2018年12月06日

そうめん屋での新しい飲み方

/横浜家系ラーメン横浜道品川港南口店@品川にて江戸旨背脂味噌/肉とそうめん 阿波や壱兆 はなれ@東中野にて開店おめでとう会/

クリックすると拡大します

 昨夜は思いの外、痛飲してしまって、デジカメの写真をパソコンに取り込んだところで就寝してしまいました。
 新しくオープンしたお店にいち早く訪問したんだから、いち早くネットに広報しなければならないと思っていた頃もありましたが。
 落ち着いて考えてみたら、私のブログを見て読んで新規オープンを知る人は世の中にはいない、ってことに気が付きました。
 今頃気が付いたのかと言われると言葉もありませんが、ま、そんな感じでのんびりブログをやっています。

クリックすると拡大します

 お昼は横浜家系ラーメン横浜道品川港南口店@品川ホームページ)。
 壱角家、一龍、情熱のすためしどんどん、東京トンテキなどを展開する(株)ガーデンが経営するブランドで、都内、千葉を合わせて7店舗を展開しています。
 家系ラーメンは醤油味、塩味、マー油を掛けた黒家系ラーメン、辛味を加えた赤系家系ラーメン、そして麺なしのベジタブル家系。
 油そばはトッピングの違いで7種類、標準的なトッピング、ご飯物は6種類、ライスは100円で食べ放題。

クリックすると拡大します

 訪問間隔が少し空いてしまったので、未食の油そば狙いで伺ってみると、江戸旨味噌ラーメンが始まっています。
 こだわりの味噌は、『江戸生まれの味噌代表といわれるブランド味噌「江戸甘みそ」に数種類の厳選された味噌をブレンド。手間暇かけて造り上げた味噌ダレは、味噌の芳醇な香りが強く、これぞ味噌ラーメンと思わせる存在感のある味噌ダレです。』
 辛味噌ダレは、『ハバネロ・豆板醤を中心に数種類の唐辛子を配合した鮮烈な辛味をもつ「辛味の素」』

クリックすると拡大します

 タッチパネル式の券売機で食券を買い、店員さんに渡すと家系お好みを訊かれますので、麺柔らかめをお願いします。
 少し時間が掛かって江戸旨背脂味噌850円、味変用の刻みニンニクが付いてきます。
 スープは、江戸甘味噌を主体にした味噌タレの美味しさ、その甘み、その奥深さを覆い尽くすような鶏ガラと背脂の甘み。

クリックすると拡大します

 合わせる麺は四之宮商店の(いつもの)短尺平打中太麺、大きく外れることは無く、これはこれで良い感じです。
 トッピングにバラ巻きチャーシュー、野菜はモヤシだけでは無くキャベツも多く、とても美味しいです。
 江戸甘味噌である必要性が私には分かりませんでしたが、これはこれでアリなのでしょう。

クリックすると拡大します

 それでも全体が甘すぎて耐えられず、卓上の一味唐辛子をパッと振ってみました。
 ドンピシャまでは行かないけど、ぐっと好みに近づいた感じ。
 って、刻みニンニクがあったじゃぁ無いか、、、忘れていました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 飲食店がオープンすると、花屋が儲かる、そのに(笑)
 開店日を過ぎてしまいましたが、店主さんがいるかも知れない店舗に、手ぶらでは行かれないと花を買ってしまう非常識者です。
 お店に行ってから花を撮ると、他の花と比べてかなりみすぼらしいので、事前に撮る小心者です。

クリックすると拡大します

 肉とそうめん 阿波や壱兆 はなれ@東中野本店のホームページ)、2018/12/3にオープンしました。
 今年の初めの頃、居酒屋をちょっとやったんだけど上手くいかなくて、「肉とそうめん」に仕切り直し、ってことかな。
 居酒屋の時は都合が付けられず、今回は開店してから随分と日が経っての訪問になりました。

クリックすると拡大します

 店内はテーブル席(4人掛けが4卓)が中心ですが、一人や二人でふらりと立ち寄りやすい様にカウンターが8席用意されています。
 明るすぎず暗すぎない照度の店内、落ち着いた印象を受ける調度品、ゆったりしたレイアウト。
 壁には焼酎がビシッと並べられていますが、少しずつ減っていくことでしょう。

クリックすると拡大します

 メニューは半田そうめんとご飯ものから書かれていますので、それだけ、のお客さんも想定されているということですね。
 炭火焼きは、和牛として尾崎牛、豚は南の島豚、羊はアイスランドラム、鶏は阿波尾鶏、といずれも簡単にはお目にかかれない食材ばかり。
 一品料理、定番つまみ、野菜料理、干し物と続きます。
 飲物は一通り揃っていますが、今日は(今日以降も)ビールと日本酒だけ、ビールはガージェリー等のクラフトビールが用意されています。

クリックすると拡大します

 定刻になって全員集まったので、それぞれの好みのビールで乾杯。
 正直、友達が極端に少ない(一般的にはいないと同じレベル)私は、二人、三人を集めるのがやっとです。
 それでも何とか都合付けてくれて、付き合ってくれたことに感謝しつつ乾杯。

クリックすると拡大します

 付き出しとして倭のそうめんチップス、辛味付けされていて、ビールを蒸発させる作用があります。
 友達とは1年以上ぶりだったので、近況報告(SNSをやっているからといって近況を細かくアップしているとは限らない)から。
 まあ、そんなこんなを話しながら何を食べるかを選ぶのも楽しい。

クリックすると拡大します

 一品目はトマトとモッツァレラチーズの糠プレーゼ780円。
 もちろん、「糠プレーゼ」はカプレーゼのこと、もちろん、まるやま有機農園のすずきさんとこの野菜。
 ビールに良く合って美味しいですねぇ、美味しいけれどもそろそろ日本酒ですかね。

クリックすると拡大します

 日本酒は全てプライベートブランド、ラベルをオーダーして店名を入れるのって、高級蕎麦屋とか割烹で時々見かけます。
 メニューを見ると9種類が1合980円、2合1,800円。1種類がちょっとお高め、他に隠し酒もあるような無い様な。
 世に広く評価が知れ渡った日本酒であれば味が分かりやすいし、お客さん自身が料理に合わせやすい。
 けれども、ホントに料理に合わせるなら先入観を取り払うべきだという考え、言い方を変えると味の押しつけ、しかしして和食とはそう言う料理。

クリックすると拡大します

 今後は分からないけど、今日のところはすい、くくみ酒、攻め四樽、一道、心ばかり、火垂る(ほたる)、狸庵(りあん)。
 先ずは火垂る「いやみのない純米吟醸」、一宮酒造の純米吟醸。
 流石にタンク買いではないだろうから、酒蔵と原料米名、造りで探せば一般流通させている銘柄が分かりますけど、ね。
 香りが高く、食中酒であるけど限りなく食前酒に近い味わい、1杯目に飲むに最適な日本酒です。

クリックすると拡大します

 阿波尾鶏刺身 五点盛1,980円。
 ふりそで、ハツ、セセリ、レバー、つなぎ。
 どれも新鮮で美味しかった、、って食べたら良いんだけど、このつなぎはハツ元(心残り)と呼ばれることが多く、刺身で食べたのは初めて。
 三人では量が多い様な気がしますが、そこはそれ、奪い合えば足りず、譲り合えば余る。

クリックすると拡大します

 次の日本酒はくくみ酒「最強の食中酒」裏張りをみると、杉勇蕨岡の純米酒、美山錦ですな。
 プライベートラベルには店名が入っていませんが、朱墨で店名が書かれています。
 美山錦の純米酒、刺身に合いますなぁ、次の焼鳥の準備が整いますなぁ。
 メニューに「特製酒器でお出しします」と書かれていますが、どう見ても二合徳利、、一合の場合はどうするんだろう。

クリックすると拡大します

 阿波尾鶏焼鳥 お任せ6本1,580円。
 焼き鳥の勉強を少しずつ進めていますが、阿波尾鶏はかなり身厚で食べ応え有り、濃厚な味わいですな。
 本日の冷やし野菜 手前味噌添え580円。
 こんな野菜、食べたことが無いので表現できず、ぜひ食べてみてもらいたい。

クリックすると拡大します

 一道「力のある呑みごたえ」、杉勇蕨岡の純米生酛原酒、調べた感じでは「杉勇 生もと美山錦 特別純米生原酒」。
 口当たりこそまろやか、口中で伸びのある米の旨さ、すっきりした喉越し、旨い。
 3種類目の酒器ですが、こちらも二合徳利、三人で飲み分けると少なくも無く、多くも無く、ちょうど良い感じです。

クリックすると拡大します

 さて、本日の最大の目的である、尾崎牛の炭火焼き、先ずはしんしん1,280円。
 和牛の部位で一番美味しいとされるのがシャトーブリアンかサーロイン、一番美味しいのがシンシン。
 赤身の部分を残しつつしっかりと火を通したシンシン、旨いなぁ、塩も山葵も要らない。
 値段の割りに量が多いのは、この店が焼肉専門店では無いからなのか、特別な仕入れルートがあるのか。

クリックすると拡大します

 尾崎牛の旨さを忘れないうちに、純米すい「呑む人場所を選ばないバランス系」、小嶋総本店の純米酒。
 バランス系といいながら、結構旨味が強いじゃ無いですか。
 食べて飲んで、飲んで食べてばかりではなく、しっかりとお喋り、店員さんともお喋りしちゃったりして。
 さて、鶏、牛、と来たから羊でも食べるか。

クリックすると拡大します

 アイスランドラムのラムチョップ(1本)780円。
 三人で来ているので、カットされて三で割り切れないと色々と問題がありますが、一本ずつなら大丈夫。
 ラムとかマトンとかよく分かっていないけど、粒マスタードを付けて食べると恐ろしく美味しい。
 焼肉屋で羊はあまり食べないので、そういった意味でも美味しく食べました。

クリックすると拡大します

 まだまだ飲むよ、次は狸庵(りあん)「土香る熟成酒」、分福酒造の特別純米酒。
 店内は満席までは行かないけど、一人か二人できて、一杯か二杯、飲んでいくお客さんが殆ど。
 そりゃそうだろ、新規開店してまだ3日、様子見が普通でしょう。
 いきなり端からガンガン飲んで、端からバンバン食べているのはウチらくらいだ。

クリックすると拡大します

 さて、豚も食べておくかと、南の島豚バラ肉880円。
 尾崎牛も阿波尾鶏も滅多に出会えない食材ですが、南の島豚もかなりレアキャラ。
 南の島豚とは、『沖縄在来種の島豚(アグー)を父とし、サシの入りやすいのが特徴といわれる赤豚(デュロック)等と掛け合わせた宮崎のブランド豚肉』。
 脂肪にも甘味があり、きめが細かくて美味しい豚肉、なぜそうめん屋で食べられるのか、私にはさっぱり分からない。

クリックすると拡大します

 そして、攻めの四樽「ガツンと男酒」、菊の里酒造の純米吟醸。
 こちらは間違いなく「大那 2年熟成 攻め四樽純米吟醸」でしょう、『酒造りの搾り過程を 「あらばしり」→「中取り」→「せめ」と呼びます。 このお酒は純米系の仕込タンク(純米吟醸、純米大吟醸含む)の「せめ」の部分を1本に集め、3年間熟成させました。』
 ここまで飲んできて、ガツンと来られても嬉しいだけじゃないですか。

クリックすると拡大します

 時間もいい感じになってきたけど、なぜか一周回って尾崎牛のともさんかく1,680円。
 まあ、ともさんかくもしんしんもシンタマ(残りはまるかわ、かめのこ)なんだけど、せかっくなので食べておこうかと。
 見の柔らかさを証明するような厚切り、さっと黒胡椒が振られているので、そのまま食べると酔いも吹っ飛ぶ美味しさ。
 ああ、今夜はこんなに尾崎牛が食べられて、幸せ。

クリックすると拡大します

 えっ、まだ飲むのと、純米 無濾過原酒、小嶋総本店の純米酒。
 徳利ではなく、見たことのないドリンクディスペンサー?ドリンクサーバー?ともかくそんな感じ。
 これまた一合に見えませんが、ま、そこはそれ、大人の事情ってことで。
 しかしして、最後に無濾過原酒って初めてですな。

クリックすると拡大します

 そして忘れてはいけない半田そうめん、何種類か用意されていますが、私は阿波や壱兆温めん850円。
 グルメでも食通でもない私が半田そうめんを初めて知ったのが去年の阿波や壱兆、それ以来、自分なりに半田そうめんの普及に努めています。
 しっかりした食感、つるっとした喉越し、ああ美味しいという吐息。
 美味しく食べて、美味しく飲んで、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
新規開店時には色々な方が顔を出すので長っ尻をしないのがマナーです。
挨拶をして、軽く飲食をし、祝儀でも置いて早めに帰る!花を持って行くよりよほど喜ばれます。
よい歳になったら、最低限のマナーは守りたいものですね。
Posted by 美樹 at 2018年12月09日 16:16
美樹さん、コメントありがとうございます。

> よい歳になったら、最低限のマナーは守りたいものですね。

 うーん、一般論を言われていますか?
 それとも、この店のこの時点の状況に応じたマナーでしょうか。
Posted by ふらわ at 2018年12月11日 01:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185167626
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック