2019年06月12日

生田で二軒

/名代箱根そば新橋店にて朝そば冷、きつね揚げ/油めん くうねるまぜる@生田にて油めん/くうねるまぜる つけ麺専門店@生田にて担々つけ麺/

クリックすると拡大します

 朝は、名代箱根そば新橋店ホームページ)。
 直営ではなくFC店ではありますが、新橋にはよく来るので随分前から存在は知っていました。
 入口はビル外側と内側とにあり、気分や天候で入り口を選べます。

クリックすると拡大します

 今日はビル外側から入店、入るとすぐ左手に券売機(ICカード非対応)がありますが、一台しかないので、ビル内側から入ると遠いです。
 券売機には箱根そばの標準的なメニューが並び、新橋店独自のメニューは見当たりません。

クリックすると拡大します

 店内は完全立ち食い状態、壁側に10人、厨房側の6人と言ったところでしょうか。
 卓上には醤油、七味唐辛子。

クリックすると拡大します

 程なくして朝そば冷330円、クーポンきつね揚げ
 箱根そばの朝そばは温と冷で盛り付けが異なっていて、冷はハーフかき揚げ、大根おろし、わかめですが、温はハーフかき揚げと生卵になります。
 朝そばを食べたのは久し振りなので勘違いかも知れませんが、麺量がレギュラーと同じに感じるほど多めです。
 かき揚げを箸で半分の半分に切り分けて、冷たい蕎麦つゆに浸して食べると、お蕎麦にぴったりの美味しさ。

クリックすると拡大します

 途中から大根おろしをまぜ、わかめをつまみ、山葵できゅっとやりながら食べ続けます。
 最後は丼を持って蕎麦つゆを飲むほど(飲み干さなかったけど)、店舗によって味の調整が違うのか、FC店は特別なのか。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 小田急線生田駅の改札を出て右側(南側)に階段を降り、降り切ったら右手に進むと数店の飲食店街があります。
 少し歩くと左側のマンション一階にラーメン店が二軒、見えてきます。
 左側が油めん くうねるまぜる@生田、右手がくうねるまぜる つけ麺専門店@生田。
 入口は別ですが、店内の厨房は共有しているので、この二軒(一軒?)は同一経営ですね。

クリックすると拡大します

 先ず左の、油めん くうねるまぜる@生田(川崎市多摩区生田)へ。
 2019/1オープン、ラーメン麺処なると(2010/2/2-2018/1)、らーめんとん駒(2017/2/3-2018/12)の跡地。
 店先には大きく「ランチやっています」の幟が立っています。
 学生はTKG(卵かけご飯)が無料サービスされます。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左手の券売機で食券を買います。
 メニューは油めん700円、納豆キムチ油めん900円、らーめん700円。
 トッピングは揚げねぎ、しらがねぎ、もやし、卵黄、味付たまご、ちゃーしゅー、メンマ、キムチ、納豆、のり。
 サイドメニューにご飯ものや水餃子、ビールとハイボールとおつまみ。

クリックすると拡大します

 店内はなるとの頃から変わらない、隣りの店舗との仕切りに向かったカウンター7席、左手に4人掛けテーブル2卓、計15席。
 卓上にはすりごま、しょうゆ、酢、こしょう、自家製ラー油(激辛)、特製辛味(バカ辛)。ニンニクは声掛けで。
 ちょうど学生の講義が終わったタイミングらしく、一時的に満席で、昼間と夜間はどんな感じなんだろうか。
 お冷を飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 15分ほど待って油めん700円。お店は油そば(油めん)ですが、私の中ではまぜそば。
 全体をタレとよく混ぜ合わせて食べてみると、飽きのこない味わい。
 これは納豆キムチ油めんがスタンダードで、油めんでは未食扱いということなのかも知れない。

クリックすると拡大します

 軽くちぢれた太麺は柔らか仕上げで、醤油たれによく合います。
 トッピングは豚バラチャーシュー、メンマ、揚ネギ、微塵切りの長ネギ、半身の味玉。
 全体的に甘めに傾倒した味の方向性、あんまり得意な味ではありません。

クリックすると拡大します

 麺を2/3ほど食べたところでラー油と酢を回し掛けて味変してみました。
 ピカッと味が変わって美味しくなったので、初めっから入れた方が良かったかも知れません。
 スルッと食べてご馳走様さまでした。

クリックすると拡大します

 次に右の、くうねるまぜる つけ麺専門店@生田(川崎市多摩区生田)へ。
 2019/5/28オープン、鳥幸生田店(2010/2-2018/1/20)、九州屋あじと(2018/2/3-2019/12)の跡地。
 提供する料理を丼物からつけ麺に変えただけで、恐らく店名は「九州屋あじと」とままと思われますが、店内にも店名を表す張り紙一枚無いので、店先の大きなネオンサインに掲げられた「つけ麺専門店OPEN」を店名として呼んでいます。
 学生は麺増し、味玉、ライスがサービス。

クリックすると拡大します

 店内に入るとすぐ右手に券売機があります。
 メニューは担々つけ麺850円、辛味噌つけ麺900円の2種類に絞っています。
 ベジローと言うサイドメニューがあり、殆どの学生さんは頼んでいました。
 この券売機はらーめん とん駒で使われていた券売機で、実はメニューも酷似、つまり、あじとの跡地にとん駒が入って、とん駒の跡地に油めん屋が入ったと思われます。

クリックすると拡大します

 店内は鳥幸の頃と同じ、厨房に面したカウンター5席、なぜか仕切られたテーブル席が4人掛け3卓に2人掛け2卓、計21席。
 卓上には酢、白胡椒。
 たまたま入ったタイミングは誰もいませんでしたが、ラーメンが出来上がってくる頃には満席になるほどの盛況ぶり。
 厨房は隣と共有、つまり麺は隣で二軒分茹でていて、それで全体的な出来上がりに時間が掛かっています。

クリックすると拡大します

 14分程して担々つけ麺850円
 ラーメン丼に盛り付けられた麺の上には茹でキャベツ、白髪ネギ、干し海老があしらわれ、この「茹でキャベツ」と「干し海老」は、まんまとん駒の担担麺です。
 つけ汁は辛味を効かせた芝麻醤をペースにしていて、麺を浸けて食べるととても美味しい。
 麺と共に茹でキャベツ、白髪ネギを浸けて食べると、また美味しい。

クリックすると拡大します

 製麺所不明ながら、麺量170gの長尺平打太麺、つけ汁によく絡みます。
 つけ汁の粘度が高く、麺を食べ終わる頃には無くなっていて、楽しみにしていたスープ割は出来ませんでした。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
箱根そばだとゆで太郎と違って無料の天かすとか紅生姜がないからか
ふらわさんのオリジナリティ溢れすぎるセルフカスタムが見れないので
少し寂しいです
Posted by 高倉恵美 at 2019年06月15日 09:24
高倉恵美さん

 ですよねぇー。
Posted by ふらわ at 2019年06月19日 02:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186136035
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック