2019年02月10日

神苑ぼたん庭園

/銀座 篝(かがり)鎌倉店@鎌倉にてスーパードライ生中ジョッキ、鶏白湯宇治抹茶SOBA/神苑ぼたん庭園/えびす亭@鎌倉にて醤油ラーメン+ミニ海鮮丼セット/

クリックすると拡大します

 いざ鎌倉。
 休日に鎌倉なんて行ったら、観光なんて出来ずに人を見るだけ、と思っていましたが。
 銀座のラーメン店の支店(?)がオープンしたとあっては、気になって仕方ありません。

クリックすると拡大します

 銀座 篝(かがり)鎌倉店@鎌倉(鎌倉市小町2-10-7)公式ツイッター)、2019/2/9オープン。
 立地は鎌倉駅から鶴岡八幡宮へ向かう小町通りを進み、東洋食肉店の角を右に入ってすぐ右手になります。
 営業時間や定休日は店内外のどこにも提示されておらず、ショップカード、パンフレットにも未掲載です。
 しかしして考えてみたら、それなりのお鮨店、天ぷら店、焼肉店等って、営業時間なんてどこにも書いていないものですね(私が知らないだけ?)。

クリックすると拡大します

 ラーメン店に慣れてしまっていると、「どこにも書いていないのはおかしい」なんて視野狭窄に陥っていて、自己嫌悪。
 ※専用ツイッターはありませんが、本店のツイッターに10:30-21:00(LO20:30)月休と書かれています。
 定刻の5分前に開店、私は開店1時間前に着いていて先頭でしたが、後客2人に先を譲って後から入店しました。
 店内に入ると、すぐ左手のレジで口頭注文先会計(現金のみ)ですので、事前に店外に用意されているメニューで食べるラーメンを決めておきます。

クリックすると拡大します

 メニューは鶏白湯SOBA、鶏白湯醤油SOBA、それぞれのトリュフトッピング、特製の6種類、つまり本店で提供されている鶏SOBAは未提供です。※画像をクリックすると拡大します。
 鎌倉店限定メニューとして鶏白湯抹茶SOBA、焼鯛出汁と蛤出汁のあわせSOBA(この日は未提供)が用意されています。
 鶏とポルチーニ茸の醤油つけSOBAの鶏白湯つけSOBAは本店踏襲、特製は用意されていません。
 トッピングは九条ネギ、鶏ワンタン、野菜増し、スペシャルトッピング全部盛りが無く、青ネギが追加されています。SOBAのおとも、飲料は本店と同じです。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むカウンター13席、奥に4人掛けテーブルが2卓、2人掛けテーブルが1卓、計23席。
 卓上には本店同様、オニオンオイル、黒七味、粉山椒、有機純米酢が用意されています。
 先客2人は左端、真ん中に座り、3番目に入店した私は右端に案内されます。
 店長さんと思われる店員さんと、料理長と思われる店員さん以外は現地採用の雰囲気、とは言え飲食店未経験者には思えません。

クリックすると拡大します

 先ずは正しい休日の過ごし方として、スーパードライ生中ジョッキ480円(本店では500円で提供)。
 付き出しがあるかないか、あったらどんな付き出しかが楽しみでしたが、今日のところはありません。
 また、ビールを飲むお客さんにはラーメンをどのタイミングで提供するのか、提供するタイミングを訊かれるのか。
 今日のところは特に何も訊かれず、ラーメンは流れるオペレーションで提供されます。

クリックすると拡大します

 鎌倉店限定 鶏白湯宇治抹茶SOBA1,100円、和食ですから左肩越しに配膳されます。
 抹茶ラーメンというと、抹茶の色と味をスープに移すことが殆どですが、色合いと香りだけを移し、鶏白湯の味わいを邪魔しないさじ加減、日本美。
 鶏白湯スープはラーメンと同じ、のはずですが、本店で味わったのより濃い目に感じます。
 聞けば「レシピは本店と同じ」とのことですが、本店で食べた時と天候も異なるし、炊き出しも店舗毎(つまり水が違う)ですので、味わいが異なる方が当たり前。美味。

クリックすると拡大します

 中細麺は三河屋製麺、鶏白湯SOBAの麺より太めに調整していて、この太さがスープに好相性、麺ってここまで美味しくできるんだと感動すらします。
 トッピングは豚ミディアムレアチャーシュー、鶏ミディアムレアチャーシューが2枚、焼きヤングコーン、茹で竹の子、焼きカボチャ、湯向きトマト、三つ葉、ラディッシュ、鎌倉野菜。
 鎌倉野菜は仕入れ毎に変わるそうで、薄紫の色合いが、抹茶緑に映えますね。
 不思議なのは野菜の味わいがスープに合っていたこと、なんで合わせられるんでしょうか。

クリックすると拡大します

 あまりにも美味しかったので味変をすっかり忘れていました。
 そのまま忘れたままでも良かったし、用意されている調味料は抹茶に合う様に思えなかったのですが。
 物は試し、黒七味を掛けて味わってみたら、これがまたとても美味しい。
 何故合うのか全く分かりませんでしたし、確認せずに「合うわけがない」と断じた自身の浅学を恥じるばかりです。

クリックすると拡大します

 食べ終わると何の奇跡か知りませんがノーゲスの店内、店長さんが「このテーブルのアール、苦労したんですよ」と話しかけて下さいました。
 後客が来店されるまでのほんの僅かな時間でしたが、少しお話をさせて頂きました。
 ここ鎌倉店には鎌倉店限定のスタンプカードがあるんですけど、なぜ鎌倉店だけにあるのか、いずれ分かる日が来るかも知れません。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 せっかく鎌倉まで来たんだから、ラーメンばかり食べていても仕方ないので、観光でもするかと。
 鎌倉 鶴岡八幡宮に併設されている神苑ぼたん庭園紹介のページ)へ行ってみました。
 拝観料(入場料じゃなくて?)は大人500円、高いか安いかは見てみないと分かりません。

クリックすると拡大します

 道の両側におおくのぼたんが植えられていて、全てのぼたんに名前(品種)が書かれています。
 庭園の最深部には湖石の庭があり、説明書きによると、『古来より奇石として珍重されたという中国蘇州の太湖石(湖石)をそなえた古典庭園』とのこと。
 慌てる旅では無いので、椅子に座ってしばらく眺めていました。

 ぼたんの様子はこちらで。SHOCKWAVEが動作しない方は、こちらで(リンクは2019年03月11日まで有効)




クリックすると拡大します

 腹ごなしも済んだところで、もう一軒のラーメン店へ。
 「お寿司屋さんのランチ営業で始めたラーメン」狙いで伺うと、ランチは予約のみとか書かれていて、その場で電話しても良かったけど、ああ、ネット情報はこれだからな、と次候補のお店へ。
 えびす亭@鎌倉(鎌倉市雪ノ下)、以前はお寿司と海鮮丼を提供されていましたが、去年の10月からラーメンやカレーも提供を始めました。
 立地は鶴岡八幡宮の近くにある観光バス駐車場に隣接していて、『運転手、添乗員、乗務員様ごはん大盛無料、又はミニドリンク100円にてご提供』とあります。

クリックすると拡大します

 店内は椅子がバラバラのカウンター10席、小上がりに近いテーブル席が2卓、18席。
 卓上には醤油、風味香辛料、こしょう、にんにく、白胡麻、酢。
 口頭注文後会計、店先のメニューで食べるラーメンを決めてはきましたが、改めて壁の短冊を眺めます。

クリックすると拡大します

 ラーメンメニューは魚介系鶏ガラ醤油ラーメンのみ、トッピングに岩海苔、味玉、チャーシュー。
 ランチタイムのセットメニューはミニカレー、ミニ海鮮丼、ミニしらす丼、ミニ鉄火丼、ミニサーモンいくら丼。
 ちょーっとやっつけ感が漏れていますが、見えていても見えないふりして食べるのがラヲタってもんですな。
 もちろんラーメンだけでも良かったけど、せっかくならばとミニ海鮮丼を付けました。

クリックすると拡大します

 注文するとネタケースのからちょいちょいっと盛り付けながら「お客さん、どちらから来たんですか」と声を掛けて下さり。
 正解は「ラーメンを食べに来ました」ですけど、その後の説明が面倒なので「ぼたん庭園を見に来ました」と嘘をついてしまいました。
 何てやりとりをしていると、先にミニ海鮮丼、、、値段の計算をすると300円なんですけど。
 質はともかく都内なら500円はする種類と量で、酢飯の上に生シラス、飛子、シメサバ、タコ、出汁巻卵、マグロ、烏賊。

クリックすると拡大します

 飲まずに済ませた自分を褒めつつ、ラーメンと一緒に撮影するためにしばしお預け。
 すかさず醤油ラーメン+ミニ海鮮丼セット1,000円。ラーメン単品だと700円。
 鶏清湯スープに魚介出汁をブレンドし、一回飲んだだけでは覚えられない(だから何度でも飲める(笑))、化学の力入りの味。
 観光地のラーメンとしては全く問題ない美味しさです

クリックすると拡大します

 縮れ極細麺は地元の鎌倉の邦栄堂製麺、短尺な上にぶつぶつと切れますが、スープに合っています。
 トッピングはチャーシュー、メンマ、クオーター茹で玉子、板海苔1枚、茹でほうれん草、桜エビなどなど。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 つぐがなく帰宅して、今夜はお迎えが無いので早めに晩酌。
 お酒は地元の蔵元である金井酒造店が醸す「白笹つづみ」純米酒、今夜はぬる燗で。
 アテは庭に生えていた蕗の薹から作った蕗味噌と、鎌倉土産の菜の花の漬物。
 うーん、燗映えしないな、明日は冷やで飲んでみよう。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185538422
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック