛けて食べるのがふらわ流。
 レンゲでスープを飲みすぎない様に溶き卵とシイタケをすくって食べます。

クリックすると拡大します

 餃子360円(グルメ会員価格で100円)、皮が薄くて具の美味しさを直接感じられます。
 個人的な取り決めがあって、焼き餃子には醤油と酢だけを使って食べます。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 京急本線黄金町駅を降りたら、待ち構えていたかの様に雨が降ってきました。
 昼間は夏を思わせる暑さだったので、夜は雨、一気に冬に逆戻りですね。
 ま、そんな与太話は横に置いといて、ラーメンを食べにいきましょう。

クリックすると拡大します

 先ずは麺や太華(たいか)横浜橋店@阪東橋(横浜市南区真金町)、麺や太華@戸塚の2号店として2018/8/16オープン。
 立地は麺や134西村の跡地、横浜橋通商店街(よこはまばしどおりしょうてんがい)の入口至近です。
 営業時間は食べログでは11:00-15:00 17:00-21:00となっていますが、店先には「11:00〜売り切れ終了」とあります。
 ファサードはそのままですが、店内はまるっきり変えたリニューアルです。

クリックすると拡大します

 店内に入り、右手の券売機で食券を買います。
 メニューは中華そば。トッピングはチャーシュー、味玉、メンマ、海苔、ネギ。
 サイドに炒飯、餃子、玉子かけご飯。
 飲物は生ビール、缶ビール、缶酎ハ〜イ、黒烏龍茶、ジュース。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲む4席と5席のL字カウンターのみ。
 卓上には白こしょう、黒こしょう、辣油、醤油、酢。
 店員さんワンオペで、華麗に平ざるを操って麺の湯切りをされています。

クリックすると拡大します

 程なくして中華そば700円、ネギ増し150円
 ラーメン全体は広島の朱華園を模しているとのことで、朱華園、懐かしいなぁ。
 丼全体を覆い尽くす倉橋島産の青ネギ、スープに浸しながら少し先に食べました。
 じっくり煮込んだ鶏ガラと背脂醤油の絶品スープ、ネギの下にはチャーシューとメンマが埋もれています。

クリックすると拡大します

 モチモチ食感平打中太麺は自家製麺、こちらの店内には製麺スペースが難しいので、戸塚で打って運んできているのかな。
 スープによく合っていて、とても美味しく頂けます。
 麺を殆ど食べ終わってもネギがスープに残っていて、ネギ増しを頼んでおいて残すのはカッコ悪いし。
 スープと共に飲み続けると、丼の底にロゴマークが見えてきて。

クリックすると拡大します

 途中で黒胡椒を振ってみると、スープがキリッと締まって良い感じになります。
 連食中なのでスープ飲み干している場合じゃないんだけど、、何とか飲み干して、パチリ。 
 ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 次に中華そばつるぎ@黄金町(横浜市中区黄金町)へ、黄金町駅から歩いて一本でしょう。
 2018/11/10オープン、店長さんはラーメン横浜家金港町店で働いていた方。
 あとから調べてみると、浜レポの「謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!」で、ラーメン横浜家金港町店を説明されている店員さんの「比較的珍しい名字」が、店内に貼り出された防火管理者に書かれた名字と一致します。
 背中越しの写真がそっくりですが、さて、どうなんでしょうか。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、厨房を囲むカウンター席の切れ目に券売機が置かれています。
 メニューは醤油味、塩味の2種類ですが、担々麺を醤油味に分類するのはかなり珍しいですね(間違ってはいない)。
 ご飯物、トッピング、飲みものと揃っています。
 食券を買って店員さんに渡すと、こちらへどうぞと案内されます。

クリックすると拡大します

 厨房を囲むL字カウンターは4席と4席、店内右手側には4人掛けテーブル、左手側には4人掛けテーブルと2人掛けテーブルが用意されていて、合計18席。
 卓上にはブラックペッパーグラウンド、辣油、醤油、酢。
 先客数人、後客一人、何かの境目になるかも知れないけど、アテの種類を増やした方がいいのではないだうか。
 店長さん調理、助手が配膳、お客さんが目の前のカウンター台越しであっても、助手さんがぐるりと回って配膳してくださいます。

クリックすると拡大します

 程なくして汁なし担々麺780円。辛さは1から4まで選べるので4でお願いしました。
 難しい食材を使わず、ゴマだれ、辣油、豚挽肉、白髪ねぎ、茹でほうれん草で仕上げた逸品。美味いわ。
 四川担々麺や何たら大賞の担々麺とは全く異なりますが、私を初めとするお客さんは、そんな担々麺を求めてないし。
 辛すぎず酸っぱすぎず、美味すぎず、ほどほど美味しい。

クリックすると拡大します

 頭や情報ではなく、舌で味わう普段使いの担々麺、値段相応、とても美味しく満足度も高い。
 真っ黄色な(かん水ではなく)クチナシの実で色付けされた中細麺、三河屋製麺とのこと。
 えーっ、こんな味、こんな食感の三河屋製麺を食べたことが無い。
 不安になって店長さんに確認してしまった。

クリックすると拡大します

 麺を半分ほど残して、付属の温玉を落とし込みます。
 全体に馴染ませて食べてみると、これがまたとても美味しい。
 初めっから乗せてあるんじゃ無くて、途中から馴染ませるのもアリだな。

クリックすると拡大します

 最後はサービスのライスでおじや風にして、残った具やタレをかき取って美味しく頂きました。
 しかしして、連食中にライスは辛いなぁ、辛いけど食べないわけにはいかないし。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ふらわさんがその気になれば全メニュ制覇なんて1か月あれば楽々達成じゃないですか
第一号はきっとふらわさんだな
Posted by タントミール at 2018年12月07日 09:32
タントミールさん、コメントありがとうございます。

 いえいえ、他のラーメンも食べたいです。
Posted by ふらわ at 2018年12月08日 00:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185140854
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック