2019年07月05日

西新宿あたり

/ゆで太郎代々木東口店にて高菜ごはんセット、焼きのり、かき揚げ/太陽のトマト麺新宿ワシントンホテル支店@西新宿三丁目にて太陽の茄子ラーメン/魚と豚と黒三兵@西新宿四丁目にて魚豚骨ラーメン/

クリックすると拡大します

 早起きは蕎麦のために、今朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 今朝は、高菜ごはんセット360円、焼きのり100円、クーポンかき揚げ

クリックすると拡大します

 週末はお蕎麦と一緒にご飯を食べたい、お蕎麦は美味しい焼き海苔と食べたい。
 ほっかほかの温かいご飯に高菜と明太子を乗せて食べたい。
 全部できた。ご馳走さまでした。ゆでっ

クリックすると拡大します

 お昼は、太陽のトマト麺新宿ワシントンホテル支店@西新宿三丁目ホームページ)へ。
 ゆで太郎新宿ワシントンホテル店の跡地(泣)に、2019/6/28にオープンしました。

クリックすると拡大します

 券売機は交通系ICカードを含め、数種類のICカードに対応しています。
 そこまでならたまに見かけますが、クレカやID、楽天Payまで対応しているのは、初めて見ました。

クリックすると拡大します

 メニューは太陽のラーメン、太陽のボンゴレ麺など、7種類あり、値段は都内のラーメン屋としては平均的です。
 ラーメンの最後に加えるらぁリゾ、水餃子やサラダなどのセットメニュー、トッピング。
 ご飯物やドリンクメニューも揃っています。

クリックすると拡大します

 店内はすっかりリニューアルされており、男性1人では入りにくいほどの明るさ。
 席数は、入って左手にカウンター5席、右手はカウンター3席、2人掛けテーブルが7卓、計22席。
 卓上には辣油、タバスコ、黒胡椒。
 ジャスミン緑茶を頂きながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 あっと言う間に出来上がってきた、太陽の茄子ラーメン860円
 トッピングに鶏肉、マッシュルーム、小松菜、そして茄子などがスープの色が変わるほどたっぷり入っています。
 スープは鶏白湯ベースですが、トマトがたっぷり入っていて味はかなり薄味、飲むだけで健康になれそう。

クリックすると拡大します

 あくまでもスープが主体ですよ、と言わんばかりの極細麺。
 殆ど食べている感がありませんが、それがいいんです。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜は、魚と豚と黒三兵(さかなとぶたとくろさんぺい)@西新宿四丁目へ。
 めん処十二社(2012/10/1-2015/3/27)、らーめんくま神(2015/5/10-2017/8)、つけ麺赤とんぼ(2017/10/19-2019/4/30)ときて、2019/5/27オープン。
 三浦店主さん(30)は、『関西を中心に「焼きそば専門 水ト」「鯖6製麺所」「dandan noodles」「吉みの製麺所」など、様々な業態の飲食店店舗運営に携わり、30歳を迎えるにあたり今まで培った経験を東京で試したいとの思いで上京』、とのこと。
 黒三兵は「男三人で頑張る」との命名らしいけど、株用語では決して縁起の良い用語ではありません。

クリックすると拡大します

 先客2人、「お好きな席におかけになって下さいと」と案内され、カウンター席に座ります。
 席数は、入って両側に4人掛けテーブルが1卓ずつ、奥の厨房を囲むL字カウンター6席、計14席。
 卓上には一味唐辛子、白胡椒、辛子高菜が用意されています。
 「お決まりになりましたら、お声掛け下さい」と、口頭注文後会計。

クリックすると拡大します

 メニューは魚豚骨ラーメン850円、魚出汁ラーメン800円、魚つけ麺900円と、様々な業態の飲食店に関わった割には地味ですね。
 つけ麺は並200g、大盛300gまで同額、特盛400gは100円増しです。
 ご飯物はレアチャーシュー丼350円、半焼飯300円、たまごかけご飯150円、白ご飯100円。
 飲み物はビール、ドライザクール、烏龍茶。

クリックすると拡大します

 程なくして魚豚骨ラーメン850円
 既視感の強い濃厚豚骨魚介、それでも魚介に傾倒した味は関東では珍しく、新鮮と言えば新鮮。
 しかしして美味しいだけのこのスープで、一旗揚げようと大阪から上京してきたのでしょうか。
 つけ麺や焼飯の味も確認するべきなのだろうか、最寄り駅から遠いんだよね(坂道だし)。

クリックすると拡大します

 角太麺は自家製麺、スープとの相性が良いので、メニューによって打ち方や小麦の配合を変えていると思われます。
 トッピングはレアチャーシュー、刻みたまねぎ、貝割れ大根、半身のゆで玉子、白髪ねぎ、穂先メンマ。

クリックすると拡大します

 食べている途中で味変を試そうと、辛子高菜を乗せ、一味を振ってみました。
 中々良いじゃ無いですか、この高菜をツマミの一杯飲むのも悪くないですね。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186243135
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック