2019年02月16日

まぜそば考

/らぁ麺はやし田新宿本店@新宿三丁目にてまぜそば/支那蕎麦屋 藤花@鴨居にてワンタン麺/

クリックすると拡大します

 やっと土曜日になったけど、日曜日の休日出勤が決まっているので、すでに憂鬱。
 まだ来ていない未来のことで憂鬱になるのは馬鹿らしいとは思うけど、そんなことで気を病んでしまう弱い人間の私。
 さて、天気も良いので、気晴らしに出掛けることにするか。

クリックすると拡大します

 新宿駅東南口から徒歩数分の、らぁ麺はやし田新宿本店@新宿三丁目公式ツイッター)。
 杯数限定メニューをずっと狙っていたのですが、店舗のロケーションがあまりにも良いので、いつでも行けるけどいつまで経っても行かれないあるある。
 11:15着で外待ち2人、その後ずっと満席が続き、食べ終わって店外に出ると20人は並んでいました。
 らぁ麺とつけ麺以外のメニューは、オープン前に販売数をツイッターで告知しています。

クリックすると拡大します

 今日は、昼にのどぐろ40食、まぜそば20食、夜にのどぐろ20食、汁なし担々麺20食とのこと。
 じゃあらぁ麺とつけ麺は杯数限定ではないかと言うとそんなことは無く、「スープ切れ」と称して早ければ20時、遅くても21時30分には閉店されています(公式な閉店時間は22時)。
 食材切れで早仕舞いする場合、営業時間まで売り切れない様に食材を用意する(日によってはロスが出る)べきなのか。
 それとも、早仕舞いしても良いからロスを出さない様にするべきか、どちらが良いのか、ラーメン屋をやったことに無い私には分からない。

クリックすると拡大します

 食券を買うと、空いている席を案内されますが、何度来ても奥の調理場の目の前の席に案内されます。
 目の前の調理を見ながら料理が出来上がるのを待つのは、オープンキッチンの楽しみです。
 卓上には調味料が一切用意されていませんが、言えば胡椒くらい出てくるのか、今日も確認を忘れました。

クリックすると拡大します

 少し待ってまぜそば800円
 はやし田はらぁ麺とつけ麺で麺を変えていますが、まぜそばはつけ麺の麺としています。
 理由を想像するに、まぜそばの麺量をつけ麺と同じにして茹で時間を同じにするため、つまり麺茹でのオペレーションを「らぁ麺」「つけ麺」の2つに絞るためなんじゃないかと。

クリックすると拡大します

 まぜそばはトッピングと麺をタレに絡めて食べるラーメンなのですが、はやし田のまぜそばを実際に絡めてみると、九条ねぎはそれなりに絡むけど、2種類のチャーシュー、材木メンマは全く絡みません。
 絡まないけれども、チャーシューやメンマは盛り付ける直前にさっとお湯をくぐらせるので、食べても冷やっとしないのよね。
 鶏油主体の醤油タレは麺に温められて香りが立ち上ってくるほど、とても美味しいです。

クリックすると拡大します

 菅野製麺所の(つけ麺用)平打中細麺ってのが、食べ応えもあって、良い感じです。
 美味しい美味しいと食べていると、麺量がそれなりあるので途中で味変したくなりますが、はやし田では卓上に調味料を置いてありません。
 そこで、別皿で用意した、トリュフで香り付けした卵黄、かぼすから変わったレモン、の出番です。

クリックすると拡大します

 卵黄の旨味は味わいを奥深くし、レモンの酸味は食後に向けてさっぱりとさせます。
 食べ終わると、習慣で食器をカウンター台に乗せてしまいそうになりますが、「そのままで結構です」と止められます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 次の店の経路を念のためグーグルマップで検索します。
 電車主体の経路なら頭に入っていますが、バスを使った思いも掛けない経路が見つかることがあります。
 ホント、グーグルマップが無かったらバスでの移動はほぼ無理ですね。
 今日は特に目新しい経路が見つからず、横浜線鴨居駅から歩くことにしました。

クリックすると拡大します

 その駅から歩くこと18分、支那蕎麦屋 藤花@鴨居(横浜市都筑区池辺町)公式ツイッター)へ。
 自身の怠慢で中々伺うことが出来ず、二ヶ月ほど間が空いてしまいました。
 そう言えば、先週は開店1周年を迎えたそうで、おめでとうございます。

クリックすると拡大します

 はっきり言って駅からバスとか徒歩で訪問する人は私くらいなので、ビール500円を飲むのも私くらいです。
 いえいえ、それは昼営業の話しで、夜営業だと地のお客さんが飲むこともあるそうです。
 訪問時間によらず、ラーメンを食べ終わったら、ちょうど昼営業が終わる様な時間配分で、飲んでいるわけですが。
 店内待ちされているお客さんがいると申し訳ない気持ちになりますが、幸いにも店内待ちにはならず、お客さんが帰った分だけ入ってくるのは、駐車場の台数に由来するのでは無いでしょうか。

クリックすると拡大します

 それでは、ワンタン麺1,000円
 券売機には、「ワンタン麺は醤油味のみ」とありますが、らぁ麺とワンタンの食券を買って「塩味で」と伝えれば、(780円と250円で1,030円になりますが)塩味のワンタン麺を食べることも出来ます。
 なぜ醤油味だけなのかと問えば、麺の種類が塩味は平打細麺、醤油味は角細麺で、ワンタンがモチモチなのでモチモチの平打細麺には合わないからだと。

クリックすると拡大します

 と聞けば試してみたくなるのがラヲタの心情、平打細麺で醤油味のワンタン麺をお願いしました。
 スープからは鶏の旨味がたっぷりと感じられ、旨味の広がりも素晴らしいし、後味がすっきりしているのも素晴らしい。
 麻生製麺の平打細麺、小麦の配合や切り番を指定した藤花専用の特注麺、美味しいですねぇ。
 私はワンタンとは別に食べたので、麺の美味しさ、モチモチ感を楽しめました。

クリックすると拡大します

 ワンタンは皮でもなく肉でもなく、どっちつかずになってしまっていますが、スープに馴染んでとても美味しいです。
 他のトッピングは燻製の豚バラ肉、長めの穂先メンマ、ほうれん草のお浸し、紫タマネギ、白髪ねぎ。
 私には麺とワンタンの相性が悪いようには感じられなかったけどなぁ。

クリックすると拡大します

 食べ終わって暫しラーメン談義、何の話をしたか忘れちゃったけど、楽しかったな。
 新しく入った店員さんもすっかり慣れたようで、安心しました。
 スルッと食べてご馳走さまでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185573075
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック