2019年06月14日

日本酒とラーメン

/江戸前煮干中華そば きみはん 五反田店@五反田にて中華そば醤油/ユキノマタユキ@三田にて白雪(しらゆき)/横濱丿貫@横浜にて煮干そば/

クリックすると拡大します

 朝は、江戸前煮干中華そば きみはん 五反田店@五反田(品川区東五反田)ホームページ)へ。
 前回は朝営業の時間帯に朝ラー(朝中華そば)を食べましたので、今日はレギュラーメニューを食べてみます。
 レギュラーメニューは中華そばの塩と醤油、つけめん、辛つけめんの四種類になります。
 券売機左上の法則を、左上のボタンにお店のオススメを配置していることが多いという説明は、誤認です。

クリックすると拡大します

 食券を買って店内へ、満員とまではいかないけど半分以上の席が埋まっています。
 前回は初訪と言うこともあり緊張していて厨房をよく見られなかったので、改めて見ていると、自分のラーメンと朝中華そばを頼んだ人では、スープを汲む寸胴が異なっていました。
 そういうコトだったんですね、疑うならちゃんと見ておけと言うことですな。

クリックすると拡大します

 程なくして中華そば醤油750円
 主体とする煮干しスープに鶏ガラスープを差し入れ、柔らかい辛味が利いた醤油たれを合わせた、とても美味しいスープ。
 気難しい食材を使わずに、毎日でも食べられる分かりやすい味わい、美味しいですよね。
 しかしして、この味に辿り着くまで相当な時間と相当な努力があったことは想像に難くありません。

クリックすると拡大します

 縮れ細麺は朝中華そばと共通の山口や、麺量を多めに感じましたが、麺量を調整されているのかも知れません。
 トッピングはチャーシュー2枚、メンマ、板海苔、なると、刻みねぎ、柚子かけ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は、ユキノマタユキ@三田(港区芝)へ。
 前回伺ったのがもの凄く暑い日で、「レモンラーメンなのに温かいのは珍しいですね」と話しかけたら、「冷たいのも考えているんですよ」と言われていて。
 店舗はツイッター等のSNSは全く頑張っていないので、いつから始まるのか始まらないのか、お店に行かないと分かりません。
 で、今日伺ったら始まっていたのは、私が何か(特にスタンドの矢)を持っているからではなく、たまたまってヤツだ。

クリックすると拡大します

 店内に入り、食券を買い、いつも座っている席に座ります。
 どうやって冷やしラーメンを調理されるのか厨房を見ていると、丼を冷やしておくスペースが冷蔵庫に無いので、氷水を入れて丼を冷やしています。
 厨房スペースが狭いから出来ない、と言い訳を探さずのではなく、やれる範囲でやる。
 そう言う工夫や熱意は、どんなに隠してもお客さんに伝わるんだろうな。

クリックすると拡大します

 程なくして白雪(しらゆき)850円、6/21から販売開始された夏季限定メニュー。
 冷たく甘酸っぱいスープは、豚ガラ、鶏ガラ、人柄のスープを一旦冷やし、凍った脂は取り除き、米麹などで味を整えています。
 旨味を十分感じられる冷やし過ぎていないスープ、これまた美味しいスープを作ってきましたね。

クリックすると拡大します

 麻生製麺の角細麺、つけ麺の要領で流水で冷やしてから、冷たいスープに合うように更に氷水で冷やしてあります。
 とてもスープに合っていて、食べ手は「ああ美味しい」と食べていればいいけど、作り手はこの相性を見つけるのに相当努力されたんだろうな。
 トッピングは鶏モモチャーシューが二枚、茹でほうれん草、穂先メンマ、白髪ねぎ、柚子、糸唐辛子。

クリックすると拡大します

 このまま食べ切るのに何の問題もありませんが、「途中から味変にお使い下さい」と添えられたキムチ、使わねばなるまい。
 思っていたほど辛くなく、思っていたようにピリリと辛くなりました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は横浜駅、駅東口を出た立地に2019/3/15にオープンしたアソビル(ホームページ)へ。
 改札を出てから歩いて行く通路はアップダウンがありますが、全て屋根があり、雨が降っても伺いやすいです。
 ビル全体は遊ぶエリア満載(屋上にはフットサルのコートもある)、1階フロアは飲食店エリアとなっています。

クリックすると拡大します

 1階の飲食店エリア最奥、横濱丿貫(よこはまへちかん)@横浜(横浜市西区高島)公式ツイッター)。
 2019/5/11オープン、2019/6/11より夜営業開始(昼間は無休ですが夜間は火から金)。
 蕎麦前スタイルなので日本酒を飲まなければラーメンは注文できませんし(昼営業ではラーメンのみ可)、蕎麦前スタイルなので4名以上の来店お断りです。
 誰もやっていないことをやるのは誰もやっていないからダメだろという非難が前提ですが、誰かがやっていることをなぞっていても面白くないだろ。

クリックすると拡大します

 外で待っていると人数を確認されて店内へ。
 店内は真っ直ぐカウンター11席のみ、黒を基調とした殺風景な雰囲気は日本酒バルとしては落ち着きますが、ラーメン屋としては冷たく感じるかも知れません。
 メニューを見ると左側に「酒」と書かれ、残草蓬莱(ざるそうほうらい)と昇龍蓬莱(しょうりゅうほうらい)の専門店を高らかに宣言しています。
 日本酒に通じていないと読めない漢字も多いので(まさに私がそう)、注文する場合は「しろくしき」「上から5番目の限定品を」でも通じます。

クリックすると拡大します

 先ずはビールで一人お疲れ様会。
 ビールは巷では見かけることが少ない、キリンクラシックラガー(小瓶)400円、
 合わせる料理はホタルイカの沖漬け480円、良い感じで蛍烏賊が溶けています。
 ああ、蛍烏賊のように私も溶けてしまいたい。

クリックすると拡大します

 先ずは、クイイーン(残草蓬莱 「Queeen活性にごり」純米吟醸酒 槽場直詰生原酒)、低アルコール12%であることから12番目のトランプのカードのクイーンと命名、「Queen」ではなく「Queeen」なのは「イーお酒だから」。
 「当店でしか味わえません」とあるのは、「(肩張りの)29BY」のクイイーンだから。
 夏酒の生原酒を千本単位で2年も寝かすのは酒販店や個人では不可能、居酒屋でもやらない蔵元での千本単位での保管。
 新酒では味わえないキメの細かい泡感、ピリの手前のピの酸味、素晴らしい熟成感。

クリックすると拡大します

 合わせる料理は金華サバの生ハム580円。
 可能であれば脂の乗ったサバとかカンパチを合わせたいところですが、生ハムでも十分に美味しい。
 量の多い少ないでは無く、美味しい料理と美味しい日本酒は一瞬で消失します。

クリックすると拡大します

 次は、昇龍蓬莱 生酛純米吟醸「雄町60」 槽場直詰生原酒限定品 30BY。
 残草蓬莱と昇龍蓬莱の違いは、残草蓬莱が速醸酛(そくじょうもと)仕込み、昇龍蓬莱が生酛(きもと)仕込み、日本酒の仕込み方法は三種類あって、もう一つは山廃(やまはい)仕込み。
 この幅のある味わい、舌先ではずっしりと重いのですが、舌上、喉越しとスッとキレていきます。

クリックすると拡大します

 合わせる料理は一枚炙りの肉刺し680円。
 丿貫の他支店で厚切り炙り肉刺しは扱っていますが、一枚炙りはここだけでしか食べられません。
 炙った肉に刻み玉ねぎを散らし、糸唐辛子を乗せてあります。
 料理が美味しいから酒が進むのか、酒が旨いから料理が進むのか。

クリックすると拡大します

 さて、このまま日本酒を全種類飲むのは無理があるので、ラーメンと共に合わせる日本酒をお願いします。
 残草蓬莱「手造り 純米」、このラベルは初めて見たなぁ、渋谷での蔵元会でもお目に掛からなかった。
 ここまではグラス90ml(半合)でしたが、ここに来て蕎麦猪口150mlとしました。

クリックすると拡大します

 本日の煮干そば850円。後で知りましたが和え玉はやっていません。
 まさしくセメント色のスープですが粘度は高くなく、日本酒を飲みながら味わうととめどもなく美味しい。
 一口目から二口目、二口目から三口目と、一口ずつ美味しくなっていくスープ。
 ああ、やっと日本にも日本酒に合わせたラーメンが販売されるようになったんだ。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の細麺はピタリとスープに寄り添い、するすると頂けます。
 「日本蕎麦」の位置付けであるので、ネタ物が無いのが正しいのですが、ラーメンだと「かけラーメン」って言われちゃうので、そこは刻みたまねぎを乗せています。
 ここまで振り切るなら、刻みたまねぎは小皿に用意して欲しいですね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 個人的に限定メニューだったり、特別な配慮を頂いて「日本酒に合う」ラーメンを食べてきましたが、こうして誰もが食べられる(試せる)時代が来たんですね。
 ただ、食べることは生きることですので、どうしても保守的になりがち。
 新しいことにチャレンジすることより、これまでの安定、安心を選択する人も多いだろうな。
 値段も100円、200円のトッピングを躊躇する人も多いので、日本酒飲んで、料理を食べてからのラーメンは敷居が高いかも知れません。
 だからこそ「丿貫」なのだが、そこまで感じるには日本酒が三杯は必要だな。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
> まさしくセメント色のスープですが粘度は高くなく、日本酒を飲みながら味わうととめどもなく美味しい。
> http://likearamen.tank.jp/201906/20190614-19.jpg

ふらわさんの写真センスが抜群でセメント感をうまく表現できていますね♪
Posted by tomoco at 2019年06月17日 21:00
tomocoさん

 ありがとうございます。
Posted by ふらわ at 2019年06月19日 02:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186149962
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック