2019年06月30日

休日出勤

/休日出勤/わいず製麺、水道橋店にてつけ麺/

クリックすると拡大します

 今日は休日出勤、月に一回あるかないかなのですが、今月は2回目。
 こんな私でも頼ってもらえるだけ良しとし、つつがなく対応せねば。
 午前中の仕事が終わって、後は夕方までフリーなので、ちょっとだけ遠出してみました。

クリックすると拡大します

 お昼は、わいず製麺、水道橋店@水道橋(千代田区西神田)へ、店名に「、」が付きます。
 2019/6/25オープン、立地は麺達うま家(2015/03/09-2019/04/30)、麺達吟次郎水道橋店(2019/05/01-2019/05/31看板のみで営業せず)の跡地。
 経営母体は下高井戸にある建築、フィットネス、飲食などを展開する双龍工務店。飲食業としてうま家水道橋店(閉店)、うま家高田馬場店を展開されています。

 うま家水道橋店を麺達吟次郎水道橋店にリニューアルしようと看板を付けかえましたが、何らかの事情で開店できず。
 んで、何事もなかったように看板を「わいず製麺、」と付け替え、「神田ラーメンわいず」からの暖簾分けとしてオープン。
 近く、下高井戸にも新規オープンするらしい。

クリックすると拡大します

 店内に入り、直ぐ右手に設置されている券売機で食券を買います。
 メニューは温麺780円、つけ麺880円の2種類。つけ麺は大盛り同額、並の場合は茹でキャベツがサービスされます。
 わいずは家系ラーメンでは無いので、ライスの無料サービスはありません。

 神田ラーメンわいずのメニューは温麺と台湾まぜそば、秋葉原ラーメンわいずのは温麺とつけ麺。
 メニュー構成だけみると、秋葉原ラーメンわいずからの暖簾分けに思えますが、さて。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲む10席と2席のL字カウンター。
 卓上にはブラックペッパーグラウンド、無臭にんにく、生にんにく、トウバンジャン、黒七味、酢、レモン汁。
 厨房を眺めると、秋葉原ラーメンわいずの店長さんがいらっしゃいましたが、声を掛けて答えたく無い話を訊かれても面白くないだろうから、敢えて何もヒアリングせず。
 何でもかんでも訊けばいいと言うことではないし、見たこと、知っていることを何でも書いていいわけではありません。

クリックすると拡大します

 少し待ってつけ麺880円、先につけ汁と茹でキャベツ、少し遅れて麺。
 説明によれば「豚肉、豚ガラ、鶏ガラ、昆布などで」炊いたスープであり、口当たり、舌の上はかなり濃厚、喉越しはすっきり。
 濃厚へ傾倒するスープに時代遅れを感じはしますが、それは私がラーメンを常食しているからであって、週一、月一程度でラーメンを食べている人には、まだまだ新鮮さを訴求できます。
 薄切りスライスチャーシュー、メンマはつけ汁に沈められていて、薬味ネギは最小限、板海苔はありません。

クリックすると拡大します

 各太麺はつけ汁によく合っていて、とても美味しく、屋号に製麺と謳っているから自家製麺に思えます。
 食べた感じでは三河屋製麺、新規オープン直後のレビューを見ると三河屋製麺から祝い花が届いていましたが、さて。

クリックすると拡大します

 麺を増量しなかったのでサービスされた茹でキャベツを、つけ汁に浸けて頂きます。
 たまたまなのか、狙っているのか分からないけど、キャベツの白くて固い部分が多く、シャキシャキと噛み応え十分です。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わって割りスープをお願いすると、寸胴からラーメンスープを直接注ぎ入れて下さいます。
 濃厚スープが更に濃厚になり、このままでは濃厚なままですので、卓上の酢で味を調整しました。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 仕事が終わったのは20時過ぎ、ふう、休日出勤お疲れ様でした。
 日曜日の夜遅めに営業しているラーメン店もありますが、ここは一つ、無理しないで帰宅。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186232557
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック