2019年04月23日

第七回焼き鳥の会

/小田原タンタン麺たかみ@目黒にて特製タンタン麺/とんこつラーメン博多風龍秋葉原昭和通り店にてあごだしとんこつラーメン/焼鳥おみ乃にて第七回焼き鳥の会/

クリックすると拡大します

 お昼は小田原タンタン麺たかみ@目黒(目黒区目黒)へ。
 小田原出身の高味店主さん、小田原の中華四川で1年間の修業の末、正式に独立を許されて2019/4/22オープン。
 中華四川で修業されたことは店内のメニューに付記されていますが、短期間お店で働いただけでスープの調整すらしたことも無いのに「修業」を名乗る人もいるので、注意が必要です。
 レポーターならば書いてあることや見たことをそのまま伝えればいいけど、ブロガーとしてはちゃんとリサーチするなりヒアリングしないとね。

クリックすると拡大します

 店内に入り、右手に設置された券売機で食券を買います。
 メニューは特製タンタン麺900円のみ(この表記、値段は中華四川と同じ)。
 トッピングはザーサイ、パクチー、サイドメニューにチャーシュー、ザーサイ盛、ライス、焦がしチーズライス。
 飲み物は瓶ビール、コカ・コーラ。

クリックすると拡大します

 両壁に向いたカウンターがそれぞれ7席ずつ、店内奥に半個室があり、そちらも7席ですが準備中です。
 卓上には酢と白胡椒。
 女性店員さんに食券を渡すと「辛さが甘口、ふつう、辛口から選べますが」と訊かれますので、「スペシャルCで」と答えると、「ダブルですね」と返ってきます。
 ランチタイムはご飯がサービスですが、と振られたので、お願いしました。

クリックすると拡大します

 お客さんは半分ほどで、一人帰れば一人入ってくる混み具合です。
 食べ終わったタイミングで店主さんに話を伺おうと思っていましたが、えー、あんな奥の調理場にいるんですか。
 まあ、ブロガーならどうとでもなりますけど、だからと言って何をしても良いわけではありません。

クリックすると拡大します

 少し待って特製タンタン麺900円、辛さはダブル(スペシャルC)。
 中華鍋を振って超高粘度のスープを仕上げて丼に注いでから、茹で上げた麺を乗せます。
 麺をスープに馴染ませず、軽く絡めて食べるのが中華四川流の正統な食べ方ですが、何をどうやって食べようが食べ手の自由ですので、食べたい食べ方でどうぞ。
 豚骨出汁に豚挽肉の旨み、鶏ガラ出汁の甘み、ネギとザーサイの食感、額に汗するほどの辛さ、美味い。

クリックすると拡大します

 縮れ中太麺はカネジン食品、少し柔らかめ仕上げなのは厨房器具の不慣れが起因しているのでしょう。
 味の再現性はかなり高いのですが、逆に再現性が高ければ高いほど違いが気になります。
 似ていれば似ているほど、違いを探してしまいます。
 麺と水以外は中華四川と同一の特製タンタン麺、しかししてラーメンは麺と水(スープ)の料理ですから、このラーメンは中華四川とは似て非なる一杯。

クリックすると拡大します

 このまま似て非なる方向に進むのか、似せる方向に進めるのか、目が離せません。
 麺を3/4ほど食べたら酢を回しかけ、美味しいスープを二度楽しんで麺を食べ切り、サービスのライスを投入します。
 この食べ方は中華四川と同じ、最後の一滴、一粒までも美味しく頂きました。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 お昼はとんこつラーメン博多風龍秋葉原昭和通り店ホームページ)へ。
 全国展開されている博多風龍ですが、関東近郊店は全て訪問し、限定メニューが販売されるとすごすごと伺うていたらく。
 とはいえ、北千住店、千日前店でのみ販売されている中華そばは未食だったりして。

クリックすると拡大します

 期間限定メニューの販売に合わせてあごだしとんこつラーメンが、レギュラーメニューとして今日から販売開始されました。
 夏限定メニューは、恒例の冷しざるラーメンに加えて、冷しラーメンである「すっきり塩味 冷しラーメン」の2種類が販売開始です。
 いずれも店舗限定で順次投入され、秋葉原昭和通り店、秋葉原2号店から販売開始されます。

クリックすると拡大します

 程なくしてあごだしとんこつラーメン800円、麺の茹で加減は普通。
 『上質な長崎県産のあご(飛魚)と国産の豚脂から長時間丁寧に旨みを抽出し、自慢のとんこつスープと絶妙なバランスでブレンド。』
 海苔は6枚付いてきましたが、絵柄は5種類のようです。

クリックすると拡大します

 スープを飲んでみると、アゴ出汁スープがとんこつスープによく合って、とても美味しい。
 他のメニューと共通の切り歯30番の極細麺、スープによく合っています。
 トッピングとして大きめのチャーシュー、刻み海苔、刻みたまねぎ。 

クリックすると拡大します

 連食中なので替え玉は控えるつもりでしたので、麺を半分ほど食べて紅生姜、辛子高菜を乗せます。
 全体を軽く混ぜてから一気に食べ切りました、あっ、白胡麻も振ってみました。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 今夜は焼鳥おみ乃第七回焼き鳥の会
 お客さんの殆どがお任せコースで滞在時間が不定なのに、予約した時間にちょうどカウンター席の「右隅コーナー」が空いているのは何故だろうか。
 必ずこの席になるわけじゃ無いけど、この席が一番良い席だと信じています。

クリックすると拡大します

 メンバーはなんだかんだで結構入れ替わりがあって、今日は一人が初おみ乃とのこと。
 二人遅れてくると連絡がありましたが、初訪だったらドキドキ物、だいぶ慣れたので今は大丈夫。
 先ずは2人だけでビールで乾杯、突き出しに近い漬物をつまみながらビールを頂きます。
 ビールを飲んでいるタイミングで、会計の方法を伝えたり、今日しかないメニューを聞いたりします。

クリックすると拡大します

 今日はさび(ささみ)と血肝(ちぎも)を一つのお皿で。
 私が知る限りでは一品目は常にさび、周りをしっとりと焼き上げ、芯がふんわりと温まった、大きな部位から小さな部位へ打ってあるとっても美味しいさび。
 二品目は必ず血肝、血肝は鶏のレバーで、これまで一度も調味料を掛けたことが無く、今日も掛けずに美味しく頂きました。

クリックすると拡大します

 今日の一品は泉州茄子の水漬け。
 一本を二人で仲良く頂く、さっと軽く醤油が掛けられていて、スッと歯が入る独特の食感の美味しさよ。

クリックすると拡大します

 ぎんなん。
 いつもより一回り大きく「私、これまでの中で1番美味しい銀杏を食べたかも」と呟くくらい、私も美味しく感じた。
 ひょっとして炭の状態が良いのだろうか。

クリックすると拡大します

 砂肝。
 全体的に大きめの部位を使っていて、外側の固さと芯の柔らかさの変化が絶妙。

クリックすると拡大します

 日本酒、今日は初訪時並みに6種類(1本撮り損ない)の日本酒を楽しみました。
 1杯目は、宮城県の蔵元である萩野酒造が醸す「萩の鶴(はぎのつる)」純米生原酒 しぼりたて 2018BY。

クリックすると拡大します

 つくね。
 ここ何回かは蒸しつくねでしたので、普通の焼きつくねは久し振り、ホクホクの熱さとコリッとしたナンコツ、美味しいですなぁ。

クリックすると拡大します

 厚揚げ。
 鶏と同じように串で熱々に焼き上げた厚揚げ、さっと醤油を垂らしてから、薬味を振ってあります。
 造形が毎回異なり、しばし目で楽しんで(猫舌なのですぐに食べられないから)、お冷や片手に美味しく頂きます。

クリックすると拡大します

 アスパラガス。
 これまでのより一回りほど太めで、大きければ美味しいと言うことでは無いけど、良く焼けていてとても美味しい。

クリックすると拡大します

 マルハツ。
 身が透けるほど薄く焼き上げ、乗せた生姜と一緒に美味しく頂きます。

クリックすると拡大します

 岐阜の蔵元である林本店が醸す「百十郎(ひゃくじゅうろう) 桜」純米吟醸 2019BY。
 日本酒はリストに無い銘柄を中心に出して下さるのですが、「こちらはどうですか」と見せられたとき、「百十郎の桜ですね」と答えてしまったことが悔やまれます。
 大人であれば「百十郎も扱うようになったのですか、桜、是非飲んでみたいです」と答えるべきでした。

クリックすると拡大します

 はらみ。
 ミディアムレアに焼き上げてあり、芯の奥から旨味が湧き上がってきます。

クリックすると拡大します

 椎茸 冬茹(どんこ)。
 焼きの流れでお皿を替えるタイミングが異なり、今日はここで替えたのエ、どんこが縦位置。
 今頃気がつきましたが、一滴だけ醤油が掛けてあるんですね。

クリックすると拡大します

 せせり。
 戻ってこの部位は小ぶり、一口で食べてしまうので、この大きさが返って正解かも知れません。

クリックすると拡大します

 宮城県の蔵元である金の井酒造が醸す「綿屋(わたや)」特別純米美山錦。
 最近気にして飲んでいる美山錦、こちらで日本酒を飲むと必ず含まれていて嬉しい。

クリックすると拡大します

 石川早生(いしかわわせ)、真ん丸でコロッとした里芋、茹で上げた後でさっと焼いてあって、つるっと美味しい。
 もちろん皮を剥いて食べるのですが、今日はそのまままるっと食べてしまった。

クリックすると拡大します

 ひざ軟骨。
 串を刺さずに焼き上げてあり、軟骨で食感を、肉で味を楽しみます。
 添えられた白ねぎも良い感じなのですが、これがひざってかなり大きめの鶏ですね。

クリックすると拡大します

 茄子。
 大きさが揃っていて見た目がとても綺麗、食べてみるとほんのり温めた程度でとても美味しい。

クリックすると拡大します

 愛知県の蔵元である長珍酒造が醸す「長珍(ちょうちん) BLACK」 無濾過純米酒 2018BY。
 美山錦の次に気になっている亀の尾、造りにも因りますが、味わい深くいつまでも飲んでいたい美味しさ。

クリックすると拡大します

 白玉。
 半熟に茹でたうずらの卵を軽く炙ってあり、何度食べても驚く美味しさ。

クリックすると拡大します

 合鴨。
 こちらも身が大きく、山葵の爽やかさにもよく合う美味しさ。
 それにしても、今夜の焼き鳥は今までの焼き鳥とは一味も二味も違います。

クリックすると拡大します

 大阪の蔵元である秋鹿酒造が醸す「秋鹿(あきしか)」純米 しぼりたて純米生酒 全量山田錦 30BY。
 秋鹿の銘柄は幾つか飲んでいますが、しぼりたては初めて、会の後半で飲むのはチャレンジャブルではありますが、お酒の美味しさには変わりはありません。

クリックすると拡大します

 ちょうちん。
 アラカルトにはラインナップしていますが、「お任せコース」には含まれていないので、初めに頼んでおきます。
 これまで以上最高のレア感、もちろん火は通っていますが、間隔としてレア、美味しさと柔らかさが口と心に広がります。

クリックすると拡大します

 〆に親子丼。
 一人一杯でも十分食べられますが、今日は隣に座った女性とシェアして美味しく頂きました。

クリックすると拡大します

 鶏ガラスープを飲みながら会計をお願いします。
 お店によるとは思いますが、こちらでは一人一人別会計も出来ます。

クリックすると拡大します

 次回の予約を取りながら苺を食べる、と。
 苺にも名前や銘柄があると思うけど、説明があったような気がしますが、まま、いいでしょう。
 今夜も美味しく頂き、大変ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 比較的早く終わったので、新宿駅からロマンスカーで。
 休前日でなければ、指定席券は発車5分前でも購入できますが、私はスマホで予約済み。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ブロガーならどうとでもなりますけど〜とは大きく出ましたねえ、やはりふらわさん
クラスのブロガーなら許される行為でしょうね
Posted by 高倉恵美 at 2019年04月26日 14:03
店主さんが上得意のふらわさんに気を使って上席を空けておいてくれるんですよ
Posted by 玲子たん at 2019年04月26日 14:06
高倉恵美さん、コメントありがとうございます。

 さあ、どうでしょうか。
Posted by ふらわ at 2019年04月29日 00:32
玲子たんさん、コメントありがとうございます。

 それは無いと思いますよ。
Posted by ふらわ at 2019年04月29日 00:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185912460
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック