2019年07月03日

1000円と950円

/麺屋翔品川店にて雲丹冷やし/柴崎亭梅ヶ丘店にてネギボシ/

クリックすると拡大します

 家を出るときに雨が降っていたので、バイクを置いてバス停まで歩いて行きました。
 バス停に着くと雨が止んでいて、だからと言って家に戻る時間は無く、そのままバスで出勤しました.
 帰りは雨模様ながら雨は降らず、悔しいのでバスで帰宅しました。
 さて、時間は遡ります。

クリックすると拡大します

 お昼は麺屋翔品川店(ホームページ)へ。
 麺屋翔の限定メニューはライン、メルマガ、ツイッター(ブログ)などで告知されますが、同時に送信しているように見えて、そうでないときがある。
 そうでないのは、故意なのか、システムの仕様なのか、何らかの不具合なのか分からないけど。

クリックすると拡大します

 麺屋翔品川店限定、2019年夏の冷やし第一弾、7/3〜7/9の1週間の販売。
 『品川店夏の冷やし第一弾! 雲丹の深い甘み・濃厚な味わいを生かした特製の雲丹醤油ダレを冷やし和え麺という形で細麺にからめてご提供致します。』
 数量限定ですが、初日(今日)は昼30食、夜30食と告知されています。

クリックすると拡大します

 雲丹冷やし1,000円
 茄子の模様が入って涼しげな透明ガラスの平皿に、特製雲丹醤油ダレを敷き、菅野製麺所の細麺を和えてから、アボカドと生のりのソースを手前に掛けてあります。
 きざみ海苔、かいわれ、大葉、ミニトマトをトッピングし、レモン、山葵を添えてあります。
 随所に西村店長のチャレンジが見受けられる一杯に仕上がっています。

クリックすると拡大します

 麺を手繰って食べてみると、雲丹の甘みが麺に絡んでとても美味しい。
 冷たいに平皿に盛り付けられ、麺だけでなくタレもソースも全部冷やされていて、梅雨の晴れ間の蒸し暑い陽気にぴったりです。
 途中でレモンを搾ってみると酸味が味を再び引き立て、山葵は混ぜると言うより口直しに味わう感じで。

クリックすると拡大します

 食材そのものは悪くないし、とても美味しい一杯ですが、このラーメンはもっともっと美味しくなります。
 どう感じるのか、なぜ良くないか、本来どうするべきか、そして(原価に影響が無いような)幾つかの解決案をアドバイスしました。
 アドバイスなどと高尚なものでは無く、ラーメン好きの独り言を聞いてもらっただけ、みたいな。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 まだやっていない。
 臨時休業に入ったのはGW前の平成時代ですから、既に2ヶ月が過ぎています。
 ガラス戸から店内の様子をみると、明日にでも開店できそうですが。

クリックすると拡大します

 夜は、柴崎亭梅ヶ丘店ホームページ)へ。
 看板に「中華そば」って書いてあるのですが、撮影技術不足で、バンと白飛び。
 店先には山椒そばがメディアに取り上げられました、と、冷やし塩煮干し始めました、と告知されています。
 んじゃ、冷やしにするかなと店内へ。

クリックすると拡大します

 券売機を見ると右端に見慣れないメニューが2つ増えていて、更に視線を右に振ると、見慣れないメニューの説明が張り出されています。
 なるほどね、二杯食えと、、じゃなくて、高い方を食えと。
 どうせ入れるのは千円札、お釣りが50円か100円かという話し。

クリックすると拡大します

 平日夜と土日祝限定(但し限定メニューが無い日)の新メニュー、ネギボシ。
 『柴崎亭にしてはジャンク気味!?たっぷりネギとたっぷりニボシをたっぷり乗ったチャーシューで巻いて食べると至福』
 『チャーシュー4枚入り 今だけチャーシュー6枚入り』

クリックすると拡大します

 店内は半分くらいの入り、奥の席へ案内され、少し待って、ネギボシ950円
 一般的にはサラサラ清湯煮干スープですが、柴崎亭にしては十分濃厚で、わずかにトロミを感じるスープ。
 色付け程度の醤油たれ(実際には結構入っている)が、煮干の旨味を後押ししています。
 チャーシューをめくると、ネギ油で煮立てたネギが全面に散らしてあり、ネギの甘さが飛び上がった美味しいスープ。

クリックすると拡大します

 田村製麺の細麺、盛り付け上、全く見えなくても綺麗に整えてあり、美味しいですねー
 長々と説明しましたが、チャーシュー、ネギ、スープ、麺だけシンプル構成、このシンプルな組み合わせが柴崎亭の真骨頂です。
 気持ちの上では途中で柚子胡椒ですが、舌は欲しておらず、身体は全く気にせず、グイグイと食べ進めます。
 残ったスープを飲み干し、スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 その後、店内が満席にならないのをいいことに、店員さんとラーメン談義。
 ラーメン談義なんだけど、ラーメンの話はしないという。
 それでは、また来ます。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お店の方も大変ですね。訳知り顔でアドバイス()する客の応対が必要なんですから。
それが他のお客さんにも影響する人的コストとして値段に反映されてないことを願うばかりです。毎日ラーメンと向き合って作り続ける人にアドバイス。笑えますね
Posted by 通りすがり at 2019年07月06日 20:45
通りすがりさん、コメントありがとうございます。

> 毎日ラーメンと向き合って作り続ける人にアドバイス。笑えますね

 笑えるでしょ。
 間違いだらけのブログですので、アドバイスしたって、間違いなんだろうと思います。
Posted by ふらわ at 2019年07月11日 00:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186239151
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック