2019年06月09日

八咫烏×柴崎亭イベント

/柴崎亭梅ヶ丘店にてROCK GIG〜ロックと未知なる宴、一椀一皿一丼ニ呑三笑/らぁ麺 時は麺なり@経堂にてまぜそば/

クリックすると拡大します

 雨が降ったり止んだりの梅雨入りした日曜日。
 ラーメン店のイベントは得意ではありませんが、特定の店舗のイベントは話が別。
 指定された時間に合わせて、お店に向かいました。

クリックすると拡大します

 柴崎亭梅ヶ丘店ホームページ)にて八咫烏×柴崎亭イベント。
 11時から16時まで30分刻みで15人ずつの限定メニュー、チケットは前売りですが、一部、当日券も合ったようです。
 八咫烏で購入したチケットは14時30分の会、指定された通りの10分前に到着すると店先には50人くらい並んでいます。
 計算では15人以上は並ばないはずなのに、、店員さんが出てきて「13時30分の会の方〜〜」と、一時間遅れているのか。

クリックすると拡大します

 並ぶのは大嫌いだけど並ばなければならないのであれば並びます。
 80分ほど待って入店、お客さん全員が前売り券を持っているはずなので、そのまま席に着きます。
 5人ずつ案内しているけど、いちいちチケットを確認したりしていません。

クリックすると拡大します

 「ROCK GIG〜ロックと未知なる宴、一椀一皿一丼ニ呑三笑」2,000円。
 前茶として水出し鉄観音、長い待ち時間を忘れさせてくれるお茶。
 水出しの鉄観音を出すなんて、ラーメン屋らしくないと考える人もいるだろう。
 ラーメン屋だからどう、ラーメン屋ならこう、なんて決まりごとに拘るなんて、なんて時代錯誤なんだろう。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 烏賊と雲丹の雲呑、蛤出汁の魔力。
 蛤出汁に浸けたワンタン二つ、蛤の身が二つ、最後に香りづけして。
 そこそこの鮨屋でも食べたことの無い椀物、わざわざこの1品のために食器を用意されています。
 何故ここに日本酒が無いのか、受け入れることが難しい。

クリックすると拡大します

 二種焼物盛合せ。
 鴨肉と豚バラ肉の盛り合わせ、八咫烏の店主さんと思われる方が盛り付けています。
 特に説明はありませんでしたが、バジルソースとカマンベールなのかな。
 何故ここに赤ワインが無いのか、受け入れることが難しい。

クリックすると拡大します

 青森シャモRockの鳥清湯。
 これまで色々な鳥清湯スープを味わってきましたが、本当の意味で原価無視した鳥清湯スープと言うのは、このスープのことですね。
 一点の曇りも感じないスープに、花山椒が画竜点睛、もちろん限定だからこそのクオリティですが、限定だったらこのくらいのクオリティであって欲しい。
 田村製麺の細麺は半玉ではなく約一玉分、身震いするほど美味しい。

クリックすると拡大します

 後茶として東方美人茶。
 ちゃんとしたお茶をちゃんと淹れると、日本酒やワインが吹き飛ぶくらい高価になります。
 それはつまり、手間暇はワインや日本酒並みに掛かるのに、飲むのは一口程度ですから。
 ご馳走様でした。大変貴重な時間を経験させていただき、ありがとうございました。

クリックすると拡大します

 少し早い夕飯に、らぁ麺 時は麺なり@経堂(世田谷区経堂)公式ツイッター)へ。
 これまでに何度か訪問していますが、全て仕事帰りの夜営業でした。
 つまり今日が初めての日中帯(夕方だけど)の訪問、だからなんだと言われても困ります。

クリックすると拡大します

 今日は、6/5から始まったまぜそば狙い。
 はやし田系(はやし田新宿本店、はやし田池袋店、鳳仙花、時は麺なり、花山、ます田、竹むら、みやざき、しま田、たかばん)のメニューコンプを目指していて、その一環になります。
 本当に全部のメニューを食べられるのかと問われると、鳳仙花の1日限定メニューをいくつか食べていないのですけど。
 いやいや、私の「コンプリート」なんてその程度ですから。

クリックすると拡大します

 試作段階では「汁無し鶏油まぜそば」と呼ばれていた、まぜそば750円、数量限定の告知は特に見当たりません。
 いわゆる汁なし麺をまぜそばと呼ぶか、はたまた和え麺、油そばと呼ぶかはお店の自由だと考えています。
 しかしして私には私なりの定義があって、このラーメンは香辛料を使って味を変化させるのでは無く、たれだけで味をまとめているので、油そばの分類です。

クリックすると拡大します

 醤油たれに一玉半(250g)の太麺を合わせ、刻み紫タマネギ、半切りした材木メンマ、角切りしたチャーシュー、みじん切りのレタス(?)。
 全体をよく混ぜてから食べてみると、鶏の旨味が全体に良く広がって、美味しく頂けます。
 しかしして私の年齢にしては麺が多過ぎ、店の辺りの大学生のお腹に合わせたら、私には多過ぎるのは道理です。

クリックすると拡大します

 途中から味に飽きてしまいますので、添えられた出汁浸け卵黄を投入し、全体をかき混ぜ直し。
 玉子を入れて美味しくならなかったラーメンは無いのですが、単に卵黄では無く出汁も利いていて、さらにかなり美味しくなります。
 このままではレモンの出番はありませんが、麺が残り少なくなったところでぎゅっと絞って掛けて見ました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>はやし田系(はやし田新宿本店、はやし田池袋店、鳳仙花、時は麺なり、花山、ます田、竹むら、みやざき、しま田、たかばん)のメニューコンプを目指していて、その一環になります。

>飲食店の訪問や飲食をネタとして扱い、チェックとかクリアとか表現する「食べ物に対する愛」を感じられない人達と相容れることは、私には出来そうにない。

この2つの文章は矛盾していませんか?
Posted by 佐知子 at 2019年06月11日 14:35
佐知子さん、コメントありがとうございます。

 矛盾していますよ。
Posted by ふらわ at 2019年06月11日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186118178
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック