2019年07月04日

鴨居までクルマで

/支那蕎麦屋 藤花@鴨居にて冷やしらぁ麺茶漬けセット、チャーシューワンタン麺(醤油)/麺や丸壱@平塚市四之宮にてとんこつラーメン白(並)/

クリックすると拡大します

 この日は代休、若い頃なんて休日出勤したら出勤したままで、代休なんて取れたことは無かったのに。
 今ではみんなが取っているし、私も取れているし、こんな時代になるなんて全く予想できなかった。
 これから先はどんな世の中になっていくのだろうか。

クリックすると拡大します

 お昼は、支那蕎麦屋 藤花@鴨居(横浜市都筑区池辺町)へ。
 雨の中を女房とドライブがてら走ってきましたが、自宅からだと2時間じゃ着かないのね。
 昼営業は10時からですが、限定メニューの販売開始である11時に伺うと、駐車場に空きは一台しか無く、店内待ちかと思うほど混み合っています。
 平日だからガラガラだと思っていた私は情けない。

クリックすると拡大します

 券売機で食券を買って、ちょうど空いた席に座ります。
 店主さんに女房を紹介したら「本当に奥さんですか?」と聞かれ、、、どういう意味で疑ったのか分からないけど、「はい、1人だけです」と答えておきました。
 女性店員さんはお休みで、男性店員さん2人がきびきびと働いてます。

クリックすると拡大します

 程なくして、冷やしらぁ麺茶漬けセット1,000円
 透明ガラスの平皿に冷たいスープと冷たい麺、スープは鶏なんだけど、鶏にしては味がしっかりし過ぎている。
 さては化調、、、じゃなくて、鶏を炊き出すときに一緒に昆布も炊き出して、濁る直前に昆布を取り出していると。
 冷たいだけじゃなく食感も楽しめるように、魚介の煮こごりを食感が残る程度に小粒にして混ぜているし。

クリックすると拡大します

 中太麺は麻生製麺の特注麺を馴染ませて食べてみると、椅子から転げ落ちるほど旨い。
 麺とスープを相性を合わせるって、食べ手の私は「合ってる」「合ってない」と言っていればいいけど、実際はどうやって合わせているのだろうか。
 トッピングは鶏チャーシュー、あおさ、干し海老、緑のリーフ、黄色のタクワン、赤のトマト、紫の紫タマネギ、白の白髪ねぎ。最後に摺り下ろし生姜を掛けて。
 こんなに手間を掛けた1,000円のラーメンは初めてです。

クリックすると拡大します

 付け合わせの卵かけご飯。
 初めて冷たいラーメンを販売するから、勢い余って温かいご飯を付けちゃって、、、えっ、ご飯が冷たいのジャン!
 冷水で洗ってスープと温度を合わせたご飯に煮込んだチャーシューと三つ葉を乗せ、そう、残った冷たいスープを掛けて頂く、冷たい卵かけご飯。
 わぁー、美味しい。冷やしラーメンの〆にご飯物を食べるのが初めてなら、冷たいご飯を〆に食べるのも初めて。

クリックすると拡大します

 女房はチャーシューワンタン麺(醤油)1,250円
 チャーシューの美味しさにご満喫の様子。このクラスのラーメン店で、チャーシューを店内燻製している店は、滅多に無いからね。
 ワンタンが美味しいと言っている、私だって未だ食べたことが無いのに。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 帰りしな、寒川の新店に立ち寄ったら臨時休業、仕方ないので、平塚の新店にしました。
 女房を車で待たせ、麺や丸壱@平塚市四之宮3-19-14へ。
 立食そば竜、中川家平塚銀河大橋店(2013/06/06-2019/2/28)の跡地に、2019/6/13のオープンです。

クリックすると拡大します

 メニューはつけ麺推しで(この時点で博多ラーメンでも無いし、家系ラーメンでも無い)、麺量は得盛りまで同額ですね。
 温麺はとんこつスープの白(ノーマル)、黒(マー油)、赤(辛味)、鶏ガララーメンは塩と醤油が用意されています。
 ちなみに、大盛りは出来ますが、替玉は用意されていません。
 単品メニューは手造り餃子、チャーシュー丼、チャーハンなど。

クリックすると拡大します

 開店から14:00まではライス無料、毎月1日はラーメン一杯を500円でサービスしています。
 店内に入ると、3人の女性店員さんが切り盛りされています。
 券売機で買った食券を店員さんに渡すと、細麺か太麺かを訊かれます。
 好みを伝えると、「お好きな席へどうぞ」と案内され、カウンター席へ。

クリックすると拡大します

 店内は左側の壁向きカウンター7席、窓側には4人掛けテーブルが3卓、計19席。
 卓上には胡椒、自家製辣油、酢、醤油、ニンニク、紅生姜。
 先客0、後客0、壁掛けテレビはありますが、座った席が悪くて、真後ろのテレビは殆ど観られない。

クリックすると拡大します

 程なくしてとんこつラーメン白(並)690円、細麺でお願いしました。
 醤油たれで薄茶色化していますが、ベースのスープは真っ白だと感じました。
 キメの細かい、滑らかな食感のスープ、可も無く不可も無く。

クリックすると拡大します

 製麺所不明ながら細麺が150gはありそうで、あちこちでダマになっていますが、解せば食べられるので、気にせず食べます。
 トッピングがバラ巻きチャーシュー、細切りキクラゲ、大きめの板海苔が二枚、
 細切りキクラゲは、何のサービスか分からないけど、ひとつまみではなく、ひとつかみ入っています。

クリックすると拡大します

 辛子高菜は無いけど、紅生姜とニンニクで味変を楽しみます。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
> 先客0、後客0、壁掛けテレビはありますが、座った席が悪くて、真後ろのテレビは殆ど観られない。

テレビが見たかったのならテレビが見やすい席に座れば良かったのに。
「お好きな席へどうぞ」と案内されたのですから。

> 細切りキクラゲは、何のサービスか分からないけど、ひとつまみではなく、ひとつかみ入っています。

ふらわさんに惚れた女性店員がサービスしてくれたんですよ♪
Posted by tomoco at 2019年07月07日 19:54
tomocoさん

> テレビが見たかったのならテレビが見やすい席に座れば良かったのに。

 なるほど、気が付きませんでした。

> ふらわさんに惚れた女性店員がサービスしてくれたんですよ♪

 なるほど、気が付きませんでした。
Posted by ふらわ at 2019年07月11日 00:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186241223
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック