2019年07月25日

初めての限定メニュー

/おにやんま五反田本店にて(冷)梅しらすの冷かけうどん、ネギ増量/中華そば流川(るかわ)@西新宿七丁目にて塩中華そば/

クリックすると拡大します

 朝は、おにやんま五反田本店へ。
 いつまでも同じ事をすることを、継続は力なりといい、尊敬される。
 私は尊敬されたり、褒められたりすることが嫌いなので、いつまでも同じ事はしない(できない。

クリックすると拡大します

 これまでの私は、券売機の前に立って、ブライドタッチで左上と右下の一つ隣を押していたけど。
 今朝は限定メニュー(だと思う)のボタンをポチッと、でもネギは増量で。
 店内をすっと伺い、空いている左側の戸から店内に入ります。
 店員さんが替わって、食券をテーブルに置く様に言われる様になりました。

クリックすると拡大します

 程なくして、(冷)梅しらすの冷かけうどん530円、ネギ増量50円
 ネギを増量したのでネギうどんみたいになってしまったけど、しらすに梅肉に、あられに刻み海苔と、とても斬新です。
 冷たいうどん汁と共にうどんを啜り、とても美味しく頂きました。

クリックすると拡大します

 お昼はちょっとしたトラブルがあって、食べていないというか、食べに行ったけど食べていないことにするというか。
 まま、長く食べ歩いていれば、そういうこともあります。

クリックすると拡大します

 夜は、中華そば流川(るかわ)@西新宿七丁目へ。
 2019/7/1にオープンした、鈴蘭系列である春道のセカンドブランド、店名はスラムダンクの流川楓から。
 まあ、売り出し方といい、ファサードといい、あまりラーメンを食べ慣れていない人なら、はやし田と同じ会社の経営だと思うでしょう。
 しかしして、ラーメンを主食にしている人ならば、はやし田系ではあるけどプロデュース店であることは一目瞭然。

クリックすると拡大します

 店内に入り、すぐ左手の券売機を見ると未だに温麺のみで、つけ麺や混ぜそばはカミングスーン。
 聞けば来月、塩から始めるそうだ。
 お店のコンセプトは牛骨スープと貝出汁スープのブレンド。
 牛骨スープのみとか、貝出汁スープのみとかは食べたことがあるけど、ブレンドは初めて。

クリックすると拡大します

 春道の居抜きなので、奥に真っ直ぐのL字カウンター10席は相変わらず。
 卓上に調味料は用意されていません。
 狭い厨房では男性店員さんが二人で働いていて、あっと言う間にラーメンが出来上がってきます。
 店内の薄暗さで麺相の綺麗さが半減、、、厨房の照明も大切だけど、客席もお願いします。

クリックすると拡大します

 塩中華そば800円
 スープは貝出汁が全開で駆け上ってきて、牛骨出汁は殆ど感じません。
 新規オープン店ならば「ブレ」でまとまる話ですが、新規オープン店では無いので、方向性なのでしょう。
 美味しいかどうかと言う話しをすれば、相当美味しいスープですから、一気に受け入れられるとは思います。

クリックすると拡大します

 菅野製麺所の細麺は、はやし田系列店では使っていない特注麺、良い感じにスープとの馴染んでいて、とても美味しく頂けます。
 トッピングはレア肩ロースチャーシュー、穂先メンマ、貝割れ大根、白髪ねぎ。

クリックすると拡大します

 チャーシューは豚肩ロースでも十分に美味しいですけど、せっかくなら牛肉にチャレンジしたらどうでしょうか。
 それでは値段が、、、ということでしたら、有料オプションで牛肉に変更可、という案もありますし。
 スルッと食べてご馳走さまでした
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186340596
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック